外国 為替 取引

有効な資金管理法

有効な資金管理法
お悩みトレーダー

シンガポール財務統括拠点を活用したアジアグループ資金管理

日系企業の海外売上・生産比率は年々拡大する傾向にあり、特に経済成長が著しいアジア諸国への進出が増加しています。しかしながら、日系企業のアジアグループの資金管理については、各国の現地法人が個別に対応しているケースが散見され、日本国内または欧米と比較してグループ資金管理の高度化が遅れています。このような状況下では、アジアにおける資金管理が非効率になるばかりでなく、各現地法人の資金の流れが不透明となり不正の温床にもなり得る と考えられます。
そこで本稿では、グローバルキャッシュ・マネジメントのうち、アジア地域に焦点を当て、シンガポール財務統括会社を活用したアジアグループ全体の資金効率化、シンガポール財務統括会社を活用するうえでの留意点について解説します。
なお、本文中の意見に関する部分については、筆者の私見であることをあらかじめお断りいたします。

    有効な資金管理法
  • 日系企業のグローバル化により、近年特にアジアでの事業拡大が続いておりアジアグループの重要性が増している。その一方で、日系企業のアジアグループについては、日本・欧米グループと比較してグループ資金管理の高度化が遅れている
  • アジアグループの資金管理の高度化として、まずは資金の可視化と集中管理を図ることが肝要。次の段階で、流動性や為替リスクの把握といった機能の拡充を行い、資本コストの最適化を進めていくことが望ましい
  • アジアグループの資金の可視化や集中管理、資金管理の高度化にあたっては、資本規制や税コストの観点から、シンガポール財務統括会社の活用が効果的である

I. アジアグループの資金管理の現状と高度化ステップ

1.グループ資金管理の高度化とそのメリット

2.日系企業のアジアにおけるグループ資金管理の現状

図1「アジアグループ資金管理の高度化ステップ」は資金管理高度化がどの程度進んでいるか、その水準を4段階で表した資金管理高度化ステップです 。アジアにおけるグループ資金管理の状況をこのステップに当てはめた場合、多くの企業はステージ1の各社分散・グループ会社各社による個別管理に留まると考えられます。その主な要因として、アジアの多くの国では強い資本規制を設けており、グループ間であっても資金移動が制限される傾向にあること、また各国で通貨が異なるため、為替変動リスクが高いことから、グループ資金管理の高度化が進んでいないことが考えられます 。
このステージ1の段階では、現地法人任せの非効率な資金管理が行われているケースが散見されます。また、特にこのコロナ禍の状況では、親会社から直接現地に赴くことが困難であり、目が行き届かないことから、昨今、不正リスクが非常に高まっていると言えます。

3.資金管理高度化のアプローチ

II. シンガポール財務統括会社を活用した資金管理の高度化

1.シンガポール財務統括会社による資金管理高度化

図4のチャートは財務統括会社設立・資金管理高度化のステップです 。Phase1として、シンガポール財務統括会社を設計・設立し、マニュアルベースでのグループ間貸付・借入ができる体制を整え、Phase2ではシンガポール財務統括会社において、アジア各国の資金可視化を実現します。この段階で銀行CMSやTMS(トレジャリー・マネジメント・システム)といった資金管理ツールを導入した場合は、グループ資金のモニタリング、資金集中・配分を効率的・効果的に実施することが可能となります。そしてPhase3にて資本再編を行い、配当によって余剰資金をシンガポール財務統括会社に集中し 、域内で再投資が行える体制を整えます。
為替変動リスクについては、リインボイスにてシンガポール財務統括会社にリスクを集約する方法も考えられます。例えばこの例では、A国子会社からB国の顧客に商品を販売する際に、商流にシンガポール財務統括会社を介入させることでA国子会社-シンガポール財務統括会社間はA国通貨、シンガポール財務統括-顧客(B国)間はUSドル建てに変更し、為替リスクをシンガポールに集中させ、シンガポール財務統括会社が一括してヘッジするという対応が可能になります。
また、Phase2にて導入した銀行CMS/TMSと、各国の会計システム・ERPをつないで金融取引情報を自動連携できるようにすることで、シンガポール財務統括で各国子会社の資金の流れをタイムリーに把握することが可能となります。さらに、アジア各国の支払い業務をシンガポール財務統括会社に集約化する支払い代行や債権債務のネッティングを導入することも資金管理業務の効率化、コスト削減につながります。

2.税金面、規制面からみた場合のシンガポールの優位性

ではなぜシンガポールなのでしょうか。同国の優位性は低い税率と規制面でのハードルの低さにあると言えます。
まず税制面の優位性ですが、シンガポールは法人税が17%と低く、シンガポールの財務統括会社からグループ会社に対して貸付を実行した場合、親子ローンを日本の親会社から実行した場合と比較して、受取利息に係る法人税を軽減できます。更にシンガポールにおける財務統括会社向けの優遇税制であるFTC(Finance and Treasury Centre Incentive)を活用すれば、グループ会社への貸付等、事前に認定されたサービス・活動から生じた所得に対する税率は8%まで抑えられます。
次に、アジア諸国の資本規制についてですが、海外への貸付、海外からの借入について、いずれも原則規制が無いのはアジアの主要国ではシンガポール・香港のみで、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナム、中国などは海外貸付・借入は原則不可または条件付きで可能という状況です。さらに昨今の中国・香港の動向を鑑みると香港のビジネス環境について不確実性が高まっており、アジアで財務統括拠点を設置する場合においてはシンガポールが統括拠点の最有力候補と言えます。

投資はヒット&アウェイ!資金管理は守りではなく 「攻め」 有効な資金管理法 そのもの

競売不動産

投資は確率のゲームなので、すべてに勝ち続けることはありえません。どんな天才でも、いつかは必ず負けるときが訪れます。ですから、いつ負けてもいいように備える、始める前に負けた場合の最大損失許容額を決めておく――その負けを小さい負けにする投資が、資産を増やせる投資です。市場には管理できるものと、できないものがあります。外国為替の価格がどう動くかは誰にもわかりません。管理できない領域です。管理できない領域での勝負にこだわりをもってはいけません。無意味なことです。管理できるものに注目しましょう。

管理できるのは、自分の行動です。利益や損失を確定するタイミングや金額、許容できるリスクの大きさなどです。管理できる領域での勝負が成功できるかどうかを決めるのです。資金管理が守りではなく、攻撃そのものと言われる所以です。これはすべての投資に共通する考え方です。

「競売不動産」で資産を増やす方法

埼玉県生まれ。50代、IT企業勤務の普通のサラリーマン。将来の年金不安に怯え、経済的自立を目指し不動産投資を開始する。素人であるがゆえに不動産取引の本質を知るべく、あえて「競売」から不動産投資をスタートする。アパート入札、アパート建築、築古戸建取得等、多くの学びを経て堅実に資産を拡大。資産の現金部分を増やすため、FX投資を始めるが、欲望が先走り即退場となり、恐ろしくなってFX投資を中断。しかし、株式会社メデュ代表取締役 鹿子木 健氏との出会いにより、真の資産拡大、資産防衛に目覚め、FX取引を再開する。ロウソク足の見方、チャート図の時間軸の使い方、レバレッジ管理、資金管理など、基本から学び直し、強制ロスカットで証拠金の3分の1を失うなど、多くの経験を積み、お金の本当の意味、安全な資産の拡大方法を身につける。投資を継続してゆく過程で、お金は目的ではなく、使命に進むための手段である事に気づき、仲間とともに成長し、幸せで、豊かで、充実した人生を送れる人を1人でも多く増やし、社会に貢献することを願っている。むずかしい事を平易な言葉に置き換える事を得意とし、年利10~20%程度の安心、安全な投資運用を行い、現在も資産を拡大中。最近では仮想通貨取引を開始した。

企業経営における資金繰りの重要性と管理方法

皆様は黒字倒産という言葉をお聞きしたことがあるでしょうか。
黒字倒産とは利益が出ているにもかかわらず、仕入代金の支払いや銀行からの借入金の返済のための資金が不足することによって企業が倒産してしまうことです。
日本では黒字倒産してしまう企業が後を絶ちません。
そして、このような事態が引き起こっている原因の一つとして、資金繰りを上手く管理できていない企業が多いことが考えられます。
本コラムでは、資金繰りの重要性と管理方法についてご紹介させていただきます。

1.資金繰りとは?

資金繰りとは、会社が持つ現金や預金の流れを管理し、資金が不足しないように調整することを言います。
具体的に言えば現金や預金が増えるタイミングと減るタイミングを把握し、適切な時期に借入などの資金調達を行ない、投資を実行できるよう管理することです。
このように聞くと、資金繰り管理は企業を経営していくうえで当たり前のように行われているものだと感じるのではないでしょうか。
しかし、実際には資金繰りに失敗し、黒字倒産してしまう企業が数多く存在します。
なぜ、資金繰りを上手く行うことが出来ない企業が後を絶たないのでしょうか。
それは、「資金」と「利益」の違いをはっきりと認識しないまま、何となく資金繰りを行っていることが理由の一つと考えられます。
「資金」とは、今すぐに経費の支払いに使用できるものであり、例えば現金や普通預金などを指します。もちろん、すぐに支払いに使用できない株式や不動産などの固定資産は含まれません。
また、「利益」には含まれるが、「資金」に含まれないものとして売掛金や受取手形に計上される売上債権があります。
企業は商品やサービスを顧客に販売した際に、対価を現金で受け取るケースは多くありません。代わりに、数ヶ月後に現金を支払ってもらう権利である売上債権を得ます。売上債権は経理上、「利益」が計上されるのですが、入金が数ヶ月後なら手許(てもと)の「資金」は増えません。
逆に、設備を一括現金で購入したとしても、経理上は数年にわたって減価償却を行うため、実際には「資金」は減少していないが「利益」は減少しているという場合もあります。
このように、「資金」と「利益」は基本的に一致しませんので、そのことを認識して経営を行う必要があります。

2.資金繰り管理を行うためには

3.資金繰り表を作成するメリット

「資金」の流れを一覧できる「資金繰り表」の作成によって得られるメリットは大きく分けて2つあります。
①メリット1 経営不安の解消
持続的な成長を目指す企業にとって、投資は欠かせません。
設備投資や人材採用を強化していく際に経営者の皆様は、
「設備投資に使える良いお金はどのくらいの額なのか、いつの時期に何人まで採用することができる財務状況なのかが分からない。投資を行うと現金が不足して資金繰りが悪化してしまうのでは・・・」といったような不安を感じるのではないでしょうか。
このような不安は、設備投資や人材採用をすることでどれだけ「資金」の増減に影響があるのかを踏まえた、「資金」の流れが明確に把握できるような「資金繰り表」を作成することで払拭できると考えられます。
②メリット2 資金調達の改善
引っ越し業や旅館業など、季節変動がある事業を営む企業では、繁忙期と閑散期が明確になっているため、毎年ある一定の期間に仕入などの費用がかさんで資金繰りが厳しくなっている場合があります。
こういった問題に対する解決策としても「資金繰り表」は役に立ちます。
仕入にかかる費用と時期を「資金繰り表」に落とし込み、その予定を金融機関に伝えます。
そうすることにより、「資金」が必要な時期に対して、企業と金融機関との間に共通認識が生まれます。このように「資金繰り表」を用いて自社の情報開示をすることによって、「資金」が必要な時期に金融機関側から追加の融資を提案していただきやすい関係を構築することができるでしょう。
また、運転資金の波を把握できるようになることで、当座貸越などの短期借入を有効的に活用できるようになり、調達コストについても改善が期待できます。

資金繰りは経営者の頭の中だけで管理しているといった状況の中小企業を数多く見てきました。
しかし、多忙な経営者のみで数ヶ月後の資金状況を把握し、正確な資金調達の計画を立てることは困難を極めます。
そこで、「資金繰り表」を作成し、誰が見ても「資金」の流れを認識出来るような環境を構築してみてはいかがでしょうか。
このような環境になれば、経営者の方々は実現性を考慮した、さらに質の高い「事業戦略・事業計画」を策定することができるようになるでしょう。

レバレッジを最大限に活かしたFX資金管理2%ルール!5つのメリット

レバレッジを最大限に活かせるFX資金管理方法

お悩みトレーダー

『すべてを網羅した資金管理方法ってありますか?』

メンター

レバレッジ変動型『2%ルール』 じゃ!

エイク

お悩みトレーダー

『2%ルール』の資金管理は、 小資本でも、レバレッジを最大限に活かすことができます。

レバレッジを利かしているにも関わらず、リスクを2%に限定させた安全な資金管理方法 なんです。

  • なぜ、 FXの上級トレーダーが『2%ルール』を採用 するのか?
  • また、 資金の少ない個人トレーダー が『2%ルール』を採用する メリット は何のか?
  • スキャルピングやデイトレード に、『2%ルール』が有効な理由は?
  • 上級トレーダーが 海外FX口座を利用する理由

レバレッジ変動型2%資金管理とは?

その中でも 最もメジャーな資金管理方法のひとつが『2%ルール』 です。

私は3人のメンターにFXを指導して頂きましたが、3人とも同じ資金管理方法でした。

レバレッジ変動型2%資金管理とは?

『2%ルール』は、損失が、自己資金の2%になるようにトレードを組み立てる資金管理の手法のことです。

資金管理2%ルールとは

自己資金10万円でトレード開始

リスク許容2% ⇒ 損失額2,000円

損切りまでのPipsが20Pipsであれば

1万通貨でトレードする!

FXの資金管理『2%ルール』の5つのメリット

FX資金管理2%ルールの5つのメリットを解説

なぜ、FXの上級トレーダーが『2%ルール』を採用するのか?

また、資金の少ない個人トレーダーが『2%ルール』を採用するメリットは何のか?

スキャルピングやデイトレードに、『2%ルール』が有効な理由は?

②リスクが固定されるので、資金計画が立てやすい

③ボラティリティにあまり影響されない(通貨ペアを選ばない)

④応用的にリスクを変更できる

①FXの武器であるレバレッジを最大限に活かせる

『2%ルール』資金管理の最大のメリットは、レバレッジを最大限に活かすことができる点です。 有効な資金管理法

損切りポイントから、損失を自己資金の2%に抑えれば、 レバレッジは10倍でも、50倍でも100倍でも構いません。

FXの醍醐味であるレバレッジを、最大の武器に変えることができる資金管理方法が『2%ルール』 なんです。

レバレッジと聞くと危険なイメージがありますが、レバレッジが危険なのではなく、資金管理を何も勉強せずにトレードしていることが危険なんです。

2%資金管理の解説①

2%資金管理の解説②

許容損失を2%で設定します。

損失額は2,000円

損切り幅が3Pipsなので、

持てるポジションは6.67万通貨になります。

自己資金が10万円なのに、6.67万通貨もポジションを建てることができます!

2%資金管理の解説③

取引時のドル円レートが112.5円

取引枚数が6.67万通貨

自己資金10万円ですので、

レバレッジは75倍になります!

レバレッジを75倍かけて取引しているのに、許容損失は自己資金10万円の2%(2,000円)で収まっていますね。

2%資金管理の解説④-1

自己資金10万円で2倍のレバレッジで取引すると、0.有効な資金管理法 18万通貨(1800通貨)しかポジションを持つことができません。

自己資金が10万円であれば、国内口座で最大レバレッジ25倍を利かしたとしても2~3万通貨が限界 です。

レバレッジを最大限に活かすメリットの解説

このことから分かるように、 損切り幅の小さいスキャルピングやデイトレードでは、レバレッジを利かして、資金管理2%ルールが、かなり有利に働く のが分かったと思います。

◇レバレッジを利かしても損失を2%に限定できる。

◇スキャルピングやデイトレードなど損切り幅の小さいトレードにかなり有効。

◇レバレッジを武器に資金効率を上げることができる。

◇レバレッジは危険なものではない。

◇少ない自己資金でスキャルピングやデイトレードをするのに国内口座(最大レバレッジ25倍)は資金効率が悪い。

②リスクが固定されるので、資金計画が立てやすい

2%資金管理の解説⑤

仮に、 【レバレッジを固定して、2万通貨でトレードすると決めている場合】

エントリーから損切り幅までのPipsで、損失額がトレードごとに変動していきます。

10Pipsの場合 ⇒ 2,000円
50Pipsの場合 ⇒ 25,000円
1000Pipsの場合 ⇒ 50,000円

つまり、 損失額がトレードごとに変動するので、検証作業や資金計画が立てにくくなります。

安心してトレードできるだけじゃなく、過去検証もやりやすく、自分のロジックで利益がどれくらい残るのか、計算しやすいですよね。

レバレッジ変動型2%資金管理 ⇒ 常に自己資金の2%以内に損失額が固定される。

③ボラティリティにあまり影響されない(通貨ペアを選ばない)

つまり、 取引する通貨ペアの値動きがない限り、利益にならないということ です。

レバレッジとボラティリティの解説

【レバレッジを固定して、2万通貨でトレードすると決めている場合】

エントリーから利確までの幅(Pips)で、利益額がトレードごとに変動していきます。

10Pipsの場合 ⇒ 2,000円
50Pipsの場合 有効な資金管理法 ⇒ 25,000円
1000Pipsの場合 ⇒ 50,000円

ところが、 レバレッジを利用した2%ルールは、通貨ペアの変動Pips(ボラティリティ)にあまり影響を受けません。

レバレッジを利用した2%ルールは、トレードごとに取引枚数を調整するからです。

『今月は300Pips獲ったんだよね~!!!』

レバレッジとボラティリティの関係

[ストップ1:利益確定2]が

[10Pips:20Pips ]だろうが、

[50Pips:100Pips] だろうが、

[100Pips:200Pips ]だろうが関係ないということです。

すべてのトレードで、 損切 り2%のリスクに対して、利益4%のリターンが期待できます。

自己資金が10万円であれば、利益4000円。

自己資金が50万円であれば、利益20000円。

自己資金が100万円であれば、利益40000円。

至って、健全で、安全な利益幅なのが確認できたのではないでしょうか。

レバレッジ変動型2%資金管理 ⇒ 常にストップまでの値幅と利益確定までの値幅の比率で、利益額が決定される(ボラティリティに影響をあまり受けない)

④応用的にリスクを変更できる

レバレッジ変動型2%資金管理の4つ目のメリットは、『応用的にリスクを変更できる』ことです。

リスクの高いトレード ⇒ 『1%ルール』に変更。

鉄板トレード(期待値の高いトレード)⇒ 『3%ルール』に変更。

基本的に確率の高い手法であれば、『4%ルール』『1:1で分割決済』 有効な資金管理法

レバレッジ変動型2%資金管理 ⇒ 各トレードで応用的にリスクを変更できて、分かり易い。

⑤全資金をFXを飛ばしにくい

取引枚数が固定されていれば、最悪、強制ロスカットになってしまう可能性があります。

資金管理2%のメリット

このように、 『2%ルール』は全資金を失わないように、設計された資金管理方法なんです。

レバレッジ変動型2%と上級者が海外FX口座を利用するわけ

レバレッジと海外FX口座の解説

レバレッジ変動型2%ルールが、安全で理想的な資金管理の方法だということは理解してもらえたと思います。

『投資苑』や『タートル流投資の魔術』、『ラリー・ウィリアムズの短期売買法』、『マーケットの魔術師』 など、多くの名著でも紹介された『2%ルール』は、世界的に最も利用されている資金管理なので、使わない手はないわけです。

ここで問題なのが、 『レバレッジ』 です。

国内口座だと、『最大レバレッジが25倍』です。

国内FX口座だと、スキャルピングやデイトレードの値幅の小さいトレードスタイルだと、レバレッジ変動型2%ルールを、最大限に活用することができません。

さらに、日本国内では、とうとう『レバレッジ規制10倍』の議題も上がり始めました。

なぜ、上級者は海外FX口座で取引して、一般のトレーダーも海外FX口座を持ち始めているのでしょう?

2%資金管理がスタンダードになり、レバレッジを最大限に活かしたいから。
(レバレッジが危険でないことを理解し始めたから)
国内FX口座のレバレッジ規制 で、資金効率が悪いから。
③国内FX会社と変わらないくらい、 入出金がスムーズ だから。
④ゼロカットシステム (追証がない)
⑤世界の多くのトレーダーが見ているレート表示だから。
⑥レバレッジが高いので、 自己資金の全てを入金する必要がない 有効な資金管理法 から。
(100万円の自己資金であれば、撤退ルール自己資金の20%の20万円のみ入金でトレード開始)
⑦国内口座に比べて圧倒的に、 口座開設が簡単 だから。
⑧日本人による 日本語サポートが充実 しているから。

これからの時代、海外FX口座にチャレンジして、慣れておく必要があるかもしれませんね。

私が、トレードするうえで、強くおススメする『MT4』というチャートシステムが利用できて、入出金もスムーズな日本語対応のFX会社が『XM』です。

【10%法】有効な資金管理法!相性が良いゲームをプレイして稼ごう!

10%法のやり方は非常に簡単で、 常に手元の資金の10%を賭け続けるという方法です。 これは開始時の手元の資金ではなく、ゲーム毎の手元の資金の10%という意味です。 例えば、手元の資金が10,有効な資金管理法 000円だったとき、賭け金は10,000円の10%である1,000円です。この勝負に勝てば手元の資金は11,000円になり、次の勝負の賭け金は11,000円の10%である1,100円になります。 反対に1,000円賭けて負けてしまった場合は、手元の資金は9,000円になり、次の賭け金は9,000円の10%である900円になります。

ギャンブルをしているとついむきになってしまい大負けしてしまうことがありますが、10%法ではあらかじめ賭ける金額が決まっているため感情に左右されることがありません。そのため資金がすぐに尽きてしまうという事はないです。簡単に使えて ローリスク・ハイリターンな方法 なので、上級者だけでなく初心者の方にもオススメできるやり方になっています。

10%法のメリット

10%法は手元の資金を一気に賭けて大勝負をするのではなく、手元の資金の割合を賭けるので資金が一度に大きく減ることはありません。 リスクが低い賭け方であるため連敗したとしても、損失を小さくすることが可能です。 さらに、連勝した場合はどんどん賭け金が多くなるので、 利益率も高くなっていきます。

10%法のデメリット

10%法のデメリットは連敗してしまうと、手元の資金の減り具合は小さいものの、賭け金も小さくなってしまうので、 マイナス分を取り返すのに時間がかかってしまいます。 ただし、マイナス分を取り返せず焦ってしまい勝負に出てしまうと、一気に手元の資金がなくなってしまうので注意しましょう。 10%法は安全に資金管理する方法でもあるので、計画的にゲームを進めることも大切です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる