FXトレーダーブログ

ファンダメンタルズ分析(FA)とは

ファンダメンタルズ分析(FA)とは
一般的に言われていることです。
株価は景気や業績動向の先行指標なのです。
株価は業績を半年から一年早めに織り込んでいくので、景気指標や業績がピークに達する前に株価はピークに達するのが普通です。実際の景気の波と株価の波は違うのです。
株価は業績を半年から一年早めに織り込んでいくので、業績がピークに達する前に株価はピークに達して、そこからは業績が悪くなくても下落を始めるのです。

仮想通貨のファンダメンタル分析ガイド

ハッシュレートは、プルーフ・オブ・ワークにおける仮想通貨ネットワークの健全性を示す指標としてよく使用されます。ハッシュレートが高ければ高いほど、51%攻撃を成功させるのは難しくなります。しかし、時間の経過とともに増加しているのは、安価な経費と高い利益の結果として、マイニングへの関心が高まっていることを示しています。逆に、ハッシュレートが低下すると、ネットワークを確保しても採算が合わなくなり、マイナーがオフラインになること (「マイナー投売り」) を意味します。

マイニングの全体的なコストに影響を与える要因としては、資産の現在の価格、処理された取引の数、支払われる手数料などが挙げられます。もちろん、マイニングの直接的なコスト (電気代、計算能力) ファンダメンタルズ分析(FA)とは も重要な考慮事項です。

プロジェクトメトリクス

ホワイトペーパー

  • 使用されている技術 (オープンソースであるか?)
  • 目的とするユースケース
  • アップグレードと新機能のロードマップ やトークンの供給と流通の仕組み

トークンエコノミクスと初期流通枚数

もう1つの重要なポイントは、資金をどのように配分したかということです。ICOやIEOによるものなのか、それともユーザーがマイニングで稼ぐものなのかどちらでしょうか? 前者の場合、ホワイトペーパーには、創業者やチームのためにいくら残すか、投資家にいくら提供するかの概要を記載します。後者の場合は、アセットの作成者がプレマイニング (発表される前にネットワーク上でマイニングすること) を行っている証拠を探すことができます。

フィナンシャルメトリクス

時価総額 (またはネットワークバリュー) は、循環供給量と現在の価格を掛け合わせて算出されます。基本的には、(スリッページがないと仮定して) 利用可能な仮想通貨資産をすべて購入するための仮想的なコストを表しています。

流動性とボリューム

取引量は、流動性を判断するための指標となります。これはいくつかの方法で測定することができ、一定の期間内にどれだけの価値がトレードされたかを示すものです。一般的に、チャートは1日の取引量 (ネイティブユニットまたはドル建て) を表示します。

供給メカニズム

ファンダメンタル分析の指標、測定基準、ツール

メトリクスを組み合わせてFA指標を作成

コインA

コインB

時価総額

トランザクション回数 (6ヶ月)

平均取引額 (6ヶ月)

アクティブアドレス (6ヶ月)

アクティブアドレスは、2つの商品を比較しても、何の意味もありません。確かに、コインAの方がコインBよりも過去6ヶ月間にアクティブなアドレスが多かったと言えますが、それは包括的な分析とは程遠いものです。この数字は、時価総額とどのように関連しているのでしょうか? あるいはトランザクション数とはどのように関連しているのでしょうか?

より賢明なアプローチは、コインAの統計データに適用できる何らかの比率を作成し、コインBの統計データに適用した同じ比率と比較することです。そうすれば、それぞれのコインの個別の指標をやみくもに比較することはありません。その代わりに、コインを独立して評価する基準を作ることができます。

例えば、時価総額とトランザクション数の関係は、時価総額だけよりもずっと分かりやすいと判断するかもしれません。その場合は、時価総額をトランザクション数で割ることもあります。コインAの比率は5、コインBの比率は0.125となります。

この比率だけを見ると、計算される数字が少ない分、コインBの方がコインAよりも本質的な価値が高いと考えられるかもしれません。これは、コインBの時価総額に対して、トランザクション量がはるかに多いことを意味しています。そのため、コインBの方が有用性が高い、あるいはコインAが過大評価されているようにも見えます。

これらの見解は、投資のアドバイスとして解釈されるべきではありません。– これは単に、私たちが大きな絵の一部を描く方法の一例です。プロジェクトの目的やコインの機能を理解していないと、コインAのトランザクション数が比較的少ないことがプラスに働くのかマイナスに働くのか判断できません。

仮想通貨市場で人気を博している似たような比率に、NVT比率があります。アナリストのWilly Woo氏による造語で、ネットワーク価値対トランザクション率は、「仮想通貨世界の株価収益率」と呼ばれています。簡単に言えば、時価総額(またはネットワークの価値)を取引額で割ったものです (通常は日足チャートで表示されます)。

主要FA指標とメトリクス

ネットワークバリューとトランザクション率 (NVT)

株式の分析に使われる株価収益率を聞いたことがあるならば、ネットワークトランザクションバリュー指標 (日次) は同様の分析を行うことができます。これは、コインの時価総額を1日のトランザクション量で割ったものです。

市場価値対実現価値比率 (MVRV)

この数字は、現在そのコインが過大評価されている可能性を示しています。2014年 (約6のMRVR) と2018年 (約5のMRVR) の2回の大きなBitcoin売却の前に見ることができます。値が低すぎて1を下回る場合は、市場が過小評価されていることになります。このような状況は、購買圧力が高まって価格が上昇するため、購入のポイントとなるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる