海外バイナリーオプション

世界分散投資戦略ファンド

世界分散投資戦略ファンド
中国では、2021年にライブコマースの売上が3,000億ドルを超え、eコマース全体の売上の12%以上を占め、2023年には20%近くに達すると予想されています。一方、北米市場は60億ドル未満で、まだオンライン販売全体のわずか0.1%にすぎません。そこにあるビジネスチャンスの巨大さは、Fireworkの共同創業者であるVincent YangとJerry Lukが2017年に同社を立ち上げたときから気づいており、今も失われていません。また、投資家もその価値に注目し、Firework(Loop Now Technologies社)は、これまでに2億3500万ドル(約300億円)の資金調達をしています。

Fireworkがソフトバンク・ビジョン・ファンド2主導のシリーズB調達で未来のコマースを構築するための1億5000万ドルを調達

▽成功が成功を生む
FireworkのシリーズB資金調達ラウンドの成果は、2021年第1四半期以降の一連の成功によるところが大きい。複数の大型顧客やパートナー(Albertsons Companies、The Fresh Market、Omnicom Media Groupなど)の獲得、American Express Venturesとの戦略的投資提携、多くの高度経営人材の採用によって、Fireworkは北米で未だ初期段階のライブストリーミングコマース市場を争うレースで圧倒的フロントランナーに躍り出た。

▽Fireworkについて
Fireworkは、ビデオという伝達手段を介してオープンウェブをヒューマン化するグローバルリーダーである。Fireworkはショッパバブルビデオ、ライブストリーミングコマース、強力な収益能力を生かして、世界で最もダイナミックでエキサイティングな小売業者、消費者ブランド、パブリッシャーが所有し運営するデジタル資産および世界規模のチャンネルで魅力的なデジタル体験を構築することを支援する。Fireworkは組織がオンラインビデオ体験の信頼性と接続の新たな水準をもたらし、完全に理解できる言語でデジタルネイティブに語り掛け、それぞれの顧客データを管理できるようにしている。同社はこれまでに2億3500万ドルの資金を調達した。詳しい情報は firework.com(https://c212.世界分散投資戦略ファンド net/c/link/?t=0&l=en&o=3545810-1&h=2178992851&u=https%3A%2F%2Fc212.net%2Fc%2Flink%2F%3Ft%3D0%26l%3Den%26o%3D3298170-1%26h%3D2382949683%26u%3Dhttps%253A%252F%252Ffirework.tv%252Fus%252F%26a%3Dfirework.tv&a=firework.com )まで。

▽メディア問い合わせ先
Fatimah Nouilati
Scratch Marketing + Media for Firework
[email protected]

世界分散投資戦略ファンド

Fusion Fuel Green PLC
東芝エネルギーシステムズ株式会社

東芝エネルギーシステムズ株式会社(以下、「東芝ESS」)はこのほど、固体高分子型電解装置(PEM型電解装置、以下「PEM」)の開発・製造・販売を行うFusion Fuel Green PLC(以下、フュージョンフュエル社)と、欧州や豪州市場での電解装置の拡販に向けた調達・製造・販売プロセス・技術提携などの検討を行うことについて合意しました。

世界的な脱炭素化の流れで、特に欧州やアジアでの水素プロジェクトや電解装置に関する技術への資金援助の動きが高まり、グリーン水素経済の発展も加速することが予想されます。欧州連合では、電解槽容量として、2024年までに6 GW、2030年までに40 GWの容量を設定しました 注1 。これにより、年間約500万トンの低炭素水素が生成されます。豪州も水素産業に高い関心を持っており、連邦政府は2019年に独自の国家水素戦略を発表し、新しい世界をリードする輸出産業の創出を目的とした長期的な技術投資ロードマップの下でさまざまな投資が計画されています。

今回の協業の検討内容として、東芝ESSが開発中の触媒量を従来と比べ大幅に削減しコスト競争力が高い、電解装置の中核部品である「膜・電極接合体(MEA)」をフュージョンフュエル社のPEMに活用することや、同社PEMの豪州などにおける拡販において、東芝ESSが火力事業などで培ってきた現地の販路を活用することを検討します。さらに両社は、東芝ESSが2025年に市場に投入することを目標としている固体酸化物形電解装置(以下、「SOEC 注2 」)の将来の販売のための協力関係も模索します。

注1:出典The European Hydrogen Strategy, European Commission 2020
注2:水の電気分解方式のひとつ。水中の酸素だけを隔膜外に移動させ、水素を製造する。アルカリ水電解式よりも高温下での化学反応となることが特長であり、高い製造効率が見込まれている。


フュージョンフュエル社概要
正式名称:Fusion Fuel Green PLC
設立:2020年3月4日
本社所在地:アイルランド ダブリン
代表者:Jeffrey Schwarz(Chairman)
事業内容:水電解装置の開発・製造・販売

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる