成功事例

自動取引とは

自動取引とは
03 財務状況を可視化する50の視点が、スピーディーな経営判断を実現 起票に掛かるプロセスやチェック業務を削減することで、取引の発生から記録までの時間を大幅に短縮。
さらに、50種の豊富な視点で現在の財務状況をリアルタイムに可視化し、スピーディーな経営判断に貢献します。

自動運転時代に向けた観光MaaS「モビコマ™」のベータ版を沖縄でリリース ~6月からオリックスレンタカー那覇空港店で提供開始、複数事業者・エリアで順次拡大~

株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、6月15日 注1 から沖縄で観光MaaS「モビコマ™」のベータ版をリリースします。
「モビコマ」は自動運転時代を見通して車内空間でのサービス提供に特化した観光MaaSサービスです。車内に複数設置された専用タブレットを通して同乗者全員が同じ情報を共有しながら、旅のプランを自由に設定できたり、キャラクターから位置情報や目的地を元におすすめスポットの情報が届いたり、移動中の車内をより快適で楽しく過ごすことができます。
レンタカー・カーシェア事業者が本サービスを取り込むことで、ただの移動手段の提供にとどまらない顧客への新しい付加価値の提供や車内の顧客接点を生かした新たな収入源の創出が可能になるといったメリットがあります。
オリックス自動車は6月から9月 注1 にかけて、一般の旅行客数千人を対象に、那覇空港近辺でレンタカーに同サービスを導入します。観光事業者、自治体が新たな観光サービスを提供することにも活用できます。
NTTデータは、2023年度に「モビコマ」の商用化を目指し、観光分野での同サービスの対象レンタカー・カーシェア事業者を拡大します。さらには自家用車への展開や自動運転車への搭載に向けて、自動車会社とも検討を進めています。

NTTデータの企業理念である『情報技術で、新しい「しくみ」や「価値」を創造し、より豊かで調和のとれた社会の実現に貢献する。』を真に実現するには、これまでの顧客とのビジネスを通じて培った業種・業界の垣根を越えたネットワークを生かして、パートナー企業とともに生活者起点で新しいビジネスを推進することが必要です。
その一つとして、自動運転時代の到来を見据え、移動中のサービス提供機会・顧客接点を取り込むことを目的に、2020年6月にモビリティコマースサービス構想 注2 を掲げました。そして、これまでにさまざまな企業と協力し、技術検証 注3 や、サービスの有用性検証 注4 を行ってきました。
これらを踏まえ、今回、今後の商用化に向けて6月15日に観光MaaS「モビコマ」ベータ版をリリースすることにしました。

高頻度取引「HFT」 ミリ秒執行の自動トレード

1980年代、株式売買が仲買人(マーケットメイカー)を通じて行われていた。マーケットメイカーがその特権的な立場を利用して投資家から不当に利益を抜いている不公平な市場だった。1990年代に入って、アイランド(Island ECN)のような、コンピューターによる自動取引システム(electronic trading platform)が登場すると、米国の金融市場における注文執行の競争は急激に厳しくなった。従来のマーケットメイカーの独占力は決定的に弱体化し,HFT が新たな流動性の供給者として出現することになった。

1990年代終盤にはヘッ ジファンドの投資戦略の中心は世界の金融市場動向のマクロ観測的な視点から為替や商品、株式、債券など世界各国の様々な金融商品を売り買いするグローバル・マクロのような手法から数量分析とコンピューターを駆使した自動取引を中心とした戦略「アルゴリズム・トレーディング(algorithm trading )」へシフトした。アルゴの大きな特徴のひとつはひとつひとつの取引からの利潤は少ないが比較的安全性の高い投資戦略に基づき、自動売買によって短期間のうちに取引を繰り返し、ときにはレバレッジを利用することによって、薄利多売の投資戦略で最終的に大きな利益を上げようとするものだ。
HFT の投資戦略は自動売買と薄利多売という点では、2000年代以降のクォンツ的なヘッジファンドの投資戦略と共通する。一方でレバレッジはさほど重要ではなくそのかわりに「スキャルピング(scalping)」のような比較的単純な取引戦略を超高速で大量に繰り返すことに特化している。そのため物理的なスピードを徹底的に追及しているのだ。これを可能にしたのは技術進歩の恩恵を受けた取引システムの高速化でありそれに伴う取引コストの大幅な低下だった。

「フラッシュ・ボーイズ」

もうひとつの有用な書籍は『フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち』(マイケル・ルイス著)である。フラッシュ・ボーイズと呼ばれるHFT業者は取引所のデータセンターに証券会社がサーバーを設置し、取引所の株式売買システムとダイレクトに接続できるようにする手法を採用した。遅延の要因であるサーバー間の物理的な距離を短くしたことで、注文を出すまでにかかる時間を100 分の1 秒単位から 1000 分の 1 秒単位に縮めた。

フラッシュ・ボーイズはこの速度の絶対的な優位性を活かし、劣勢にあることに気づきすらしない大口投資家の取引を先回りし頭ハネ(スキャルピング)をする。アメリカには 10 以上の取引所がある。トレーダーは一つ一つの取引所の株価を確認して買うという面倒なことはしない。社内のトレードシステムで買い注文を出したら、最適なルートで自動で注文した株数分、各取引所に注文が発注されるが、ここで興味深い共謀が起きており、注文内容が取引所に着弾する前にHFTはそれを知り、その注文に先回りできるのだ。2013年当時の新世代のHFTであるゲッコー社やトレードボット社のアルゴは平均株保有時間2秒、注文の90%は取り消すという人間にはついていけない次元に到達していた。この結果、昔ながらのトレーダーは必要がなくなってきた。

このような高速取引を行うには大掛かりなインフラが必要である。物理的なスピードが重要になった顕著な例としてSpread Networks 社がシカゴ(CME)とニュージャージー(Nasdaq データセンター)間をできるだけ短い距離でつなぐ光ケーブルを秘密裏に敷設する様が描かれている。この光ケーブルの敷設には実に3億ドルのコストがかかったが、Spread Networks は2010年に金融機関への高速通信サービス提供を始めるとそのコストを上回る莫大な利益を上げた。

ついに光の速度へ

さらに近年のトレンドを物語る記念碑的なジャーナリストの仕事がBloomberg Business WeekのNick BakerとBryan Gruleyによる ”The Gazillion-Dollar Standoff Over Two High-Frequency Trading Towers” だった。最近のトレンドは光速に限りなく近い「マイクロ波」による通信である。Spreadのサービスが2010年にデビューしたとき、サービスはシカゴからニュージャージー州カーテレットのNasdaqデータセンターへの取引を7ミリ秒未満(ミリ秒は1000分の1秒)で執行できた。言い換えれば、ラインは光速度の約3分の2でデータを移動したということだ。

Spreadの技術は、光の約99%の速度で空中でデータを運ぶことができるマイクロ波無線通信に取って代わられた。光ファイバ回線のガラスまたはプラスチックが信号をわずかに妨害する一方、マイクロ波は空気による障害が少ないため、より高速である。また、米国にはマイクロ波アンテナを収容できるセルタワーが点在していることも理由の1つであるため、マイクロ波ネットワークは通常、ファイバー回線よりも少ない作業とコストで構築できる。Spreadは同社のネットワークの立ち上げに約3億ドルを費やしたが、同社がZayo Group Holdings に売却されたとき、価格は1億3100万ドルだった。「最強」と思えたSpred の価値はあっという間に激減していたのだ。

ダークプール

参考文献

  1. Jonathan Brogaard, Terrence Hendershott, Ryan Riordan. HigH Frequency Trading and Price Discovery. Eurpean Central Bank. Nov 2013. . High Frequency Trading and the New-Market Makers. Journal of Financial Markets, Vol. 16, 2013. Last revised: 31 Dec 2013.
  2. X. Frank Zhang. High-Frequency Trading, Stock Volatility, 自動取引とは and Price Discovery. Yale School of Management. Dec, 2010. et al. The Flash 自動取引とは Crash: High-Frequency Trading in an Electronic Market.
  3. Kirilenko, Andrei; Kyle, Albert S.; Samadi, Mehrdad; Tuzun, Tugkan, The Flash Crash: The Impact of High Frequency Trading on an Electronic Market. Original Version: October 1, 2010 This version: May 5, 2014.

Special thanks to supporters !

Shogo Otani, 林祐輔, 自動取引とは 鈴木卓也, Mayumi Nakamura, Kinoco, Masatoshi Yokota, Yohei Onishi, Tomochika Hara, 秋元 善次, Satoshi Takeda, Ken Manabe, Yasuhiro Hatabe, 4383, lostworld, ogawaa1218, txpyr12, shimon8470, tokyo_h, kkawakami, nakamatchy, wslash, TS, ikebukurou 太郎.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる