バイナリーオプション講座

おすすめFX本

おすすめFX本
人気ベストセラーの最新作!10万円でデビューするためのホントのやり方大公開! マンガとわかりやすい図解ですぐできる超実践的なトレード手法を解説!勝ってる先輩トレーダーたちも、ゾロゾロ登場。投資手法や具体的なアドバイスもバッチリ公開しています! 引用:めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版

FXトレードにおすすめの本はコレ!人気の投資書籍5選

FXトレードにおすすめの本はコレ!人気の投資書籍5選

最初に紹介するFXトレードにおすすめの本はコレ!人気の投資書籍5選は松下 誠「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳」です。 おすすめFX本
FXを始めた人は、トレードで得られる利益の想像に夢を膨らませるかもしれません。しかし、本当にイメージするべきは利益ではなく「損失」です。リスクをマネジメントしてから投資を始めるのが安全で確実なトレードのスタイルといえます。著者の松下誠氏はリスク管理やトレードルールの重要性を常に説いており、堅実なトレード方法を学ぶのにはうってつけの著者です。本書ではFXの始め方からチャートの読み方まで、初心者にもわかるようにしっかり解説されています。FXを始めるなら最初に読んでおきたい一冊です。

松下 誠「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳」

■井上義教「FXチャートリーディングマスターブック」

井上義教「FXチャートリーディングマスターブック」

■キャシー・リーエン「FXデイトレード・スイングトレード」

キャシー・リーエン「FXデイトレード・スイングトレード」

■ひろぴー「Billion trader(億トレーダー)ひろぴーの読むFX単行本」

次に紹介するFXトレードにおすすめの本はコレ!人気の投資書籍5選はひろぴー「Billion trader(億トレーダー)ひろぴーの読むFX単行本」です。
トレードで億単位の金額を稼ぎ出す「億トレーダー」。近年では「億り人」とも呼ばれ話題になっています。そんな億トレーダーの一人ひろぴー氏がFXについて書いた本が「Billion trader(億トレーダー)ひろぴーの読むFX単行本」です。本書では、会社員が兼業でトレードを行うコツや、FX初心者が相場でカモにされない心構えなど、自身の経験を活かしたトレードテクニックが読みやすい文章で書かれています。また、自動注文発注サービスを利用した「トラッキングトレード」についても解説されているので、自動売買のシステムトレードに興味があればぜひ読んでみることをおすすめします。

ひろぴー「Billion trader(億トレーダー)ひろぴーの読むFX単行本」

■マーク・ダグラス「ゾーン 相場心理学入門」

最後に紹介するFXトレードにおすすめの本はコレ!人気の投資書籍5選はマーク・ダグラス「ゾーン 相場心理学入門」です。
アメリカで投資顧問会社の代表を務める著者による相場心理学の指南書が、この「ゾーン」です。トレードにおいて本当
に大切なのは、知識でもテクニックでもなく、どんな状況にも動じず自分のトレードを貫けるメンタル「投資マインド
」の強さにあります。この本ではトレーダーの目指すべき心理状態やトレードに対する心構えについて詳しく書かれて
おり、FXのみならずどんなトレードにも使える投資マインドの育て方がわかる一冊です。

マレーシアでFXを始める方法!おすすめのFX業者と口座開設手順

マレーシアでFXを始める方法!おすすめのFX業者と口座開設手順

GMOクリック証券のQ&Aページ

GMOクリック証券

DMM.com証券のQ&Aページ

DMM.com証券

マネーロンダリングの防止や税制の違いなどから、マレーシアで日本のFX業者を利用することはできないので注意が必要ですよ!

マレーシアに拠点を持つFX業者を利用する

マレーシアはFXの利益が非課税

つまり、マレーシア在住者はいくらFXで稼いでも税金について心配する必要はありません。

マレーシア在住者におすすめのFX業者

マレーシア在住者におすすめのFX業者
海外FX業者
XM Global
安全性・信頼性 とても高い
取引できる銘柄為替・貴金属・株価指数
エネルギーなど
レバレッジ 最大888倍
取引ツール MT4・MT5
ボーナス あり
おすすめ初心者~
ホームページ 口座開設する
マレーシア在住者におすすめのFX業者

結論、 マレーシア在住者にはXM Global(エックスエムグローバル)が最もおすすめ です!

XM Globalの特徴とメリット

  • 利用するトレーダーは190ヶ国・500万人以上。
  • 審査がとても厳しいイギリスとキプロスの金融ライセンスを保有している。
  • 口座開設すると3,000円分のボーナスを受け取ることができる。
  • 3,000円分のボーナスでFXを始めることができるので、自己資金を入金する必要がない。
  • 日本円や米ドルを元手にした取引や入出金に対応している。

マレーシア在住者がXMを利用する最大のメリットは、 口座開設するだけで3,000円分のボーナスをもらえる ところです。

【2022年】FX初心者におすすめの本!読むべき人気の入門書からチャート分析の勉強まで

人気ベストセラーの最新作!10万円でデビューするためのホントのやり方大公開!

マンガとわかりやすい図解ですぐできる超実践的なトレード手法を解説!勝ってる先輩トレーダーたちも、ゾロゾロ登場。投資手法や具体的なアドバイスもバッチリ公開しています!

引用:めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版

はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール

本書では、まず『FX(外国為替証拠金取引)』について、仕組みや魅力、リスクについて説明。

その後は、「儲けていくためにはどんなことに気をつけ、どういった分析力を磨いていけばいいのか?」「儲けるために役立つ市場の特徴にはどのようなものがあるのか?」などについて説明していき、今後の相場展開を読む分析力の向上を図ります。

最後に「では、実際に投資するにあたり、資金をいかに管理していくべきか?」「どういったスタイルで取引していくべきか?」という投資戦略について説明していく流れになっています。

引用:はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール

超ど素人が極めるFX

30年勝ち続けたプロが教えるシンプルFX

テクニカル分析入門、為替チャート勉強本

先物市場のテクニカル分析

「テクニカル分析の大きな力の一つは、その普遍性にある。時間、市場環境を問わずに適用ができる。日計りのトレーディングにも、数年にわたるトレンド分析にも有効なのがテクニカル分析である。
金・石油・大豆等の伝統的商品先物にも、通貨・金利・株式先物指数等の金融先物にも利用できる。また、テクニカル分析をもってすれば市場間あるいは国際間の境界線を渡ることはいとも簡単である」(本書序文より)

著者の言葉どおり、本書は日本語版の刊行から四半世紀を経た今日でもトレーダー達のバイブルとして熱烈な支持を受け続けている。

テクニカル分析の基本理念、チャートの描き方をはじめ、チャート・パターン、出来高と建玉、移動平均、オシレーター、ポイント・アンド・フィギュア・チャート、エリオット・ウェーブ、サイクル理論等、チャート分析に必要なノウハウを、やさしく、そして長年にわたり市場で揉まれてきた正確でこなれた邦訳によってわかりやすく解説する。

引用:先物市場のテクニカル分析

移動平均線の新しい読み方

ゴールデンクロス、デッドクロス

移動平均線とは?使い方と手法と長期・中期・短期のパーフェクトオーダー

FXチャートリーディングマスターブック

「FXはチャートで勝つ!」と断言する著者が、ローソク足や移動平均線など基本的な5つのツールだけで相場の行く末を見極める方法を、実際の事例でわかりやすく丁寧に解説。

「始値と終値、どちらが大切?」「移動平均線の本当の意味は?」など分かりやすい文章を読み進めるうちに効果的なトレード戦略が自然と身につく!

引用:FX チャートリーディング マスターブック ~為替のプロが実践する本当に勝てるワザを大公開!

チャートがしっかり読めるようになるFX入門

トレーディング上達のカギは群集心理を理解することである。

本書には、戦略として古典的なチャート分析、オシレーター分析についても、群集の心理状態と共に解説してある。

引用:投資苑 おすすめFX本 - 心理・戦略・資金管理

手法や相場知識を学ぶ参考書

ウォールストリート・ジャーナル式経済指標読み方のルール

世界一の経済規模を誇り、世界経済のハブ(中心軸)になっているのは、何といっても米国です。

日本の経済は、米国の経済の好悪によって、多大な影響を受けています。日本の株価は、米国の株価に連動して上下に動くケースがほとんどです。

そこで、米国の経済がどのように動いているのかが、「この指標さえチェックしていればわかる」という本はないのだろうか、という話になります。本書『ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール』は、まさにそうした本だといえるでしょう。

引用:ウォールストリート・ジャーナル式 経済指標 読み方のルール

FX経済指標まとめ!重要度やカレンダーのおすすめサイトなど徹底解説【保存版】

FX経済指標まとめ!重要度やカレンダーのおすすめサイトなど徹底解説【保存版】

経済指標を知らずにFXしてると大火傷します! FXの重大イベントの一つである経済指標。 ここでは経済指標とはなんだ?というところから、どの指標が重要なのか、どう見ればいいの…

高勝率トレード学のススメ

最高のトレーダーは、勝算があると思ったときにだけトレードを行う。

本書では、低確率な状況と高確率な状況とを見分け、高確率な状況下でのみトレードする方法を紹介する。多くのトレーダーの弱点と陥りやすい過ちを指摘するだけにとどまらず、こうした欠点を理解し克服することでそれらを有利に活用する方法についても解説する。

引用:高勝率トレード学のススメ

デイトレード

全米最強のトレーダー養成機関「プリスティーン」が、勝者のセオリーを初公開!デイトレーダーとして株式相場で成功するための心構えを凝縮した一冊です。

最大の特徴は、皆が本当は気付きつつも忘れてしまいがちな事を、表現を変えながら執拗に繰り返し述べている点。本書によって、迷いの罠から逃れ、より信念を持って売買できるようになります。

例えば、「株式を取引するのではなく、人を取引する」という教訓。多くの初心者が、一つひとつのトレードに必ず相手がいることを認識していない。問題は「どちらが、より賢いのか」という点であり、マーケットの機微を知って、賢い側に立てるように鍛えるアドバイスをします。

引用:デイトレード

FXデイトレード手法

FXデイトレード手法!1時間足で勝つシンプルなやり方とコツを公開します

FXスキャルピング

プロのスキャルピングの世界をFXトレーディングの初心者でも分かりやすく掘り下げて紹介した手引書。

日中のトレード戦略を詳細につづり、多くの70ティックチャートとともに読者をスキャルピングの世界に導いてくれる。

引用:FXスキャルピング ――ティックチャートを駆使したプライスアクショントレード入門

FXスキャルピング手法!1分足、5分足で月100万円稼いでいるコツと勝ち方

ラリー・ウィリアムズの短期売買法

FXスイングトレード手法!日足で年収1000万円の利益を出すコツ

この記事では、5年通算で約7,おすすめFX本 000万円の利益を出し、現在も法人としてFX取引している私が、スイングトレードのノウハウの全てをお伝えします。 ヒロセ通商「LION FX」にて年間1000…

図解でわかるランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて

No.1為替ディーラーが伝授するインターバンク流FXデイトレ教本

著者の相場予測法のポイントは「マーケットのポジションの傾き」から相場の動きを読み取るところにあるが、そのために
①当日の朝に前日までの情報(ファンダメンタルズ、テクニカル)を一定の手法によって整理し、
②当日(東京時間)の売買の方向性(売りか買いか)を決め、
③仕掛けと利食い、損切りの価格ゾーンを設定して実際に取引を行なう、
という一連の手法は、一般の個人投資家も十分に活用できるノウハウとなっている。

引用:インターバンク流FXデイトレ教本

FX会社を適当に選んでは損をする

スキャルピング、デイトレード、スイングそれぞれの手法にあったベストなFX業者を選ばないと、結果的に損をするだけでなく、トレードの上達も遅くなる可能性があります。

FX口座おすすめランキング!初心者向け業者比較【プロトレーダー監修】

FX口座おすすめランキング!初心者向け業者比較【プロトレーダー監修】

資金管理、心理・メンタル管理本

ゾーン 相場心理学入門

トレードに成功するために不可欠な「ゾーン」といわれる心理状態に達するための方法を説いた指南書。

抽象的な精神論ではなく、トレードという目的に沿った解説なので説得力がある。一貫して勝つためには、どんな投資手法を用いようとも、「ゾーン」は不可欠な心理状態である。

投資をこれから始める人にも役に立つが、何回かトレードで痛い目をみたことがある人、壁にぶつかってしまったと感じているトレーダーにとってきわめて有益な1冊といえる。

引用:ゾーン — 相場心理学入門

システムトレード基本と原則

本書は勝者と敗者を分けるトレーディングの原則について明確に書いている。

トレーディングは異なるマーケット、異なる時間枠、異なるテクニックに基づく異なる銘柄で行われるが、成功しているトレーダーには共通項がある。それこそが、トレーディングで成功するための普遍的な原則である。

マーケットや時間枠、テクニックにかかわりなく、一貫して利益を生み出すトレーダーたちは全員、それらの原則を固く守っているのだ。トップトレーダーであるブレント・ペンフォールドによる革新的な本書の内容とは……。

引用:システムトレード 基本と原則

投資で一番大切な20の教え

本書は成功した投資家が教える投資のノウハウ本ではありません。著者が強調するのは投資の難しさです。

しかし、その難しい投資の世界で市場に40年以上にわたって勝ち続けてきた著者が語る哲学に満ちた本書は、投資の基本書として古典となりうる珠玉の名言に溢れています。

市場の見方、リスクの捉え方、市場コンセンサスとは別の見方をする「逆張りの思考法」、ミスプライシングが起こる非効率市場の見つけ方など、根本的かつ重要な投資哲学が1冊に!

おすすめFX本

引用:投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識

利食いと損切りのテクニック

売りは大きく2つのタイプに分けられる。「手仕舞い売り」と「空売り」だ。

手仕舞い売りには、目標値での利食いや、許容リスクでの損切りや、途中での見切りの3つのケースがある。仕掛けたトレードが全勝するわけでない以上、どの場合にでも適切に対応することが、運用資金の安定した上昇には求められる。

そして空売りをマスターすることで、トレード機会が単純に2倍になる。初心者は空売りを知らず、ただ恐れる。しかしプロは、価格の下落からも売買益を享受しているのだ。とはいえ、マーケットの天井と大底が同じ性質というわけではない。また、上昇トレンドと下降トレンドが同じ性質というわけでもない。株価は上昇するときよりも下落するときのほうが足が速い。

本書は、こうした「売りの世界」について、深く掘り下げており、さまざまなアイデアを提供してくれる。しかも、2007~2009年の“超”弱気相場での具体的なトレード例が満載されており、そこからも多くの貴重な教訓が得られるはずだ。

さらに、内容の理解度をチェックするため、全115問の確認テストと詳細な解説も収められている。

引用:利食いと損切りのテクニック

伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術

カリスマ・トレーダー、リチャード・デニスとウィリアム・エックハートが教育した常勝投資軍団「タートルズ」。

ほとんどのメンバーが未経験だったにもかかわらず、わずか2週間の研修プログラムによって、マーケットで次々と巨額の利益をあげていった。

当時19歳の最年少タートルだった著者も、わずか4年で3000万ドルを稼ぎ出す。

一体彼らは、どんな手法を伝授されたのか?業界を席巻しながらも、多年秘密のベールに包まれてきた“タートル流”の全貌を、軍団の最高エリートが初めて明かす。

引用:伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術

相場の読み物

マーケットの魔術師

アメリカのトップトレーダー(=マーケットの魔術師)たちが語る成功の秘訣を書き、話題となった『Market Wizards』の翻訳書。

トレードは、経済活動における最終・最大の未開拓分野であるとともに、個人が少ない資金を元手に億万長者になれる数少ないチャンスの1つである。

もちろん、最終的にはひと握りの個人だけがこの離れ業に成功するのだが、そのチャンスを身近なものにするための方法や、トレーディングで自己の限界を超えたいと悩んでいる人たちに、解答なりヒントを与えてくれるのが本書である。

引用:マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣

FXトレーダーの大冒険

ベインズの経験を通して、読者は破滅的な損失を回復させる方法、フルタイムのトレーダーに転向する方法、そしてトレードについて家族と語り合う方法を学ぶだろう。

また、ベインズの冒険を追っていくことで、チャートの上手な使い方や正しい分析の仕方、さらに効果的にトレードを実行する方法なども知ることができる。そして何よりも、大きな利益を生み出し、それを維持する方法も学ぶことができる。

技術的な要素と啓発的な要素を合わせ持った本書は、ほかに類を見ないFXトレードの手引書であり、この分野で成功するための確かな足がかりを読者に提供してくれる。

引用:FXトレーダーの大冒険

世紀の相場師ジェシー・リバモア

この物語をおもしろくしているのは、リバモアが市場で大胆な勝負をしかけ、巨額の利益を上げていくシーンの数々である。著者はその緊迫した投機的株取引の世界を見事に描きだしている。

象徴的なのは、1929年の世界恐慌でのこと。主力銘柄の株価に「過熱し過ぎ」のサインを見たリバモアは、市場トレンドの変化を確信し、一気に「空売り」を開始する。経済環境は順風満帆、相場は強気一辺倒のなかでである。

ひとり流れに逆行するリバモアは、周囲から狂気の沙汰とさえ受け止められる。が、やがてブラックマンデーが到来。大暴落した市場で株を買い戻したリバモアは、1億ドル以上の利益を得る。

著者はリバモアを描くなかで、なぜこのような読みが可能だったのかに迫っている。

引用:世紀の相場師ジェシー・リバモア

ソロスは警告する おすすめFX本 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ

今日のサブプライム危機は、さらなる巨大バブルの序章に過ぎない!!
伝説の投資家が警告する「最悪の経済危機」とは?

●本書のおもな主張
1:現在の景気後退は、単なる「アメリカの住宅バブル崩壊」以上のものである。
2:現在のサブプライムバブルは、はるかに大きな「超バブル」のわずか一部分に過ぎない。
3:今年末までに、一九二九年の大恐慌と比肩するほどの「超バブル」が崩壊するであろう。
4:アメリカ・ドルを国際基軸通貨とした信用膨張の時代が終焉を迎えようとしている。
5:この「超バブル」は、これまでの信用膨張の飽くなき肥大化(支配的なトレンド)と、市場原理主義という支配的な誤謬とによって生み出され、強化されてきた。
6:長年にわたって筆者が主張してきた「再帰性理論」を用いれば、現在のバブル崩壊の過程を有る程度まで正しく認識することが可能である。
7:「経済エンジン」としてのアメリカは間違いなく衰退化する。新しいエンジンとして中国・インドおよび中東が期待される。

引用:ソロスは警告する 超バブル崩壊=悪夢のシナリオ

FX初心者から中級者へおすすめ本 ランキング

テクニカル分析とはずばり、過去の値動きをチャートで表して、そこからトレンドやパターンなどを把握し、今後の株価、為替動向を予想するものです。チャートは取引(投資行動)の結果としてできたものであり、過去にも似たようなパターンがあれば、将来も同じようなパターンになる可能性が高いと予測します。
引用元:マネックス証券https://info.monex.co.jp/technical-analysis/column/001.html

世界一やさしい FXチャートの教科書 1年生

こちらは FX初心者におすすめのテクニカル分析本 です。

元メガバンク為替ディーラーの現役投資家が、FXチャート分析について基礎から実践まで体系的にまとめた内容になっています。

ずっと使えるチャート分析の基本

テクニカル分析のなかでも 「値動き」と「 ローソク足」 にフォーカスして論理的に説明 されています。

色々なインジケーターの前に、基本であるシンプルな値動きがわかればトレードでは安定して勝てるようになる。そんなシンプルFXを求めるならおすすめの一冊です。

【勝率87.5%】鉄壁FX Kindle版

秒や分でバリバリ稼ぎたいタイプの人には向いていませんが、 兼業トレーダーやのんびりチャンスを待ち回数は少ないけれど勝率高く利益を積み重ねていきたい方。また短期売買のトレードスタイルで結果が出せていない人におすすめ です。

FXファンダメンタルズ分析編

【ファンダメンタルズ分析とは】

相場の大きな方向性を掴むために景気動向、金融政策、財政政策等の変化が市場全体にどのような影響を及ぼすのかを分析するものです。また、個別銘柄を選定するために、ニュース、決算説明書類などを読んで、企業収益が、増えるか減るか、増え方や減り方はどのくらいか、それは一時的か、恒常的か、将来は?などの分析に対して、現在の株価が高いか、安いか、を判断する方法です。現在は、ネット上で簡単に、ファンダメンタル指標(PER,PBRなど)も入手することが可能なため、以前よりは個人投資家でも分析が容易になりましたが、さまざまな情報や専門的な知識が必要であり、労力が非常にかかることがファンダメンタル分析のデメリットです。
引用元:マネックス証券https://info.monex.co.jp/technical-analysis/column/001.html

でも ファンダメンタルズがわかると、世界の動きに敏感になるし、日常生活視点も変わりすごく面白い です。

イチからわかる!FXファンダメンタルズの読み方・使い方

著者はトレーダーでもありますが 「 どの指標を使いどのようにファンダメンタル分析を行っているか 」という具体的なファンダメンタルの手法まであり、丁寧でとてもわかりやすい 内容です。

ずっと稼げるロンドンFX

初心者には少し内容が難しいかもしれませんが、 経験談からの具体的なアドバイス もあり勉強になります。

本気で稼ぎたい人のためのFXファンダメンタルズ分析の教科書 永久保存版

Kindle unlimitedで読めるので、概要を理解したいと思う方にはおすすめです。基本用語や 重要な経済指標の説明も簡潔にありわかりやすい内容 になっていておすすめです。

FXメンタル編・相場心理編

わたしは個人的には、 いくら勝てる手法を手にしてもそれを使いこなせるFXメンタルがないと意味がない と思うので、メンタルが一番大切と思っています。相場に感情を揺さぶられてしまっては、その手法がいくら素晴らしくても使いこなせる器がなく結果は散々になってしまいますからね。

最もFXの結果に繋がる分野の一つ、FXメンタルに関してのおすすめ本は以下です。ぜひ以下の本を読むことで、 強固な「勝ち体質」の土台 を作ってくださいね。

ゾーン 相場心理学入門

感情面・心理面でトレードに自信がない方、相場の考え方や向き合い方を学びたいかたにはおすすめの一冊です。

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術

デイトレーダーとして相場で成功するための心構えが凝縮されています。同じことを何度も別の角度から繰り返し伝えてくれるので、読み終わった時には彼の伝えたいことへの理解が自然と刷り込まれた感がありました。

負けない技術 20年間無敗、伝説の雀鬼の「逆境突破力」

この桜井さんの「負けない技術」はわたしがものすごく感銘を受けた本です!彼は将棋士でトレーダーではないのですが、彼の考え方はすべてのことに通じる「本質」で、こういう考え方・洞察力を持って生きていればどんなことでもうまくいくだろう、と感じました。

個人的にものすごくおすすめの本です。 「人生で一度は読んだ方が必読書」 と強く思います!

FXで自己啓発 自分を知り自分らしく成幸するためのFXのススメ

「FXで自己啓発」は日常のふるまいとFXトレードでのふるまいをリンクさせて書いているので、「なるほど!確かに!」という気づきが必ず得られ、それを 日常にも相場にも活かせる と思いますよ。

FXおすすめ本 まとめ

FX初心者さんなら迷うことなく「FX入門編」を読んでFXを理解することが先決です。FXをやったことがある、FX中級レベルだけど成績を改善するためにもっと相場を学びたい、という方はその他の分野で 今必要なカテゴリーのものから1冊をピックアップ して読まれるといいと思います。

今、「FXをこれから始めたい」「FXを始めたけどまだ初心者レベルで勝てていない」という方に向けて 「FX初心者が裁量でトレードスキルを身につけるための1ヶ月集中無料レッスン」を現在準備中 です。

おすすめFX本・書籍(FX入門・初心者からシストレまで)

勝ち組FXトレーダー スペシャルインタビュー

11人の個性的な専門家がそれぞれの得意分野において外国為替とはどういったものなのかを書いてます。講師陣は外為どっとコム関係の方々です。ファンダメンタル分析からテクニカル分析まで幅広いです。トレードする上でどこに注目すべきなのか写真やイラストで分かりやすく解説しています。重要箇所は黄色のペンマーカーがされてあり、講師陣の言いたいことが一目瞭然です。一見すると初心者向けのようにも見えますが、所々レベルの高いことも書いてあり、参考にできる箇所もいくつか見つけることができるはず。
一部、外為どっとコムの口座を持っていないと見られない情報とかもあります。特に「外為注文情報」なんかはそうでしょう。それ以外は一般的なFXに関することです。
重要な箇所だけを簡潔にまとめて教えてくれる、まさに予備校のような本です。

めちゃくちゃ売れてる投資の雑誌ザイが作った 10万円から始めるFX超入門 改定版

マンガでまるっとわかる! FXの教科書

「これからFXを始めてみようと思うが、なにからやればいいの?」「まずは基本を身につけたいけど、どの本を読めばいいのだろう?」
そんな方にぴったりなのがこの本です。「マンガでまるっとわかる!」ということで、マンガやイラストをふんだんに使ってわかりやすく説明してくれます。しかも全ページカラーで見やすい!
FXの“教科書”となってますが、学校の教科書のような堅苦しさはなく、やさしく丁寧に分かりやすさ重視の構成になってます。これを読んで難しいということはないでしょう。中学生が読んでも理解できる内容です。重要な点だけをギュッとまとめてあります。

オススメFX会社10選は、外為どっとコム(外貨ネクストネオ)、GMOクリック証券(新FXネオ)、JFX(MATRIX TRADER)、DMM.com証券(DMM FX)、外貨ex byGMO、セントラル短資FX(FXダイレクトプラス)、SBI FXトレード(SBI FX TRADE)、マネーパートナーズ(パートナーズ FX nano)、ヒロセ通商(LION FX)、外為オンライン(外為オンラインFX)となってあり、選び方も参考になるはずです。ぜひ当サイトと一緒に見て、自分に合った口座開設をしてほしいと思います。

はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール

ズバリわかる! FXチャートの読み方・使い方

私のFXバイブル

FXの基本・FX初心者

投資苑 - 心理・戦略・資金管理

30年勝ち続けたプロが教えるシンプルFX

プロとして長年活躍されてきた方が書かれた本です。ディーラーとしての体験談は非常に興味深いものがあります。長く勝ち続けるのも大変だったに違いありません。
トレードの手法としては大きく2つ公開されてます。一つは一目均衡表とRCIを使った手法。もう一つはディナポリ・チャートを使った手法です。これを読んですぐにトレードしても勝てるかどうか疑問ですが、検証を続けることで自分の手法として落とし込むことによって勝率がアップすると思います。参考にできる部分は多いです。
そしてオプションの話が出てきます。オプションがどこにあるのか当然一般投資家には分かりませんが、著者の経験則からどうやってオプションを意識してトレードすることができるのかを提示してあります。なかなか難しいとは思いますが、オプションという存在も気にしないといけないものだと感じました。
本では専門用語、横文字が連発しますが、本の最後に解説集があります。どれも知っていて損はないです。さらにネットを使って用語を掘り下げてもいいかと思います。1冊の本だけではなかなか理解できない部分があるはずです。自分で調べていくのがFXで成功するための常套手段です。この本からは新しい知識とトレードのアイディアを提供してくれます。あとはどう自分のものにしていくかでしょう。

岡安盛男のFX攻略バイブル

FX短期売買の教科書

FX プロの定石 仕掛けから、利乗せ、ナンピン、手仕舞いまで

著者は銀行でディーラーとして活躍をし、現在はFX業者などを通じて為替相場レポートを配信をしている方です。ブログでは相場分析を無料公開しています。
本の中身は、まず最初に為替とはどういった世界なのかを説明してます。トレードする前の心構えで、大事な基本です。次にエントリーのポイント、エグジットの考え方と方法、ポジション操作についてを具体的な例を出して解説してます。ロウソク足、移動平均線、ポイント&フィギュア、ボリンジャーバンドとあります。移動平均線も相場認識するための期間をはっきりと示しています。どの期間でやればいいのか迷っている人には参考になりそうです。他の本では初心者にはお薦めしないナンピンもこの本には書かれてあり、メリット・デメリットを理解すれば決して禁じ手ではないという考え方です。プロだから言えることです。
そしてプロのテクニックも公開しています。公開するということはすでに知られていることなのかもしれませんが、知らない人にとっては有益な情報となるでしょう。
「「どうなるか」ではなく「どうするか」に集中する」、まさにトレーダー自身がどうするのか決断するための「プロ」基準を惜しみなく公開した本。真似できるところは真似したい。

メンタル系

ゾーン ― 相場心理学入門

マーケット分析を質量ともに向上させたとしても、トレードの難しさは解決できず、一貫した結果は残せないことを証明する。
自分の姿勢と「精神状態」がはっきり結果となって表れることを納得させる。
勝者の心構えを確率するために必要な具体的信念と姿勢について説明し、確率的思考法を教授する。
実際はそうではないのに、一般のトレーダーが確率的に考えていると確信する原因となっているさまざまな葛藤、矛盾、逆説を扱う。
この思考戦略を心のシステムに取り入れ、本当に機能させるまでの手順を解説する。
この本では「一貫性」という言葉がよく出てくる。ただ勝ち続ければいいかというとそうではない。大事なのは負けたときだ。トレードに勝ったことで狂喜乱舞し、負けたことで阿鼻叫喚する、それでこれから先何年も続けることができるだろうか。相場は先のことは分からない。勝つときもあれば、負けるときもある。その不安定さの中から一貫したものを身に付けたときに「ゾーン」に達したと言える。そのゾーンに一歩でも近づくためにはどうすればいいのかが書かれてある本である。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる