FXがはじめての方へ

フィボナッチリトレースメントとは

フィボナッチリトレースメントとは
海外FX

フィボナッチリトレースメントとは何ですか?

フィボナッチリトレースメントは、金融市場の行動を予測するために使用される手法です。 フィボナッチ数列またはフィボナッチ数として知られる数列に基づいています。 理論は、このシーケンスが市場の変動とそれを「修正」する方法を反映しているというものです。 一部の情報筋は、フィボナッチのリトレースメントが効果的であると考えていますが、その信頼性は、特に金融アドバイスサービスを販売する人々によって誇張される可能性があります。

フィボナッチ数列は、ヨーロッパに導入した数学者ピサのレオナルドにちなんで命名されました。 名前はフィリウスボナシオの収縮、または「ボナシオの息子」です。 シーケンスは1つの単純なルールに従います。各番号は、シーケンス内の2つの前の番号の合計です。 したがって、シーケンスの最初の10個の数字は0、1、1、2、3、5、8、13、21、および34です。リストを段階的に進めることなくシーケンスを計算するための数式があります。 この式は、いくつかの数学的問題の解決の基礎となります。

フィボナッチリトレースメントの使用は、シーケンスの別の特性に基づいた手法です。 これは、各数値が前の数値の約1.618倍であることです。 むしろきちんと、これはまた、各数字がそれに続くものの61.8%であることを意味します。 同様に、各数字は、シーケンスの2番目の数字の38.2%、3番目の数字の23.6%です。 これらの3つの割合は、フィボナッチリトレースメントでの分析の基礎を形成します。

この手法を使用している人は、追跡される値の極端な高値と低値で始まるグラフをプロットします。これは通常、市場指数ですが、個々の株式である可能性があります。 この最高値と最低値は、分析に使用された過去の履歴の期間に記録された最高値と最低値であり、それぞれ100%と0%としてログに記録されます。 アナリストは、61.8%、38.2%、23.6%のマークを表す垂直線を描画します。 これらの割合は、高値と低値のギャップを指すことに注意することが重要です。 たとえば、上位の数字自体の61.8%を表すわけではありません。

理論では、追跡対象の値が上下に変動する場合、61.8%、38.2%、23.6%のポイントを表す値の1つに達すると、一時的に方向が反転することがよくあります。 場合によっては、一方向の動きの全体的なパターンがあるかもしれませんが、各ポイントに達すると複数の一時的な反転があります。 このパターンの発生は保証されていませんが、ほとんどの分析では、あまりにも頻繁に起こるため、単なる偶然ではないことが示唆されています。 最も一般的な説明は、各ポイント間のギャップは、市場の動きに対する投資家の心理的反応の総体的な効果、特に市場がいつ変わるかを予測しようとする方法を表しているというものです。

フィボナッチリトレースメントとローソク足で売買ポイントを見極める方法!FX初心者におすすめ手法

フィボナッチとローソク足

海外FX

フィボナッチリトレースメントとはどのような手法なのか?

フィボナッチリトレースメント

フィボナッチ数列とは

レオナルドフィボナッチ

フィボナッチとは、実は人の名前で、フィボナッチ数列を発見したイタリア人数学者レオナルド・フィボナッチの名前です。

この数列では、例えば6番目にある8は左隣の5とさらに左隣の3とを足した数字になっています。このようにフィボナッチは規則性を持つ数列となっています。

さらに、ある数字をその3つ右隣の数字で割ると0.236に近い数字になります。これは数字が大きくなればなるほど0.618、0.382、0.236に近づいていきます。 この0.618、0.フィボナッチリトレースメントとは 382、0.236こそがフィボナッチリトレースメントでトレードに応用していく上で重要な数字 となります。

フィボナッチ数列は自然界の意志とは関係なく意識される

かたつむり

フィボナッチリトレースメントとは

フィボナッチリトレースメント応用

フィボナッチリトレースメントの応用

フィボナッチリトレースメントの重要ポイントでは高確率で一旦もみ合いになる

フィボナッチリトレースメントもみ合い

この時、フィボナッチラインで反発することを想定するとはじめに反発するのではないかと意識されるのが、23.6%の110.764円です。このレートに到達した時、フィボナッチが機能しているのであれば一度反発します。ただ、調整下落が終わっていないと考える勢力はさらに売りを浴びせてきます。こうして、 フィボナッチラインの110.764円を背にした買い注文とまだ調整下落は続くとみる売り注文とが交錯してもみ合いとなりやすい です。

一旦、フィボナッチラインでもみ合いになると、その後上昇に転じるのか、更なる調整下落になるのかは結果を見てみないと分かりません。ですから、もし111.00円から売りポジションを持っている場合には一旦利益確定をする目安のポイントとなります。

一方で、ポジションを持っていない人にとってはフィボナッチラインでもみ合うのは絶好のエントリーチャンスとなります。なぜなら、損切りもしやすくなるし、その場合の損失も最小限に抑えることができるからです。

また、一度反発したフィボナッチラインでは、再び反発が起こることが多いので、フィボナッチラインのサポートを背にポジションを持つことができるのです。

フィボナッチリトレースメントの重要ポイント間の値幅を目指す

フィボナッチリトレースメント値幅

このようにフィボナッチリトレースメントをトレードに応用していく際にはフィボナッチラインとフィボナッチラインの間の値幅を取りやすくなります

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる