外国為替取引を学ぶ

取引上限変更のお知らせ

取引上限変更のお知らせ
モバイルバンキング(注3)からお取引される場合
(注3)フィーチャーフォン(スマートフォンではない携帯電話)を利用したお取引です。 3.振込振替限度額の変更反映日 振込振替限度額の変更反映日をワンタイムパスワードの利用状況に応じて以下のとおり変更させていただきます。

お客さまへのお知らせ・ご注意

銀行等の企業を装い偽のWebサイトを開設し、不特定多数にメールを送信したうえでメールの受信者に偽のWebサイトにアクセスするよう仕向け、そのサイトにおいて個人の金融情報(口座番号、キャッシュカードの暗証番号、インターネットバンキングサービスのIDやパスワード等)を入力させるなどして、個人の金融情報を不正に 入手しようとする行為であり、その情報をもとに金銭をだまし取られる被害が欧米を 中心に広まっています。

a 当行ではお客様に対し、電子メールによりお客様の口座番号やキャッシュカードの暗証番号、インターネットバンキングサービスのIDやパスワード等、個人の金融情報の入力をお願いすることは一切ありません。
また、そのようなWebサイトへの誘導も一切行いませんので、個人の金融情報な どを問い合わせる不審な電子メールやWebサイトにはくれぐれもご注意ください。

b 当行インターネットバンキングサービスは、株式会社NTTデータが運営するANSERサービスを利用していますので、ドメインは「anser.or.jp」となっています。 取引上限変更のお知らせ
振替・振込等の操作時に自動送出される電子メールのドメイン名も同様です。

c 当行ホームページアドレス http://www.akita-bank.co.jp/

5 「振り込め詐欺」等にご注意

「オレオレ詐欺」とは
以前は「オレオレ(俺、俺)」とだけ言って、電話口に出た相手(主に高齢者の方)に身内の誰か(多くは子や孫)と思い込ませ、いろいろ理由をつけて振込を懇願する手口でした。
現在の典型的な手口は、警察官になりすまして、「あなたのご主人(または息子さん)が交通事故を起こし、相手の車に同乗していた妊婦さんが病院に運ばれた。」などと自宅へ電話し、突然の話に驚く家族に「ご主人はショックで話ができない」、「今すぐお金を振込すれば示談にできる。」、「示談が成立しなければ、ご主人はこのまま逮捕され、新聞に名前が載る。」と持ちかけ、お金を振り込ませ騙し取ろうとする手口です。

「架空請求詐欺」とは
ある日突然、「最終通告書」、「不良債権請求督促通達書」、「電子消費者契約通信未納利用料請求最終通達書」などの名称で、有料サイト利用料金または借入金の債権譲渡を受けたので至急連絡してもらいたい、連絡がなければ直接回収に向かう、あるいは強制執行などの法的手段をとるなどと記載したハガキが届きます。
これらは、何らかのリストを元に、手当たり次第に発送されていると考えられ、ほ とんどは身に覚えのないものです。
しかし、少しでも心当たりがあり、記入されている連絡先に一度でも電話をすると、支払わないと大変なことになると言葉巧みに脅し、電話番号を聞き出したうえで執拗に督促を行い、振込させるものです。

b 万一連絡してしまった場合は、毅然として支払いを拒否し、警察に届け出ること を通告する。

「送り付け融資」とは
本人が知らないうちに、本人の口座に少額(数千円~数万円)の振込があり、その 後「あなたの口座に○○円振込みした。△日までに××円(振込の数倍の金額)を返 済しろ。」と電話がかかってきます。返済を拒否しても、執拗に督促や脅しの電話がかかってきて振込を強要するものです。

c 口座番号が知られているため、同様の振込が発生する可能性があるので、当該口 座を解約する。

6 スパイウェアにご注意

お心当たりのない電子メールや不審なフリーソフトにご注意ください
スパイウェアは、電子メールやフリーソフトのダウンロード、不審サイトへのアクセス時に利用者が気づかないままパソコンにインストールされてしまいます。
主な対策方法は以下のとおりです。 ・ お心当たりのない発信元からの電子メールや添付ファイルを安易に開かないよう十分にご注意ください。

  • 見知らぬwebサイトからフリーソフトのダウンロードは行わないでください。
  • 不審なサイトへのアクセスはお控えください。

ウイルス対策ソフトのご利用をお勧めします
スパイウェアに対応している市販のウイルス対策ソフト等をご利用いただき、アップデートのうえスパイウェアが存在しないか定期的にご確認ください。 取引上限変更のお知らせ また、ブラウザやOSについても最新の修正プログラムを適用(Windows Updateを定期的に実行する等)してください。

ログイン後はメニュー画面に表示されるログイン履歴をご確認ください
<あきぎん>インターネットバンキングサービスのメニュー画面には「ご利用履歴」として、お客さまがログインされた日時が表示されます。
お心当たりのないログイン履歴がありましたら、下記ダイレクトバンキングセンターまでお問い合せください。

お取引結果メールを常に閲覧可能な状態にしておいてください
<あきぎん>インターネットバンキングサービスによる取引結果は、ご登録いただいたEメールアドレスに都度お送りしております。
お心当たりのない取引通知を受信されましたら、下記ダイレクトバンキングセンターまでお問い合せください。

取引上限変更のお知らせ

携帯電話のショートメッセージ機能(SMS)を利用した情報配信サービスです。
SMS送信サービスでは、当行に連絡先として携帯電話番号をお届けいただいているお客さまへ、商品・サービスやキャンペーン、セミナー等のご案内をお届けいたします。
なお、当行SMSによる各種ご案内等の詳細は、リンク先の当行ホームページをご覧いただくことになります。

送信元の電話番号

ご注意事項

  • 当行のSMSでは、上記のとおり決められた電話番号以外からは送信いたしません。
  • 当行のSMSは、ログイン情報やパスワード、暗証番号等をご入力いただくことはありません。
  • 当行のSMSに対して返信することはできません。
  • SMSの受信料は無料ですが、受信したSMS内のリンクをクリックした後のインターネット通信料等は、お客さまのご負担となります。

SMSの送信停止について

1.各種事例・注意点

メール配信サービスのご案内

メール配信サービスについて

メール機能を利用した情報配信サービスです。
メール配信サービスでは、当行のスマホポータルアプリにご登録いただいているお客さまへ、商品・サービスやキャンペーン、セミナー等のご案内をお届けいたします。
なお、当行のメール配信による各種ご案内の詳細は、リンク先の当行ホームページをご覧いただくことになります。

送信元のメールアドレス

送信者 送信元メールアドレス
山口FG [email protected]
山口銀行 [email protected]

ご注意事項

  • 当行のメール配信では、上記のとおり決められたメールアドレスのドメイン以外からは送信いたしません。
  • 当行のメールから暗証番号等を聞きとることや、ご入力いただくページへ遷移することはありません。
  • 当行のメール配信に対して返信することはできません。

メールの配信停止について

メールの配信を希望されないお客さまは、下記リンクより配信停止ができます。
※システムの障害発生時等、重要なお知らせについては停止されませんのでご了承ください。
配信停止はこちらから

1.各種事例・注意点

金融機関の職員や警察官を名乗る者によるカード詐欺被害にご注意ください!

  • あなたのキャッシュカードが偽造され、預金が引出されている
  • 銀行員が犯人グループの中にいる
  • 被害は補償できるので、引出された預金は取り戻せる
  • 今持っているキャッシュカードは破棄した方がよい
  • 代わりの者がキャッシュカードを受取りに行く

被害にあわないために

1.各種事例・注意点

「振り込め詐欺(恐喝)事件」にご注意ください!

いわゆるオレオレ詐欺(恐喝)事件

いわゆるオレオレ詐欺(恐喝)事件とは

  • 交通事故を起こした。示談金や修理費が必要。
  • 友達の保証人になった。返済金が必要。
  • 子供ができた。中絶費用が必要。
  • 振込先の銀行口座や郵貯口座を指定し、振込機を使って振り込むように指示したり、銀行の窓口には示談金の話を相談しないように等、指示がある。
    (ただし、最初の電話では送金の請求をしないこともあります)
  • 本人は泣いて話せる状態ではない等と言って、警察官や暴力団員、裁判官、弁護士等を名乗る様々な人物数名が交替で電話に出てくる。

被害にあわないために

    取引上限変更のお知らせ
  • 電話では、必ず最初に相手から名乗らせるようにしてください。
  • すぐにお金を振り込まず、電話を切ってから折り返し電話をかけ、必ず事実を確認してください。(相手が警察官や弁護士を名乗っているときは、相手の所属する警察署や法律事務所を聞き、一旦電話を切ってから、NTTの番号案内【104番】等で調べた電話番号に折り返し電話をかけて確認してください。)
  • 事実が確認できないときは振り込まないでください。

架空請求詐欺(恐喝)事件

架空請求詐欺(恐喝)事件とは

  • 「電子消費使用料」「アダルトサイト利用料」等、何に対する請求か分かりにくいもの。
  • 取引上限変更のお知らせ
  • 「最終警告」「介入通知書」等、法的根拠があるかのような誤認を与えるもの。

被害にあわないために

  • 問い合わせ先が携帯電話番号である。フリーダイヤルも併記してあるがつながらない。
  • 企業からの請求だが、銀行振込先が個人名義である。

融資保証金詐欺事件

融資保証金詐欺事件とは

被害にあわないために

  • いかなる名目であっても、融資を前提に現金を振り込ませることは正規の貸金業者では考えられません。
  • 国の制度として保証協会費を納めると借入金データが抹消される制度はありません。

還付金等詐欺事件

還付金等詐欺事件とは

被害にあわないために

  • 銀行・スーパー等に設置のATMからは、還付の手続はできません!
  • ATMコーナーで、携帯電話をご利用のお客さまには、振り込め詐欺をはじめとする犯罪被害防止の観点から、行員などがお声かけさせていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。

1.各種事例・注意点

インターネットバンキングを悪用した詐欺にご注意ください!

おもな手口

後日、ご自宅にお客様の口座番号や仮確認用パスワードが あらかじめ記入された 利用申込書送付されてきます。

お客様が申込書を記入捺印のうえ郵送された後、銀行からお客様あてに「ご利用開始のお知らせ」が届くころを見計い、再度公的機関を装う者から電話で「還付手続のために パスワード等を教えてほしい 」と言われ回答したところ、直ちにお客様になりすましてインターネットバンキングにより不正な振込みを行うというものです。

被害にあわないために

  • 「契約者番号」、「利用者ID」や「ログインパスワード」は厳重に管理し、第三者に知られることのないよう注意願います。また、ご利用の開始にあたっては「仮ログインパスワード」や「仮取引実行パスワード」を第三者に教えないでください。
  • お客様のお名前や口座番号等が記載されている利用申込書と返信用封筒が郵送されてきても使用しないでください。
    ただし、サービスのご案内のために当行から利用申込書および返信用封筒等をご郵送させていただいたり、窓口にてお渡しすることがございます。その際にお客様のお名前等があらかじめ記載されていることはございませんのでご注意ください。
  • 保証料の還付やリフォーム代金等の返金にインターネットバンキングが利用されることはありません。当行行員や公的機関を名乗る者がお客様のパスワード等を電話や電子メールでお尋ねすることはありません。

受付時間 平日00:00~9:00 17:30~24:00 土日祝日00:00~24:00

1.各種事例・注意点

「スパイウェア」にご注意ください!

「スパイウェア」とは

被害にあわないために

  • インターネットバンキング専用のウィルス対策ソフト「Rapport(ラポート)」を導入するRapport(ラポート)は、当行がインターネットバンキングをご利用のお客様に無償提供するインターネットバンキング専用のウィルス対策ソフトです。
  • OSのバージョンやブラウザのバージョンにより一部機能が動作しないこともございますので、つぎのとおり ご利用環境の確認をお願いいたします 。
    ・Rapportの動作環境はこちら
    ・Windowsのバージョンの確認方法はこちら
  • Rapport(ラポート)のダウンロードはこちら
  • 取引上限変更のお知らせ
  • 利用するパソコンには市販のウィルス対策ソフトを導入し、最新のパターンファイルでご利用されていることを確認してください。
  • 心当たりのない電子メールおよび添付ファイルを不用意に開かぬようご注意ください。
  • 信頼できないプログラムを不用意にダウンロードしたり、実行したりしないようご注意ください。
  • インターネットカフェ等不特定多数の人が利用できる場所に設置されているパソコンを使ってのインターネットバンキングの取引はお控えください。
  • 個人のお客様については、ブラウザからやまぎんインターネットバンキングにログインした際に、法人のお客様については、法人インターネットバンキングにログインした際に前回のログイン日時が表示されます。不審なログイン日時がないか、都度ご確認ください。

受付時間 平日00:00~9:00 17:30~24:00 土日祝日00:00~24:00

1.各種事例・注意点

「フィッシング詐欺」にご注意ください!

フィッシング詐欺とは

被害にあわないために

安全にご利用いただくために

SSL(secure sockets layer)とは

1.各種事例・注意点

「ファイル交換ソフト」の利用にご注意ください!

「ファイル交換ソフト」とは?

被害にあわれないために

  • インターネットバンキングを利用するパソコンでファイル交換ソフト(Winny、share、ライムワイヤー等)を利用しないでください。ファイル交換ソフトの設定を誤ると、パソコン内の重要な情報が流出する惧れがあります。
  • パスワードを他人に知られることのないよう厳重に管理し、パスワード等を記載したファイル(テキスト・ワード・エクセル等)をパソコンに保存することのないよう、十分にご注意ください。

受付時間 平日00:00~9:00 17:30~24:00 土日祝日00:00~24:00

1.各種事例・注意点

「金融機関を偽装して郵送されるCD-ROM」にご注意ください!

被害にあわないために

受付時間 平日00:00~9:00 17:30~24:00 土日祝日00:00~24:00

1.各種事例・注意点

「クレジットカードショッピング枠の現金化」を案内する広告サイトにご注意ください!

1.各種事例・注意点

山口銀行を装ったホームページにご注意ください。

  • 個人インターネットバンキングのお客様はこちら
  • 法人インターネットバンキングのお客様はこちら

2.預金の不正な払出の防止のために

通帳・カード・お届け印等の保管

保管方法は

紛失・盗難の際は

2.預金の不正な払出の防止のために

副印鑑の廃止

2.預金の不正な払出の防止のために

キャッシュカードの暗証番号の管理

お取り扱いできない番号

お取り扱いできない番号 内容
1126 「月日」を使用
4811 和暦における「年月」を使用
1973 西暦を使用
4826 和暦における「年日」を使用

2.預金の不正な払出の防止のために

ATMによる暗証番号の変更手続

2.預金の不正な払出の防止のために

1日あたりのATMご利用限度額の設定

対象カード

ご利用限度額

  • 個人・個人事業主のお客さま 1口座につき1日あたり 50万円
  • 法人のお客さま 1口座につき1日あたり 500万円

1日あたりのご利用限度額の増額または減額

平成29年4月24日(月)から上限額が変更となっております。
上記以前にご利用限度額を200万円超に変更されていたお客さまで、指認証用データ未登録の方は、2019年10月1日(火)をもって200万円に減額しております。
なお、ご自身で一旦200万円以下に減額され、再度200万円を超える金額に設定を希望されるお客さまは、指認証のご登録が必要となります。

  • 減額をご希望のお客さまは、当行ATMで簡単にお手続きできます。
  • ATMご利用限度額の減額設定方法(PDF:71KB)
  • 増額をご希望のお客さまは、お近くのやまぎん窓口に「お届けの印鑑」・「通帳(またはキャッシュカード)」および「本人確認書類(個人のお客さまは運転免許証または官公庁が発行した写真付証明書等、法人のお客さまは商業登記簿謄本等)」をお持ち願います。

お問い合わせ先 預金専用フリーダイヤル 0120-153411

2.預金の不正な払出の防止のために

指認証のご利用について

当行は、平成29年4月24日(月)より指認証、手ぶら取引の取扱いを開始しました。(取扱開始は各店で異なります。)
指認証とは、当行とお客さまとの間の銀行取引について本人であることの確認手段(以下「本人確認」といいます。)の一つとして用いる確認方法です。当行所定の機器、操作およびお手続きによりお客さまの両手の任意の指の指静脈情報を指認証用データに変換して登録します。お客さまが当行所定の機器(ATM・窓口)をご利用された場合、登録された指認証用データと照合することにより、認証を行います。
指静脈は、第三者が真似をすることができないため、指認証を用いて厳正な本人確認を行うことで、本人への成りすまし等の不正な払出しを防止することができます。

インターネットバンキングおよびモバイルバンキングの振込振替限度額上限の変更等について

モバイルバンキング(注3)からお取引される場合
(注3)フィーチャーフォン(スマートフォンではない携帯電話)を利用したお取引です。 3.振込振替限度額の変更反映日 振込振替限度額の変更反映日をワンタイムパスワードの利用状況に応じて以下のとおり変更させていただきます。

4.ご注意事項
ワンタイムパスワードアプリがインストールされた端末(スマートフォンまたは携帯電話)を機種変更する場合や初期化する際、「ワンタイムパスワード利用解除」の操作が必要です。
振込振替限度額を20万円を超える金額に設定されているお客さまが、「ワンタイムパスワード利用解除」を行った場合は、振込振替限度額は20万円に引下がります。
再度20万円を超える振込振替限度額を設定する場合は、「ワンタイムパスワード利用開始」後、「振込・振替限度額変更」から振込振替限度額を変更してください。
※振込限度額変更の反映日は、上記3.をご参照ください。

税金・各種料金の払込み「Pay-easy」(ペイジー)
1.払い込み回数の制限 ワンタイムパスワードを利用されていない場合、インターネットバンキングの「税金・各種料金の払込み」(ペイジー)の民間企業への払込み回数を「1日5回まで」とさせていただきます。
※税金・公金等のお支払い(国・地公体への払込み)およびモバイルバンキングの払込み回数には制限はございません。
2.限度額変更の反映日 「税金・各種料金の払込み」(ペイジー)の限度額変更の反映日を「3日後」に変更させていただきます。

本件に関するお問い合わせ

沖縄県労働金庫 ろうきんダイレクトヘルプデスク
【フリーダイヤル】 0120-885-875
【受付時間】 9:取引上限変更のお知らせ 00~24:00
お電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
※ハッピーマンデー(成人の日・海の日・敬老の日・体育の日)の前日は9:00~20:00となります。
※投資信託の制度・商品に関するお問合せは、平日9:00~17:00となります。
なお、土・日・祝日・12月31日~1月3日はご利用いただけません。

取引上限変更のお知らせ

《よこしん》投信インターネットサービス

    2021.12.01 《よこしん》投信インターネットサービス年末年始の運用休止のお知らせ --> 2022.04.11 《よこしん》投信インターネットサービスゴールデンウィークの運用休止のお知らせ -->
  • 2022.03.04 再投資報告書(兼分配金報告書)の郵送廃止について
  • 2022.01.18 iFree 取引上限変更のお知らせ S&P500インデックスの定時定額契約について
  • 2021.11.22 投資信託の一部販売停止のお知らせ
  • 2020.04.24 「特定口座年間取引報告書」作成の省略および電子交付化対応のお知らせ
  • 2020.03.30 民法(債権関係)改正等を踏まえた預かり資産約款等改定のお知らせ
  • 2020.01.30 《よこしん》投信インターネットサービスの「ご利用環境」を更新しました。
  • 2019.09.30 投資信託 消費税率引上げに伴う「手数料等に関する書面」等に係る手数料率等の変更について
  • 2019.04.18 投信窓販業務における天皇即位に伴う10連休に係るご留意事項についてのお知らせ
  • 2018.12.21 《よこしん》投信インターネットサービス非課税期間終了にかかる年またぎの購入及び解約についてのお知らせ
  • 2018.08.取引上限変更のお知らせ 31 《よこしん》投信インターネットサービス障害復旧のお知らせ
  • 2018.03.05 《よこしん》投信インターネットサービス画面リニューアルおよびスマートフォン対応のお知らせ
  • 2017.06.26 《よこしん》投信インターネットサービス パスワード変更方法の更改のお知らせ
  • 2016.04.15 「マイクロソフト社におけるサーバ証明書の認証強化」に伴う《よこしん》投信インターネットサービスの影響について
  • 2016.取引上限変更のお知らせ 03.02 【重要なお知らせ】 SSLサーバ証明書の「SHA-2」への移行について
  • 2015.11.24 《よこしん》投信インターネットサービス 積立投信の購入可能金額の変更のお知らせ
  • 2015.03.20 投資信託「取引残高報告書」の作成基準変更のお知らせ
他行において、お客さまのパソコンをウィルスに感染させて不正なポップアップ画面を表示し、インターネットバンキングのログインID・ログインパスワード等の情報を入力させて盗み取ろうとする犯罪が発生していますのでご注意ください。
募集/ご購入の上限金額は、1取引あたり99,999,999円となっております。
(同一約定日における同一ファンドのお取引上限回数は3回です。)

Copyright © The Yokohama Shinkin Bank. All Rights Reserved. 商号等:横浜信用金庫 登録金融機関 関東財務局長(登金)第198号 加入協会:日本証券業協会

LINE Pay「利用限度額」の引き上げについて

LINE Pay (2)


※最終更新日:2021年11月29日(月)

このたび、LINE Payの設定を変更することにより、銀行チャージや出金機能の利用限度額がアップできます!
今までの利用限度額は、1日10万円でしたが、2020年1月14日(火)より1日100万円まで上げることが可能になります。

※利用限度額は、アカウントのご利用状況により異なる場合がございます。
※ご利用中のアカウントの各限度額は、LINE Payメインメニュー>設定>アカウントタイプ・利用限度額 からご確認ください。

※三菱UFJ銀行のチャージと出金の限度額は1日10万円までです。
※セブン銀行ATMは出金が1日10万円まで、銀行チャージは1日100万円まで限度額を上げることが可能です。
LINE Payの限度額についてはこちら

《TOPICS》

■利用限度額アップの詳細

1)銀行チャージ

1日100万円まで利用限度を増やすことができます。
LINE Payと連携している銀行全体で1日100万円まで出金可能。

※出金は、1件当たり220円の手数料がかかります。
※セブン銀行ATMは1回10万円まで利用限度額を上げることが可能です。
※三菱UFJ銀行の出金の限度額は1日10万円までです。

3)送金 2020年5月追加

■利用限度額の変更方法

① LINEアプリの「ウォレット」メニュー>LINE Payの残高部分> LINE Payのメインメニュー画面を1番下までスクロールして「設定」をタップ


②「アカウントタイプ」>全部、チャージ、出金を選択し、画面右側にある各機能の設定ボタンをONにする。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる