国内バイナリーオプション

移動平均線が下値支持線や上値抵抗線になるしくみ

移動平均線が下値支持線や上値抵抗線になるしくみ
    移動平均線が下値支持線や上値抵抗線になるしくみ
  • 週足チャートの下降相場の中期の上値抵抗線として、100週移動平均線、50週移動平均線、26週移動平均線、13週移動平均線、弱い相場では、7週移動平均線まで使うことがあります。
    一般に使う下降基調の中では26週移動平均線を中心の上値抵抗線にして見ますが、戻りが強い時の、上値抵抗線は、50週移動平均線、100週移動平均線まで使います。
    弱い相場では、26週移動平均線を基準に13週移動平均線、7週移動平均線と、強弱によって使い分けをします。 弱い上値抵抗線を下回っている状態は、弱い基調か下落相場の最終段階が近いことと、判断、又は予知できます。
  • 弱い下降相場では、13週移動平均線を上回らずに下降する株があります。その様な弱い相場では、将来の大幅下落を予知しなければなりません。
    13週移動平均線を上値抵抗線にしていた株価が、接近してきたり、上回ってきた場合、弱い相場が強まったと判断しなければなりません。
    13週移動平均線を上回ったら、26週移動平均線まで戻すか、需給関係が急変すると50週移動平均線まで戻すこともあります。この様に弱い相場が続いた株が、13週移動平均線を上回ると、弱い相場だと思っていても、意外な戻しがある場合があるので、油断すると危険です。

初心者のためのテクニカル分析【保存版】:下値支持線・上値抵抗線を知る2

このコンテンツは、過去に行った集中連載をお客様の多数のリクエストにより再掲載したものです。
チャート分析をする上で欠かせないチャートの見方の基礎の基礎ですので、チャート画像は少し古いですが、「チャート分析は初めて」という方など、チャート分析の基礎を知りたい方には大変有効なコンテンツです。
初心者の方は特に熟読されることをオススメします。
その他オススメコンテンツ →買い時・売り時必勝パターン →チャート分析のための指標の見方・使い方

下降トレンドから

  • 下降トレンドの場合の上値抵抗線は、60ヶ月移動平均線から+50%ラインの幅で殆ど収まります。60ヶ月移動平均線を上抜いた時は6ヶ月移動平均線を上回っている間は高値ゾーンの中の上昇基調です。
  • 下降トレンドの場合の上値抵抗線は、60ヶ月移動平均線から+50%ラインの範囲か、60ヶ月移動平均線を上回ったら高値警戒ゾーンの株価位置ということを認識しなければなりません。
    この範囲で6ヶ月移動平均線の下値支持線を下割れこと態が心理的上値抵抗線になります。下降トレンドでも下値支持線を併用して上値抵抗線を求めます。
  • 下降トレンドでは、60ヶ月移動平均線の-30%から-50%ラインが下値支持線になりますが、上値抵抗線は60ヶ月移動平均線前後から+50%ラインまでです。
    60ヶ月移動平均線を上回った株価位置は高値圏の形成範囲にあります。この様な株価位置まで上昇すると6ヶ月移動平均線を下値支持線として、下回らない間は上昇を続ける基調持続の判断をします。
    この場合も6ヶ月移動平均線の下値支持線を下割れたら天井形成の下降転換と同様に判断基準にします。
  • 長期トレンドでは、将来において業績悪化で赤字転落、または数期にわたり、業績に伸びが期待できないトレンドのため、小幅赤字か減収の場合は「60ヶ月移動平均線-30%ライン」赤字決算や財務悪化では「60ヶ月移動平均線-50%ライン」を下値支持線にします。著しく業績の悪化が続くか、財務面の悪化が著しいと判断された場合は「60ヶ月移動平均線-70%ライン」を下値支持線にします。
  • 基調がトレンドの範囲で上昇に転換した場合は、「6ヶ月移動平均線」を下値支持線にします。

週足チャート(中期)

  • 週足チャートの下降相場の中期の上値抵抗線として、100週移動平均線、50週移動平均線、26週移動平均線、13週移動平均線、弱い相場では、7週移動平均線まで使うことがあります。
    一般に使う下降基調の中では26週移動平均線を中心の上値抵抗線にして見ますが、戻りが強い時の、上値抵抗線は、50週移動平均線、100週移動平均線まで使います。
    弱い相場では、26週移動平均線を基準に13週移動平均線、7週移動平均線と、強弱によって使い分けをします。 弱い上値抵抗線を下回っている状態は、弱い基調か下落相場の最終段階が近いことと、判断、又は予知できます。
  • 弱い下降相場では、13週移動平均線を上回らずに下降する株があります。その様な弱い相場では、将来の大幅下落を予知しなければなりません。
    13週移動平均線を上値抵抗線にしていた株価が、接近してきたり、上回ってきた場合、弱い相場が強まったと判断しなければなりません。
    13週移動平均線を上回ったら、26週移動平均線まで戻すか、需給関係が急変すると50週移動平均線まで戻すこともあります。この様に弱い相場が続いた株が、13週移動平均線を上回ると、弱い相場だと思っていても、意外な戻しがある場合があるので、油断すると危険です。

  • 下降相場では下値支持線というよりは、26週カイリ率で-25%を目安に安値を付けると戻す習性があります。
    心理的に買いたくなる安値ゾーンは26週移動平均線から-25%以下に値下がりした(カイリ度)離れを心理的に下値支持線と見ます。

日足チャート(中期)

  • 日足チャートの下降相場の中期の上値抵抗線として、200日移動平均線、75日移動平均線、25日移動平均線があります。弱い相場の最終局面では、25日週移動平均線から10日移動平均線まで使うことがあります。
    一般に使う下降基調の中では75日移動平均線を中心の上値抵抗線にして見ますが、戻りが強い時の、上値抵抗線は、200日移動平均線を使います。弱い相場では75日移動平均線を基準に25日移動平均線と強弱によって使い分けをします。
    弱い上値抵抗線を下回っている状態は、弱い基調か下落相場の最終段階が近いことと、判断し、又は予知できます。
  • 弱い下降相場では、25日移動平均線を上回らずに下降する株があります。その様な弱い相場では、将来の大幅下落を予知しなければなりません。
    25日移動平均線を上値抵抗線にしていた株価が、接近してきたり、上回ってきた場合、弱い相場が強まったと判断しなければなりません。25日移動平均線を上回ったら、75日移動平均線まで戻すか、需給関係が急変すると200日移動平均線まで戻すこともあります。
    この様に弱い相場が続いた株は、25日移動平均線を上回ると、弱い相場だと思っていても、意外な戻しがある場合があるので油断すると危険である。上値抵抗線を上回ると上昇転換か、戻りか、疑ってかかる必要があります。
    それでも、戻りの範囲の場合が多く、その上には200日移動平均線の上値抵抗線があります。
  • 下降相場では下値支持線というよりは、75日カイリ率で-25%を目安に安値を付けると戻す習性があります。心理的に買いたくなる安値ゾーンは75日移動平均線から-25%以下に値下がりした(カイリ度)離れを心理的に下値支持線と見ます。

月足チャートで見る長期の上値抵抗線を知る
(月足トレンドの中の上値抵抗線を知ることは重要)

下降トレンドの上値抵抗線とは・・・・
株価の基調を長期(月足)・中期(週足)・短期(日足)に分けて説明されることがよくあります。
下降トレンドは60ヶ月移動平均線の方向性が下向きの状態です。60ヶ月移動平均線を下回って推移している株価の動きを長期下降トレンドと判定し、上値抵抗線に位置づけます。60ヶ月移動平均線を上値抵抗線(天井圏)と位置づけします。上回ることもありますが、6ヶ月移動平均線(下値支持線)と株価の動きに合わせてピークを判断していきます。
下値支持線は、60ヶ月移動平均線-50%ラインを下値支持線に位置づけてみます。-50%ラインは60ヶ月移動平均線を-50%にずらした線なので、60ヶ月カイリ率-50%と同じ意味ですが、チャートでは、グラフにすることで分かりやすく判断できます。

移動平均線|FXで人気のテクニカル指標の見方と活用法

移動平均線とは一定期間における終値の平均値の変化をチャート上にグラフで表したグラフのことを指します。通常のローソク足などのチャートに比べて滑らかに表現されます。テクニカル指標の中で最も基本的な指標で、愛用者は非常に多いです。海外においても「Moving Average」の名前で世界中のトレーダーが使用しています。
移動平均線はほかのテクニカルチャートにも応用されています。たとえばMACDでは短期の移動平均線と中長期の移動平均線が使用されていますし、ボリンジャーバンドは移動平均線と標準偏差で構成されています。

移動平均線が示す意味

移動平均線の日数と計算方法

短期線 中期線 長期線
日足(ひあし) 5日 25日 75日または100日、200日
週足(しゅうあし) 9週 13週 26または52週
月足(つきあし) 12か月 24か月 60または120か月

計算に使用する対象期間が短い場合は、相場に敏感に反応するようになります。その一方で、大きな方向性が読みづらくダマシも多くなる特徴があります。
対して、対象期間が長い場合は、グラフの変動が緩やかになり長期的な推移を確認することができるようになります。ただし、短期の相場の変動を捉えられず、現在の値段とのかい離が激しくなり機動的な相場認識が難しくなる特徴があります。
次に具体的な移動平均線の計算方法を見ていきましょう。
移動平均線には計算方法の違いによって単純移動平均(SMA)や加重移動平均(WMA)、指数平滑移動平均(EMA)などがあり、単純移動平均が最も一般的とされています。
単純移動平均線は次の計算式で求められます。

移動平均線の基本的な見方と売買シグナル

基本的な見方

▼ 移動平均線が下値支持線や上値抵抗線になるしくみ 売買シグナル

・ゴールデンクロス
ゴールデンクロスは短期線が長期線を下から上へ突き抜ける状態のことを指します。上昇トレンド入りを表し、買いのシグナルとなります。相場の大勢が下値から上値へ目線を切り替えたことを示唆します。

・デッドクロス
デッドクロスは短期線が長期線を上から下へ突き抜ける状態のことを指します。下降トレンド入りを表し、売りのシグナルとなります。相場の大勢が上値から下値へ目線を切り替えたことを示唆します。

移動平均線を上手に活用するためのポイント

移動平均線の使い方をマスターした上で、さらに一歩踏み込んで活用するための方法「グランビルの法則」を紹介します。
グランビルの法則はアメリカのチャート分析家が考案した売買シグナルで、値段と移動平均線に注目して売りと買いのシグナルパターンが8つに分類されているものです。パターンごとにシグナルの確度や強弱がありゴールデンクロス/デッドクロスのみの分析を超えた精密な分析を行うことができます。
ただし、グランビルの法則やゴールデンクロス、デッドクロスなどは絶対的なものではないので参考程度にとどめておきましょう。移動平均線は過去の終値を参考にしているため、短期線であってもタイムラグのある遅行指標であることも留意しておくことが必要です。

移動平均線で取引手法の幅を広げる

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります(トルコリラ/円はみんなのFXのみ)。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,移動平均線が下値支持線や上値抵抗線になるしくみ 000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 移動平均線が下値支持線や上値抵抗線になるしくみ 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 移動平均線が下値支持線や上値抵抗線になるしくみ 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる