オプション取引の基本

抵抗とサポートを予測する方法

抵抗とサポートを予測する方法
典型的なパンケーキ型ロードセル
※画像提供:Daraceleste [CC BY-SA (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)]

予測される容量性ユーティリティとドライバー

独自のソフトウェアとハ​​ードウェアの研究開発、包括的な品質管理、柔軟でカスタマイズされたサービスは、お客様に便利なワンストップショップサービスを提供します。

予測される容量性ユーティリティとドライバー

PenMount PCAPコントローラーのパラメーターを調整できますか?
PenMountが提供するユーティリティの機能は何ですか?
ファームウェアをPenMountPCAPコントローラーにフラッシュできる回数に制限はありますか?
調整されたコントローラーパラメーターを他のPenMountPCAPコントローラーにコピーできますか?
PenMount PCAPコントローラーはWindows7/8/10で操作できますか?
PenMount PCAP touch製品ドライバーでサポートされているハードウェアプラットフォームはどれですか?
PenMount PCAP製品はARMベースのLinuxまたはAndroidオペレーティングシステムをサポートできますか?
システムがLinuxまたはAndroidの場合、マルチタッチ機能を使用するにはどうすればよいですか?
PenMountは、LinuxまたはAndroidプラットフォームに対応するARMシリーズハードウェアプラットフォーム構造のドライバーを提供しますか?
AMTWebサイトにあるPCAPUSBWindowsユニバーサルドライバーをインストールする必要がありますか?使用した場合の違いは何ですか?

PCAP USB Windowsユニバーサルドライバのインストールは、Windowsでの通常の操作にはお勧めしません。このドライバーは、顧客が特別なアプリケーション(つまり、複数のタッチスクリーン間での同時操作)を必要とする場合にのみ使用されます。

「タブレットPC入力パネル」機能がポップアップするのはなぜですか?このポップアップを無効にする方法はありますか?
PenMountPCAP製品はUbuntu16.04とAndroid5.1.1をサポートしていますか?

抵抗性| PCAPタッチスクリーン| PenMountタッチスクリーンコントローラーの製造-AMT

Apex Material Technology Corporation(AMT)、台湾は1998年以来、抵抗性および投影型容量性(PCAP)タッチスクリーンとPenMountタッチスクリーンコントローラーのメーカーです。オープンフレームタッチスクリーンモニター、光ボンディングサービス、タッチスクリーンディスプレイのソリューション、投影型容量性タッチスクリーン、抵抗性タッチスクリーンなどの主な製品。タッチスクリーン製品およびソリューションは、特に産業、医療、屋外、公共の商業および輸送アプリケーション向けです。

台湾を拠点とするAMTは、抵抗性および投影型静電容量式(PCAP)タッチスクリーン、および産業、医療、および商業部門向けのタッチスクリーンコントローラーのメーカーです。

抵抗とサポートを予測する方法 抵抗とサポートを予測する方法
ミッション&ビジョン
環境・エネルギー政策

AMTは、ISO 9001:2015、ISO 13485:2016、ISO 14001:2015、ISO 45001:2018、UL、REACH、およびRoHSの認証を取得しています。

詳細については、AMT営業担当者にご相談ください。

我々の住所

No. 84, WuXun Street, Anle District, Keelung City 204006, Taiwan R.O.C. (+886) 2-2430-2666 (+886) 2-2430-3255 [email protected]

回路設計の最適解

チップ抵抗器 リード付抵抗器 巻線抵抗器

抵抗器の選定

実装方法 抵抗器 梱包/基板装着
に関する検討
はんだ付け/取り付け
方法の検討
表面実装 チップ抵抗器
チップ形抵抗ネットワークなど
自動実装梱包対応(テーピング、バルクなど) リフロー
フロー
リード挿入
/固定
低電力抵抗器(炭素/金属皮膜など)抵抗とサポートを予測する方法
電力形抵抗器(巻線など)
リード端子固定ネットワーク抵抗など
自動実装の可否(ラジアル/アキシャルテーピングなど)
手付け用リード加工
フロー
手付け
ネジ止め

  • 1)単品チップ抵抗器か複合チップ抵抗器を選択。
  • 2-1)単品チップ抵抗器の場合は厚膜チップ抵抗器か薄膜チップ抵抗器かを選択。
  • 2-2)複合チップ抵抗器の場合は多連チップ抵抗器(独立回路)か、チップ形ネットワーク(並列回路)かを選択。
  • 3)使用電圧(電力)に合わせて形状を選択。
  • 4)重複するタイプがある場合は、その他の性能から選定。

抵抗器の信頼性

信頼性は抵抗器に限らず電子部品の重要検討項目です。品質と信頼性の概念は異なります。例えば、100個の抵抗器を購入し、そのうち1個の抵抗値が規定値から大きくはずれていた場合、この1個は不良品で不良率が1%(1/100)ということになります。これが品質です。
信頼性は時間の概念が加わります。100個購入した抵抗器はすべて良品でしたが、機器に実装して市場に出荷した後3年で1個の抵抗に不具合が起きたとします。これは不良ではなく故障と言います。
故障率は、概略的には「故障数/稼働時間」になります。部品レベルの信頼性は、ある稼働時間において何個の故障が発生するか、別の言い方をすれば、どのくらいの時間、故障が発生しないかを予測するものです。
以下は、厚膜チップ固定抵抗器の市場故障データから推定した故障率です。

抵抗とサポートを予測する方法
品番
(形状)
使用部品数
(n)
部品使用時間
(n × T)
故障数
(r)
故障率
(f i t)
点推定
(λ0)
信頼水準60%
(λ0)
ERJXG
(0402)
2.42×10 10
(2003年より)
2.89×10 14 0 0.0 0.00000318
ERJ1
(0603)
9.35×10 10
(1998年より)
1.67×10 15 0 0.0 0.00000055
ERJ2
(1005)
3.12×10 11
(1990年より)
7.07×10 15 0 0.0 0.00000013
ERJ3
(1608)
3.15×10 11
(1986年より)
9.00×10 15 0 0.0 0.00000010
ERJ6
(2012)
2.抵抗とサポートを予測する方法 抵抗とサポートを予測する方法 50×10 11
(1986年より)
1.00×10 16 0 0.0 0.00000009
ERJ8
(3216)
1.16×10 11
(1986年より)
4.23×10 15 0 0.0 0.00000022
ERJ14
(3225)
1.抵抗とサポートを予測する方法 67×10 10
(1987年より)
3.56×10 140 0.0 0.00000259
ERJ12
(4532 / 5025)
1.11×10 10
(1987年より)
2.97×10 14 0 0.0 0.00000310
ERJ1T
(抵抗とサポートを予測する方法 6432)
3.51×10 9
(1990年より)
8.50×10 13 0 0.0 0.00001083

一番上の例では、2.42×10 10 (242億)個の厚膜チップ抵抗器の総稼働時間n×Tが、2.89×10 14 (289兆)時間となっています。これは累計242億個の累積と考えてください。これにより統計学的計算によって、推定故障率を求めています。

信頼水準60%での推定故障率=故障数(r)/部品使用時間(n×T)
=0.92/2.89×10 14 =0.00000318 fit
※故障数rは0だが、60%の信頼水準を得るための0に対する統計学的係数0.92を使用

推定故障率は信頼水準60%で、0.00000318 fitとなります。信頼水準60%は、この故障率の確からしさの確率です。fitは10 9 時間あたりの故障回数(この場合は個数ととらえる)という故障率の単位です。0.00000318fitをそのまま解釈すると、10億時間あたり0.00000318回の故障発生となりますが感覚的によくわからないので、この抵抗器を1億個使ったとして換算すると、1000万時間≒1140年あたり3.18回となり、1億個使っても1000年に3回の故障発生という推定になります。電子機器の耐用年数を考えれば、実質的にほとんど故障発生はないと考えることができます。

ロードセルで
質量を計測する方法

ロードセルのサンプル
※画像提供: Daraceleste / CC BY-SA(https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)

体重計:ひずみゲージベースのロードセルデバイス

ひずみゲージベースのロードセルはどのように
機能しますか?

ひずみゲージの挙動(わかりやすくするために曲げは誇張されています) ※画像:WikiCommon

ロードセル計測アプリケーション

  • 材料試験 - 製造される部品の重量を計測
  • 航空宇宙 - ジェットエンジンの推進力テスト,トルクと機体への負荷計測
  • 海洋技術 - もやいづな(船と船あるいは船と岸をつなぐ綱)が水と共に移動する船の負荷の下で伸びるときに、もやいづなの張力をモニタリング
  • 輸送用機器 - 電気,ガソリン,ディーゼルエンジンのトルク計測,車軸負荷モニタリング,列車およびトラックの車輪負荷,計量ステーションでの貨物重量の計測
  • 一般産業 - ギアボックスとポンプの力計測,海底パイプ敷設アプリケーションでの張力計測,製紙工場と製鉄所アプリケーションでの張力と力の計測,ホッパと容器の計量
  • 医療/ヘルスケア - 抵抗とサポートを予測する方法 患者の体重を計測する病院のベッド,精密な幼児および幼児用保育器の体重計,理学療法および運動器具の負荷計測
  • 建設 - エレベーター内のワイヤの力計測、足場の力計測。
  • エンターテイメント - S字型のロードセルは、曲芸師や俳優を巻き上げるために使用されるケーブルの中央に設置され、力が規定のレベルを超えないようにします
  • 石油化学 - 石油およびガス掘削ツールへの力の計測
  • 農業と牧場 - ワーキングシュートを通過する家畜の重量の計測,ケーブルとホスティング機器への力の計測,ホッパー,タンカー,サイロ(青草などを備蓄する倉庫)の計量
  • 家庭/消費者 抵抗とサポートを予測する方法 - デジタル体重計

ロードセルを使用する際の考慮事項

最大定格荷重

2点校正とゼロ校正

Dewesoft X DAQソフトウェア内のロードセルのセットアップとキャリブレーション

環境への配慮

ロードセルの種類

バー/曲げビームロードセル

典型的な曲げビームロードセル
※画像提供:Daraceleste [CC BY-SA(https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)]

キャニスタ型ロードセル

典型的なキャニスタタイプロードセル
※画像提供:Daraceleste[CC BY-SA(https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)]

Sビーム(ダブルビーム)ロードセル

典型的なSビームロードセル
※画像提供:Daraceleste [CC BY-SA(https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)]

スルーホール/ドーナツ型ロードセル

典型的なドーナツ/スルーホールロードセル ※画像提供:Forsentek

パンケーキ型ロードセル

典型的なパンケーキ型ロードセル
※画像提供:Daraceleste [CC BY-SA (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/4.0)]

DEWESoftロードセルデータ収録システム

SIRIUS DAQシステム

SIRIUS DAQシステムは、各チャネルにアンチエイリアスフィルタを備えたデュアル24ビットデルタシグマA/Dコンバータを最大限に活用するDualCoreADC ® テクノロジを有し、各チャネル最大200 kS / sの時間および周波数領域で160 dBのダイナミックレンジを実現します。

SIRIUSスライスは、8または16のアナログ入力チャネルで構成されます。すべてのSIRIUS DAQシステムには、Dewesoft Xデータ収録ソフトウェアが標準添付されており、システムのセットアップ,操作,表示,保存,解析,およびレポート作成ができます。

  • SIRIUS STG(8チャネル):200 抵抗とサポートを予測する方法 kS / s,すべてのひずみタイプをサポート,高入力範囲
  • SIRIUS STGM(8チャネル):200 kS / s,低電力,センサとアンプのバランス
  • SIRIUS-LV(8チャネル):200 kS / s,フルブリッジ接続をサポート
  • SIRIUS-HD STGS(16チャネル):200 kS / s,低電力,センサとアンプのバランス
  • 抵抗とサポートを予測する方法
  • SIRIUS-HS STG(8チャネル):1 MS / s,すべてのひずみタイプをサポート,高入力範囲
  • SIRIUS-HS-LV(8チャネル):1 MS / s,フルブリッジ接続をサポート

KRYPTON DAQシステム

KRYPTON DAQは、モジュールごとに1,3,または6チャネルの高耐久性ひずみゲージ入力システムです。他の多くのKRYPTONおよびKRYPTON ONEは、他のセンサおよび信号タイプで使用できます。KRYPTON DAQはIP67の防水・防塵規格,衝撃,振動,極端な温度などの悪環境で使用できるように設計されています。すべてのKRYPTONシステムには、Dewesoft Xデータ収録ソフトウェアが標準添付されており、システムのセットアップ,操作,表示,保存,解析,およびレポート作成ができます。

  • KRYPTON-3xSTGおよびKRYPTON-6xSTG:すべてのひずみゲージタイプと高入力範囲をサポートする3または6チャネルのDAQモジュール
  • KRYPTONi-1xSTG:すべてのひずみタイプと高入力範囲をサポートする1チャネル絶縁DAQモジュール

IOLITE DAQおよび制御システム

IOLITE DAQと制御システムは、データ収録とデュアルEtherCAT ® インタフェースを介したリアルタイム制御を組み合わせています。IOLITE-6xSTGは、他のさまざまなセンサを処理するために入力変換アダプタDSIコネクタの接続できます。19インチラックモデルとベンチトップモデルがあります。すべてのIOLITEシステムには、Dewesoft Xデータ収録ソフトウェアが標準添付されており、システムのセットアップ,操作,表示,保存,解析,レポート作成が可能です。

一目均衡について

■初期設定
転換線期間…9日、基準線期間…26日、スパン期間…26日(日足の場合)
なお一目均衡の各種設定については【表示・環境設定】の「チャート」、もしくは描画された一目均衡をクリックすることでも行なえます。
【時間論】
市場は基本数値(9、17、26という3つの単純数字やそれらを縦横に組み合わせた数字)や、対等数値(上昇日数と下降日数は対になるという考え方)に影響を受けていると考えられます。
【波動論】
市場はうねりながらⅠ波動、V波動、N波動、Y波動、P波動を描くとするもの。エリオット波動分析に通ずるところもあるが、厳格に定型を設けているわけではありません。波動の主体は時間論の影響を受けるためです。

  • 転換線 …転換値を折れ線グラフ化したものです。
    転換値⇒(本日を含む過去9日間の最高値+最安値)÷2を本日の欄にプロット
  • 基準線 …基準値を折れ線グラフ化したものです。 抵抗とサポートを予測する方法
    基準値⇒(本日を含む過去26日間の最高値+最安値)÷2を本日の欄にプロット
  • 先行スパン1 …(転換値+基準値)÷2を、本日を含めた26日先にプロットし、折れ線グラフ化したものです。
  • 先行スパン2 …(本日を含む過去52日間の最高値+最安値)÷2を、本日を含めた26日先にプロットし、折れ線グラフ化したものです。先行スパン1と先行スパン2のあいだの部分が抵抗帯で、一般に「雲」と呼ばれます。
  • 遅行スパン …本日の終値を26日前にずらしてプロットし、折れ線グラフ化したものです。
  • 雲 …2つの先行スパンの間に構成されるものでレジスタンス(上値抵抗線)やサポート(下値支持線)になります。

描画方法・基本的な見方

フィボナッチ・アーク(円弧)の描画・活用方法

基本的な見方

[1] 転換線が基準線より上方にある場合は、買いシグナルです。
[2] 転換線が基準線より下方にある場合は、売りシグナルです。
[3] 基準線の方向が右上方を向いている場合は、買いシグナルです。
[4] 基準線の方向が右下方を向いている場合は、売りシグナルです。
[5] 遅行スパンが本日を含めた26日前の日足より上方にある(下から上に交差した)場合は、買いシグナルです。
[6] 遅行スパンが本日を含めた26日前の日足より下方にある(上から下に交差した)場合は、売りシグナルです。
[7] 抵抗とサポートを予測する方法 本日の日足が抵抗帯(先行スパン1および2)を下から上に突破した場合は、買いシグナルです。
※以後、この抵抗帯はサポートとして機能します。
[8] 本日の日足が抵抗帯(先行スパン1および2)を上から下に突破した場合は、売りシグナルです。
※以後、この抵抗帯はレジスタンスとして機能します。
※ ご注意
この「基本的な見方」は一般的なチャートの見方を解説したものです。この解説どおりに投資判断をしたとしても、必ず利益が上がることを保証するものではありません。投資に当たっては、お客様ご自身の判断でお願いいたします。

補足(時間論、基本数値の描画について)

基本的な見方

相場の天井、もしくは底を基準日として、そこから基本数値(9、17、26、33、42、52、65、76、129、172、226、676)の日数が経過した該当日に変化日が来ると予測します。
※これらの日柄は、その日に必ず変化が起こるというものではなく、初めの該当日に変化がなければ、次の該当日に変化する可能性があるという考え方になります。
※ ご注意
この「基本的な見方」は一般的なチャートの見方を解説したものです。この解説どおりに投資判断をしたとしても、必ず利益が上がることを保証するものではありません。投資に当たっては、お客様ご自身の判断でお願いいたします。

基本的な見方

「表示・環境設定」メニューから「チャート」を選択すると「チャート設定」画面が呼び出されます。
左下のカラムにあるデフォルト設定メニューから「トレンド系」>「一目均衡表/一目均衡表(時間論)」を選択すると、パラメーターや線の定義が行えます。
また、チャート画面の線上をクリックすると「テクニカル設定」画面が表示され、こちらの画面でもパラメーターや線の定義が操作できます。

設定画面1

設定画面2

設定画面3

©Rakuten Securities,Inc. All Rights Reserved.
商号等:楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

ワイヤレス予測カビ指数計
LR8520

● ±3%rhの高精度湿度センサ ● 「カビ指数」※1を測定表示、さらにカビの発育予測を表示 ● カビ指数、発育予測の他に温度、湿度の測定が可能 ● 設置スペースを気にしない小型1ch(温度/湿度 各1ch入力) ● 測定データはBluetooth®無線技術でタブレットやパソコンへ回収 LR8410またはLR8416でリアルタイム収集も可能 ● 3WAY電源(ACアダプタ、単3アルカリ乾電池、外部電源) ● 記憶容量 1chあたり50万データ

遠隔計測サービス GENNECT Remote対応測定器

GENNECT Remoteは5分でつながる遠隔計測サービスです。特別な知識なく、遠隔地から測定データを取得、測定器の操作ができます。 スペシャルサイトでは、GENNECT Remote の機能、活用事例、技術情報など現場で役立つ情報を、深くお伝えしています。

■Androidアプリへのリンク先QRコード※

カビの発生しやすさを予測する小型1ch無線ロガー

<測定可能項目> 温度、湿度、カビ指数、発育予測 抵抗とサポートを予測する方法 ●カビ指数(温度・相対湿度から算出) カビの発生しやすさを予測する指標 0から200で表され、カビの発生や汚染開始までの期間を推測できます。 ●発育予測(カビ指数から算出) カビは発育できる環境が一定期間続くことで成長するため、カビの汚染はカビ指数の累計で予測できます。 LR8520は、累計の段階をカビが発育するイラストを使って5段階で表します。 2つの指標でカビの発生しやすさを予測します。

アプリケーション:食品(穀物)保管倉庫

困りごと 穀物の取引は質量取引のため、乾燥しすぎると保管商品の質量が減るので湿度を上げたいが、カビ被害が怖い。 カビが見つかれば全て廃棄になりリスクが大きい。 <<予測カビ指数計で解決>> 一目でカビが生えやすい環境かどうか確認できるため、どの程度まで湿度を上げられるかの目安になります。

アプリケーション:ビル・建物

困りごと 気密性が高い建物は季節を問わずカビが生えやすい。 夏は空調機の冷風があたるところにカビが生えやすい。 カビの発生が心配なので、過剰に空調の温湿度設定をしている。 <<予測カビ指数計で解決>> カビの生えない許容範囲がわかり、空調の設定値を広げられるため節電になります。

スマートフォンやパソコンでデータ回収できる無線ロガー

Bluetooth(R)無線技術を搭載。 お手持ちのスマートフォンやパソコンで、測定中でもデータを回収できます。 回収したデータは自動的に繋がり、一つのデータに。 その場ですぐにデータの傾向を波形と数値で確認できます。 ※画像はLR8514

手軽にリアルタイム監視できるコンパクトデータロガー

ワイヤレスロギングステーションLR8410またはワイヤレス熱流ロガーLR8416で データを取得すると、リアルタイムで波形を見ることができます。 さらに、測定中でも過去の波形を観測可能です。 ※画像はLR8514

小型無線ロガーだからどこでも置ける

どこにでも置けるポケットサイズ。 設置スペースの問題を解決します。 無線(ワイヤレス)なので、高い場所や広い敷地内に点在しているデータの回収に役立ちます。

電源は単3電池またはACアダプタ

単3形アルカリ乾電池2本で約20日使用できます。 (記録間隔1秒、Bluetooth(R) ONの場合) Bluetooth(R) ONの時間が短いほど、電池は長持ちするため、 事前に設定した時間帯だけ自動的にBluetooth(R) の電源が入る 「省電力機能」搭載。 通信していない時間も1chあたり50万データという大容量メモリで もれなくデータを記録します。 ACアダプタを使用すれば、長期間の記録も安心です。

警報が出せる温湿度ロガー

警報出力を搭載。 設定した範囲から値が外れた場合に「ALARM」が表示されます。 ブザーや警告灯と接続して、警報を出すことも可能です。 (ブザーや警告灯は、別途ご用意ください。) 警報が出せる1ch温湿度ロガーとして使えます。

対応機器【スタンドアロンで使用(手動データ回収)】
Windows PCまたはWindowsタブレット (ソフトCD-R付属)
AndroidスマートフォンまたはAndroidタブレット端末
(ソフト Google playから無償ダウンロード)
※通信距離は、PCやタブレットの性能による (目安 見通し30 m)
【ユニットとして使用(リアルタイム測定)】
LR8410またはLR8416のユニットとして使用し, リアルタイムにデータ収録・表示, 最大7台まで制御可能, 通信距離:見通し30 m
チャネル数温度・湿度入力 各1ch (オプションの温湿度センサ専用)
表示内容カビ指数 (0〜200), 発育予測 (5段階), 温度, 湿度
測定範囲[温度] -40℃〜80℃, レンジ100℃f.s., 最高分解能0.1℃
[湿度] 0%rh〜100%rh, レンジ100% rh f.s., 最高分解能0.1%rh
測定確度 (Z2010/Z2011使用)[温度基本確度] ±0.5℃ (10℃〜60℃)
※上記温度範囲から外れる場合0.015℃/℃を加算(-40℃~10℃), 0.02℃/℃を加算 (60℃~80℃)
[湿度基本確度] ±3% rh (20℃〜30℃, 20%rh〜90%rh), ヒステリシス±1% rh (湿度測定確度に加算)
その他機能測定値, 日付, 時刻, 記録データ数, 最大値, 最小値, 平均値表示, 警報出力, スケーリング, 記録動作保持, 誤操作防止, コメント記憶, 省電力, 認証, フリーラン
記録[容量] 50万データ [モード] 瞬時値記録
[間隔] 0.5秒〜30秒, 1分〜60分, 14切替
電源ACアダプタ Z2003 (AC100 V〜240 V, 50 Hz/60 Hz), 単3形アルカリ乾電池 (LR6) ×2, 外部電源DC5 V〜13.5 V(USBバスパワーから供給可能, 変換ケーブル必要)
連続使用時間 (単3アルカリ乾電池使用) (23℃参考値)約3.5か月(記録間隔1分, Bluetooth® OFF)
約20日(記録間隔1秒, Bluetooth® ON)
約5日(記録間隔0.5秒, LR8410またはLR8416でリアルタイム測定時)
寸法・質量85W × 61H × 31D mm, 95 g (電池含まず)
付属品CD-R ×1 (取扱説明書, ロガーユーティリティ, ワイヤレスロガーコレクタ), 測定ガイド ×1, 電波使用上の注意 ×1, 単3形アルカリ乾電池 (LR6) ×2, 接続ケーブルL1010 ×1

無線使用可能国 (LR8520) 更新:2021/10/8

無線使用可能な国と地域Australia, Austria, Bangladesh, Belgium, Bulgaria, 抵抗とサポートを予測する方法 Canada, Chile, Colombia, Croatia, Cyprus, Czech Republic, Denmark, Estonia, Finland, France, Georgia, Germany, Greece, Hong Kong, Hungary, Iceland, Indonesia, Ireland, Israel, Italy, Japan, Kenya, Latvia, Liechtenstein, Lithuania, Luxembourg, Macao, Malta, Myanmar, Netherlands, New Zealand, Norway, Poland, Portugal, Romania, Singapore, Slovakia, Slovenia, Spain, Sweden, Switzerland, Thailand, Turkey, United Kingdom, United States, Viet Nam
注意事項電波の利用にはそれぞれの国や地域の法律または規制に基づいた許認可が必要です。認可された国と地域以外で使用した場合は、違反となり罰せられるおそれがあります。
形名(発注コード) 説明 価格 HIOKI Online Store
LR8520 温湿度センサはオプション ¥45,000(税込 ¥49,500) Webで購入・見積

※ショップサイト「HIOKI Online Store」で、購入手続き前に見積書の作成ができます。

※1「カビ指数」は故 農学博士 阿部恵子氏による開発(特許2710903)です。 LR8520本体のみでは測定できません。測定確度に影響する校正対象品は温湿度センサのみです。LR8520本体は校正の必要がありません。 ※無線認証国は「仕様」をご覧ください。 ※Bluetooth®はBluetooth SIG, Inc.の登録商標で日置電機株式会社はライセンスに基づき使用しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる