外為オプションとは

ETF上場投資信託

ETF上場投資信託
図表2:世界のETF市場の純資産残高推移

ETF(上場投資信託)

バラエティに富んだ銘柄から購入できる 国内株式・外国株式・商品・レバレッジ指数など種類が豊富で、ニーズに合った銘柄を選んで購入することができます。 投資判断がしやすく、値動きが分かりやすい 日経平均株価やTOPIXなどの指数に連動するよう運用されている銘柄も多く、値動きや相場動向が分かりやすいのが特徴です。 簡単にリスク分散できる 連動する指数の構成銘柄(日経平均株価なら225銘柄)に分散投資されるので、一般的に個別銘柄に投資するよりもリスクを抑えられます。 低コストで運用できる 一般的な投資信託に比べて信託報酬や売買委託手数料などの諸費用が安価なため運用コストが抑えられます。 少額資金で始められる 数万円程度から購入することができるため、投資初心者の方にもおすすめです。 リアルタイムで売買ができる 上場商品になるので、株式と同じように取引所の取引時間内ならいつでも売買ができます。相場動向を見ながら指値注文・成行注文、信用取引ができるのも魅力です。

株式や投資信託との違い

ETF上場投資信託
ETF 株式 投資信託
上場の有無 上場 上場 非上場
取引価格 リアルタイムで変動 リアルタイムで変動 1日1回算出される基準価額
取引価格の指定 指値・成行注文が可能 指値・成行注文が可能 基準価額をもとに購入価額が決定
売買手数料 売買委託手数料 売買委託手数料 販売手数料(投資信託や販売会社により異なる)
信託報酬 非上場投資信託と比較して割安(一般的に取引価格の0.1~1%程度 ) なし 一般的にETFより高め(一般的に取引価格の0.5~2%程度)
最小取引金額 数万円程度から 1万円以下から100万円を超えるものまで 1万円前後から
信用取引の可否 可能 可能 不可能
配当・分配金 一部分配金あり
(分配金は課税対象)
元本払戻金(特別分配金)はなし
企業によって配当金や株主優待あり
(配当は課税対象)
銘柄によって分配金あり
(普通分配金は課税対象)
元本払戻金(特別分配金)となる場合あり

ETF(上場投資信託)のデメリットとリスク

規模の小さいETFなどは連動性が低い場合もある 純資産額が小さいETFの場合、ベンチマークとしている指数との連動性が低いことがあります。 上場廃止になる場合もある 取引所が定める上場廃止基準に該当し、上場廃止になる場合があります。

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The ETF上場投資信託 information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to ETF上場投資信託 ETF上場投資信託 be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to ETF上場投資信託 any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to ETF上場投資信託 any U.S. Person as defined under ETF上場投資信託 the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

ETF(上場投資信託)とは

ETFは投資信託でありながら、取引所に上場していることから、投資信託と株式の特徴を併せもっています。

図表2:世界のETF市場の純資産残高推移

図表2:世界のETF市場の純資産残高推移

ETFの主な特徴

代表的な4つの特徴

① 多様性:投資対象はさまざま

  • ETFを通じて投資できる投資対象は株のみならず、債券・不動産・コモディティ・テーマ型など、多種多様。従来投資が難しかった投資対象にも証券取引所を通じて投資することができます。

図表3:ETFで投資できる投資対象のイメージ図

② コスト効率:低くおさえられた保有コスト

  • ETFの経費率は一般的に低くおさえられており、コスト効率が高い投資ツールであるといえます。
  • 経費率は長期的に見るとファンドのパフォーマンスに大きな影響を与えます。

図表4:経費率がパフォーマンスに与える影響

  • 経費率:ファンドに対して継続的にかかる運営経費の合計額をファンドの純資産総額に対する率で表したもの。
  • 上図は各経費率の場合のパフォーマンスの相違を示しています。上記はイメージ図であり、実際の運用成果等を予測あるいは保証するものではありません。各ETFの実質的な経費率については、各ファンド・ページや目論見書等にてご確認ください。

③ 透明性:値動きや保有銘柄が把握しやすい

  • 投資家は、ウェブサイト等でいつもETFの構成銘柄やそのウェイトを確認することができます。
  • 証券取引所に上場しているため、現時点での市場価格を常に把握できます。
  • 主にインデックスの動きに連動するように運用されているため、値動きの把握がしやすいといえます。(iシェアーズETFの価格や保有状況は各ファンドのページでご確認いただけます)

④ 柔軟性:株のように機動的な売買ができる

  • ETFは証券取引所に上場しているので、市場が開いている時間はいつでも取引ができます。
  • 株式と同様、指値注文や成り行き注文など、柔軟な取引ができます。
  • 日中を通じ、連続的に価格がつき、リアルタイムで売買が可能です。

ETFとインデックス運用

インデックスとは

市場・資産クラスの分類 ※ 分類例 ※ 指数の例
市場型指数
大型・中型・小型などの規模別指数
日本株 日経平均価格、TOPIX など
米型・大型株 S&P 500 ETF上場投資信託 など
米型・小型株 ラッセル2000インデックス など
ETF上場投資信託
グローバル指数・地域別・国別指数 先進国・新興国株 MSCI ACWI(オール・カントリー・ワールド・インデックス)など
日本を除く先進国株 MSCI KOKUSAI(コクサイ)など
中南米株 S&P ラテン・アメリカ指数 など
マレーシア株 MSCI マレーシア・インデックス など
グローバル/国別セクター別指数 グローバル・一般消費財 S&Pグローバル1200一般消費セクター指数 など
ETF上場投資信託 テーマ別(スペシャリティ)指数 米国・高配当株 モーニングスター配当フォーカス指数 など
米国・リート/不動産 ダウ・ジョーンズ米国不動産指数 など
テーマ・バイオテクノロジー NASDAQバイオテクノロジー・インデックス など
債券指数 米国・総合 ブルームバーグ米国総合債券インデックス など
米国・ハイイールド債 Markit iBoxx 米ドル建てリキッド・ハイイールド指数 など
新興国・国債 J.ETF上場投資信託 P.モルガン EMBI グローバル・コア・インデックス など
コモディティ指数 コモディティ総合 S&P GSCI トータル・リターン指数 など
ロンドン午後金値決め など

インデックス運用について

  1. ファンド保有中にかかるコスト(信託報酬など)が通常のアクティブ運用の商品に比べて低い傾向がある
  2. 指数の動きに連動するよう運用されるため、値動きやパフォーマンスが把握しやすいなど

国内上場と海外上場

国内上場ETF 海外上場ETF
上場している取引所 国内の証券取引所 (東京証券取引所など) 海外の証券取引所 ETF上場投資信託 (ニューヨーク証券取引所や香港証券取引所など)
取引通貨 円建て 外貨建て
主な投資対象 従来は国内株式を投資対象とするETFが多かったが、外国債券、コモディティなどを投資対象とするETFも増加してきている 外国株式、外国債権、リート、コモディティなどさまざまな投資対象のETFがある
取扱い金融商品取引業者 全国の証券会社 国内の一部の証券会社 ※
信用取引空売り 可能 可能でないケースが多い ※

よくあるご質問

ETFについて

  • ETF(上場投資信託)とは何ですか?

【iシェアーズETFに関して】
iシェアーズETFの記載は、ブラックロック・インク、ブラックロック・ジャパン株式会社を含むそのグループ会社(以下、「ブラックロック」といいます。)が設定・運用等を行う国内上場投信および外国籍ETFであるiシェアーズETFに関する情報を含む投資情報の提供を目的として作成されたものです。本ウェブサイトは、本邦での募集の取扱等に係る金融庁への届出等がされていない海外ファンド等について投資の勧誘等を目的とするものではありません。

「ご投資にかかる手数料等およびリスクについてのご留意いただきたい事項」
本サイトでご紹介するiシェアーズETFにご投資いただく際には、取扱い金融商品取引業者(証券会社等)の定める手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。iシェアーズETFは、連動する指数等の変動により、投資元本を割り込むおそれがあります。なお、iシェアーズETFへ投資をされる場合は、取扱い金融商品取引業者へお問合せいただき、上場有価証券等書面を予め十分にお読みいただき、投資にかかる手数料等およびリスクについてご確認の上、ご自身の判断でなさるようお願い致します。
iシェアーズETFを取引する際に、投資家の皆様が負担する主な費用には下記のものがあります。

[売買時の手数料]
iシェアーズETFを売買する際の手数料は取扱い金融商品取引業者によって定められます。詳しくは取扱い金融商品取引業者までお問い合わせください。また、海外上場のiシェアーズETFの場合には、売買時の手数料の他に、為替の取引や外国金融商品市場等における費用等が別途発生することがあり、これらの費用等はお客様の負担となります。

[保有時の費用]iシェアーズETFの保有期間中は運用管理費用等を間接的にご負担いただきます。保有時の費用の率(総経費率)は個別のETF毎によって異なり、また運用状況や保有期間等に応じて異なることからその上限額を示すことはできません。個別のETFの情報については本ウェブサイトの各ファンドページにてご確認いただけます。

海外ETFとは?

ETFは「Exchange Traded Fund(上場投資信託)」の略です。名称に「投資信託」とあるように、ETFは多数の銘柄を運用しています。
例えば、S&P500と連動することを目標にしているETFは、その指数に採用されている銘柄等から選択・構成されています。また、米国上場のETFは、基本的に1株から購入可能であるため、少額でETFを購入することができます。ビギナーの方でも始めやすく、複数のETFを保有する場合にも適していると言えるでしょう。

merit いつでも売買できる

merit ETF上場投資信託 保有コストが抑えられる

海外ETFの種類

セクター、テーマ

  • 上場市場や投資地域で絞り込むことができます。

ETNとは?

ETFと似た特徴を持つ金融う商品に、ETNがあります。ETNとは「Exchange Traded Note(債券)」の略で、上場投資証券や指標連動証券とも呼ばれます。ETFと同様に特定の指標に連動するように作られていますが、ETFと異なり、「価格が特定の指標に連動することを金融機関が保証する」債券であり、証券に対する裏付資産は保有していません。ETNのメリットとしては、裏付けとなる現物資産を持たないため、幅広い指標に投資が可能である点、また、発行体の金融機関が対象指標とETNの償還価額が連動するよう保証するため、運用に掛かる手数料分を除き、償還価額と対象指標の間のずれ(トラッキングエラー)が発生しない点が挙げられます。

外国株式のリスクと費用について

外国株式等の取引にかかるリスク

レバレッジ型、インバース型ETF及びETNのお取引にあたっての留意点

  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNの価額の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率に一定の倍率を乗じたものとは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。
  • 上記の理由から、レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、中長期間的な投資の目的に適合しない場合があります。
  • レバレッジ型、インバース型のETF及びETNは、投資対象物や投資手法により銘柄固有のリスクが存在する場合があります。詳しくは別途銘柄ごとに作成された資料等でご確認いただく、またはコールセンターにてお尋ねください。

外国株式等の取引にかかる費用

1回のお取引金額で手数料が決まります。
分類 取引手数料
米国株式 約定代金の0.495%(税込)・最低手数料:0米ドル・上限手数料:22米ドル(税込)
中国株式 約定代金の0.55%(税込)・最低手数料:550円(税込)・上限手数料:5,500円(税込)
アセアン株式 約定代金の1.10%(税込)・最低手数料:550円(税込)・手数料上限なし
※当社が別途指定する銘柄の買付手数料は無料です。
※米国株式の売却時は上記の手数料に加え、別途SEC Fee(米国現地取引所手数料)がかかります。詳しくは当社ウェブページ上でご確認ください。
※中国株式・アセアン株式につきましては、カスタマーサービスセンターのオペレーター取次ぎの場合、通常の取引手数料に2,200円(税込)が追加されます。

ETF(上場投資信託)

ETFとは?

ETFとは、日経平均やNYダウなどの株価指数、あるいは、金価格や原油価格などの指標に連動するように投信会社によって運用されている、証券取引所に上場している投資信託です。
「Exchange Traded Funds」の頭文字をとってETF(イーティーエフ)と呼ばれています。

ETFの特長(魅力)

特長① 少額から取引可能
特長② 分かりやすい
特長③ FXの証拠金にも使える

ETFの魅力は、なんといっても少額から取引可能。インデックス型投信を含む一般的な投資信託に比べて信託報酬(運用コスト)が低くなっていることと株式売買と同様の取引手数料(取引コスト)でお取引いただけ、短期投資にも長期投資にも適した商品ともいわれています。
また株価指数等への連動を目的に運用されているため、個別銘柄と比べると投資判断が分かりやすいです。値動きや損益も把握しやすく、株式投資のように銘柄を絞り込む必要もないため、初心者の方でも始めやすい商品です。
もちろん、ETFは代用有価証券サービスの対象ですので、パートナーズFXの証拠金としてご利用いただけます。他社からの株式移管入庫も可能です。
※ ETF上場投資信託 対象銘柄は、当社証券取引対象銘柄に準じます。詳しくはログイン後の証券取引画面からご確認ください。

どんな銘柄?

たとえば、大和証券投資信託委託が運用する「 1320 ダイワ上場投信日経225 」は、日経平均に連動するように設定されており、「 1305 ダイワ上場投信トピックス 」はTOPIXに連動するように設定されています。つまり、このETFを保有することで日経平均採用銘柄全体やTOPIX全体に投資していることとほぼ同じ資産効果が見込める銘柄です。

また、野村アセットマネジメントが運用する「 1570 日経レバレッジ(日経レバ) 」は、日経平均の2倍に連動するように設定されており、「 1357 日経ダブルインバース(日経ダブル) 」は日経平均のマイナス2倍に連動するように設定されている、ETFの中で最も活発に売買されている人気銘柄があります。
これらは、レバレッジ型・インバース型と呼ばれており、日経平均が上がると考えれば「日経レバ」を買い、日経平均が下がると思えば「日経ダブル」を買うことで、日経平均の値動きの2倍やマイナス2倍に連動する資産効果が得られますが、値動きが大きくなりますので、損失も大きくなる可能性があり注意が必要です。

さらに、ブラックロック・ファンド・アドバイザーズが運用する「 1581 iシェアーズ 先進国株 」や「 1582 iシェアーズ エマージング株 」では、それぞれMSCI-KOKUSAIインデックスやMSCIエマージング・マーケットIMIインデックスに連動するように設定されており、世界の経済成長を享受することができる銘柄です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる