仮想通貨で儲ける方法は

レバレッジのリスクを解説

レバレッジのリスクを解説
■キャンペーン期間
2022年5月25日(水)7時00分~2022年7月1日(金)6時59分

FXのレバレッジとは?レバレッジの魅力と注意点を解説!

FXのレバレッジとは?メリットデメリット詳しく教えます!

FX

ただ、使い方を誤ると損失リスクが高くなり非常に危険です。

レバレッジとは?|てこの原理

レバレッジ倍率は?|最大25倍まで

日本のFX会社が設定できる最大のレバレッジ倍率は レバレッジのリスクを解説 25倍 です。

レバレッジのメリットデメリット

レバレッジのメリット

  • 少額資金でトレード可能
  • 資金効率が上がる

少額資金でトレード可能

資金効率が上がる

資金効率とは、得た利益額に対する投入資金の金額と費やした時間の割合のことです。

レバレッジのデメリット

  • ハイリスクのトレードになる
  • 相場急変で大きな損失を被る可能性が高い

ハイリスクのトレードになる

相場急変で大きな損失を被る可能性が高い

特に、FXには ロスカット (後述します)という制度があり、ポジションを強制決済され、証拠金を一気に損なってしまう可能性があります。

ロスカットとは?|強制決済ルール

ロスカットとは?米ドル/円の買いポジションをレート100で10,000通貨持っている時

レバレッジ利用の際の注意点

レバレッジ利用時の注意点

  • ポジションを持ちすぎない
  • 証拠金に余裕を持たせる
  • 実効レバレッジを意識する

ポジションを持ちすぎない

証拠金に余裕を持たせる

実効レバレッジを意識する

レバレッジという言葉には、最大レバレッジ実効レバレッジの2つの意味が存在します。これまで解説してきたレバレッジは、前者の最大レバレッジの方をを指します。

レバレッジを活かせる取引手法|スキャルピング

効率の良い取引方法 スキャルピング

数ある取引手法の中で、レバレッジを最も効率よく活かせる取引手法といえば、 スキャルピングトレード が当てはまります。

レバレッジ倍率の設定ができるFX会社

レバレッジ設定が出来るFX会社

  • MATSUI FX
  • 楽天証券
  • マネックス証券

MATSUI FX|1通貨から取引が可能

MATSUI FXは、松井証券が運営するFX会社です。松井証券は証券会社の中でも老舗中の老舗で、知名度はとても高いです。

MATSUI FXの特徴は、最低通貨単位が1通貨になっている点です。

会社名 選べるレバレッジ倍率 特徴
MATSUI FX1・5・10・25倍1通貨から取引が可能

楽天証券|楽天ポイントとの連携

楽天証券の魅力は、大手ポイントサービスの楽天スーパーポイントとの連携が利用できる点です。10万通貨の取引をするごとに1楽天スーパーポイントが付与されます。

日本初!ビットコインSV (BSV)の取扱い開始に関するお知らせ

フォビジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:関 磊、以下「フォビジャパン」)は、暗号資産 ビットコインSV (BSV) の取扱いを6月中旬より開始することをお知らせいたします。

暗号資産名:ビットコインSV (Bitcoin SV / Bitcoin Satoshi Vision )

【ビットコインSVの概要】

  1. 名称:ビットコインSV (Bitcoin SV)
  2. 暗号資産コード:BSV
  3. 発行元:クレイグ・ライト氏ら
  4. URL(外部サイト):https://bitcoinsv.com/

【ビットコインSVとは】

【暗号資産ご利用の際の注意】

  • 暗号資産は、円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使⽤することができます。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまったりと、損失を被る可能性があります。
  • 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録済みの暗号資産交換業者です。
  • 暗号資産の取引を行う場合、当社から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。

【レバレッジ取引に関するリスク説明】

【リスク警告】

フォビジャパン株式会社(Huobi Japan inc.)

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる