FX取引の仕組み

スプレッドやツールを徹底比較

スプレッドやツールを徹底比較

Microsoft 365とGoogle Workspaceを徹底比較 結局うちの会社にはどっちが適しているの??

※参考URL
■Microsoft 365
「Microsoft 365 スプレッドやツールを徹底比較 Business Basic、Business Standard、Business Premium」
https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/business
「Microsoft 365 E3、E5、F3」
https://www.microsoft.スプレッドやツールを徹底比較 com/ja-jp/microsoft-365/compare-microsoft-365-enterprise-plans

表3 Google Workspaceプラン

※参考URL
■Google Workspace
「Business エディション、 Enterprise エディション」
https://support.google.com/a/answer/6043576?hl=ja&ref_topic=4425947

上記の表2と表3でわかる、Microsoft 365、Google Workspace の違いのひとつとして、1ユーザーあたりに付与されるストレージの容量の違いが挙げられます。

同じ価格の「Microsoft 365 Business Standard」と「Google Workspace Business Standard」(ユーザー/月相当 ¥1,360)を比較すると以下となります。

【Microsoft 365 Business Standardの場合:以下の合計】
(1) ストレージ容量(1ユーザー当たり):1TB
(2) メールボックス容量(1ユーザー当たり):500GB

【Google Workspace Business Standardの場合】
ストレージ容量とメールボックス容量合わせて:2TB

Microsoft 365はメール 500GB、ファイルストレージ 1TBとそれぞれに容量が付与されますが、Google Workspace はBusiness Standard プランだと、2TBで提供されます。

また、Google Workspace Enterprise の「Standard」プラン、「Plus」プランだとストレージ容量が必要に応じて拡張可能となります。
自社の従業員が、どのくらいのストレージを活用するのかを考えた上での選定が必要と言えるでしょう。

Microsoft 365 とGoogle Workspace 、それぞれの強み

「アプリケーションがそんなに変わらず、金額も変わらないのであればどうやって選べば良いのか・・・」と感じると思います。
Microsoft 365 と Google Workspace はそれぞれの強みがあるので、そこを把握し、自社に適切なグループウェアを選びましょう。

Microsoft 365 の強み
→Microsoft Officeシリーズとの相性ばっちり!

Microsoft 365 の一番の強みは、同一企業が提供しているサービスのため、当然ですが過去のMicrosoft Officeシリーズ(Excel,Word,PowerPoint)との互換性があるという点です。
Microsoft社のOfficeシリーズは企業でドキュメント作成に利用される最もメジャーなアプリケーションです。

また、Microsoft 365 には、Officeを便利に利用できるアプリケーションも含まれています。(※注)
たとえば、Teams上にExcelで作成した資料を添付し同僚に共有し、インターネット上でExcelを同時編集することが可能です。

※注 Officeソフトのみをご利用頂けるMicrosoft 365のプランもあります。
※マイクロソフトOfficeの選び方はこちら

Google Workspaceの強み
→フリーのGmailを使い慣れたユーザーにとって、ノンストレス。シンプルな操作性が魅力

Google Workspace の最大の強みは、コンシューマー向けサービスとして使い慣れているアプリケーションが多いという点です。

また、Googleは検索サービス発祥の企業なため、Google Workspace も検索機能を活かし、サービスを横断する検索が可能です。

Microsoft 365 と Google Workspace 、その他の違い

その他、Microsoft 365 と Google Workspace には下記のような違いがあります。

1.データセンターが“国内”か“国外”か?

データセンターとは、サービスを提供している大元のコンピューターが置いてある場所です。
Microsoft 365 と Google Workspace では、それぞれデータセンターが以下のように違います。

・Microsoft スプレッドやツールを徹底比較 365:国内(関東と関西)にある
・Google Workspace: 国外(全世界数カ所)にある

一方で金融機関や官公庁、一部の大企業においては、会社の重要なデータは海外ではなく、国内で管理したいというニーズが強い傾向があります。
そのため、官公庁などの組織では Microsoft365 を選択することが多くなります。

2.Google Workspace は中国での利用不可

グローバルにビジネスを展開している企業のIT担当者の方に注意いただきたいのが、中国ではGoogle Workspace が利用できないということです。

Microsoft 365 も Google Workspace もグローバル対応していて、出張などで国外にいても、
いつでも仕事の続きができて非常に便利ですが、Google自体が中国からブロックされているため、中国ではGoogle Workspace が利用できません。

そのため、中国の子会社や関連会社とグループウェアを一緒に使いたい、といった場合にはMicrosoft 365 のほうが適しています。

今回は、Microsoft 365 と Google スプレッドやツールを徹底比較 Workspace の機能や価格を比較し、ご紹介しました。
比較した結果をまとめると下記の通りです。

1.機能面
Microsoft スプレッドやツールを徹底比較 365 と、Google Workspace はほとんど同等の機能がある。

2.それぞれの強み
・Microsoft 365の強み:
もともと利用していたOfficeシリーズで作成したドキュメントとの互換性に優れている。
Officeアプリをそのまま使うことができる。
・Google Workspaceの強み:
フリーのGmailを使い慣れたユーザーにとっては、ノンストレスで導入できる。
「検索」機能を活用したシンプルな操作性が魅力。

3.その他の違い スプレッドやツールを徹底比較
1.データセンターの場所の違い:
Microsoft 365 :国内(関東と関西)にある
Google Workspace:国外(全世界数カ所)にある
2.Google Workspaceは中国での利用ができない

Microsoft 365 スプレッドやツールを徹底比較 と Google Workspaceのライセンス費用にはほとんど差がありません。
そのため、マイクロソフトのOffice製品を会社で利用している場合、Office製品のライセンス費用を考えると、Microsoft 365を選んだ方がお得になる可能性が高いです。

逆に、マイクロソフトのOffice製品が必要なく、GmailやGoogleカレンダーをプライベートで利用している従業員が多い場合、Google Workspaceを選んだ方が従業員満足度が上がるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる