仮想通貨のメリット

ダウ理論とは

ダウ理論とは

上記の図のように、
高値と安値がその前の高値と安値よりも切り上がっている状態がアップトレンドです。

ダウ理論とは

ダウ理論はアメリカのダウ・ジョーンズ社の創立者、リチャード・ダウ(Charlz H.Dow)氏
が、19世紀末に『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙に寄稿した論説から
考案された分析法で、テクニカル分析の元祖とも呼ばれています。
リチャード・ダウ氏は、もともとニューヨーク証券取引所での相場に関する記事を担当して
いました。その経験から1882年にダウ・ジョーンズ社を設立してニュースレターを配布、
それが発展して、後に「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙となっています。

ダウ理論は、発表当初は主に株価分析に利用されていましたが、やがて、ダウ理論が持つ
汎用性から、商品先物、為替、個別の株価銘柄でも、利用されるようになりました。
そのダウ理論は6つの法則で構成されています。

ダウ理論の6つの法則

1.主要トレンドは3段階からなる

ダウ理論3ステップ

トレンドは長期投資家、中期投資家、短期投資家の動向によって3段階で構成されます。
上の図では、緑色が短期投資家が形成した移動平均線、オレンジ色が中期投資家が形成した
移動平均線、そして赤色が長期投資家が形成した移動平均線です。

第1段階:買いが集まるエリア
「もう下がらないだろう」と考える長期投資家が徐々に底値買いをしている段階。

第2段階:トレンドが形成されるエリア
第1段階の価格上昇を確認して、「そろそろ上がるだろう」と考える中期投資達が
追随している段階。トレンドが形成され、価格はゆっくりと上昇します。

第3段階:相場が天井をつけるエリア
価格上昇を見続けていた短期投資達の参加も相次ぎ、価格が急激に上昇する段階。
「まだまだ上がるだろう」と考える人の参加が続く裏側で、長期投資家、
中期投資家たちの利益確定の売りが出始め、価格は上昇するが、上げ幅は小さくなり、
やがて暴落していきます。一般投資家たちが高値掴みをしやすい段階です。

ダウ理論3ステップ2

相場には、いろいろな時間のチャートを使う投資家が参加しています

長期投資家は長期移動平均線を作り、中期投資家は中期移動平均線を作る。
そして短期投資家は短期動平均線を作ります。
短期投資家の売りは、中期投資家の押し目エリアを作りますし、中期投資家の売りは、
長期投資家の押し目エリアを作っています。
ダウ理論の主要トレンドは、この3者の心理状態を反映して形成されます。

※※※
多くの相場参加者がいる事を(つまり、相場の環境を)、よく理解しましょう。
自分だけが相場にいるように錯覚すると、思わぬところで「ポジション」を
持ったり、「損切り」をかけたり、まだ伸びるのに、さっさと「利食い」をしたりと、
混乱した売買をしてしまいます・・・

2.トレンドは出来高でも確認されなければならない

ダウ理論・出来高

ダウ理論ではトレンド状態の判断材料として出来高を重視しています。
上昇トレンドの場合、出来高は価格上昇に伴って増え、天井圏では減少。
下降トレンドの場合、出来高は価格下落に伴って増え、底値圏では減少との考え方をします。

3.明確な転換シグナルが発生するまで、トレンドは持続する

ダウ理論・トレンド

ダウ理論では、この法則が一番有名です。今日のトレンドフォローのテクニカル手法は
「明確なトレンドの転換シグナルが確認されるまでは、現在のトレンドは継続する」
という、この法則を大前提としています。

ダウ理論・トレンド2

ダウ理論は、一度トレンドが形成されると、
上昇トレンドでは、波を描きながら、高値切り上げ・安値切上げを繰り返します。
同様に下落トレンドでは、波を描きながら、高値切下げ、安値切下げを繰り返します。
トレンドが継続しなくなるとは、そのパターンが崩れた時をいいます。

FXは、トレンドが発生しやすく持続が続く相場ですので、ダウ理論は大変マッチ
していると言えます。

4.3種類の長期トレンドがある

ダウ理論・長期トレンド


長期トレンドには、次の3種類があるとされています。

1.主要トレンド
1年~数年にわたる長期的なサイクル
2.2次トレンド
主要トレンドの調整局面とされ3週間~3か月ぐらい継続する中期的なサイクル
3.小トレンド
2次的トレンドの調整局面とされ、3週間以下の継続するサイクル

5.2つの株価平均でシグナルが確認されなければいけない

ダウ理論・ダブルシグナル

1種類の株価平均だけでは判断に誤りが生じるので、2つ以上の株価平均で
シグナルを確認するとのことです。
1つのシグナルが確認よりも、複数のシグナルを確認することによって、
明確で信頼度の高いトレンド分析が出来るとの事です。

ダウ理論の弱点
ダウ理論はテクニカル分析の基礎ですが、シグナルが確認できるのが少し遅い
という欠点があります。その為、移動平均線、ボリンジャーバンド、RSI等の
テクニカル指標とあわせて活用する事が必要になります。

6.すべて市場価格に織り込まれる

ダウ理論・全て含む

ダウ理論の基本スタンスは「価格はすべての事象を織り込む」というものです。
つまり、天候リスク、戦争、経済指標などファンダメンタルな要素を含め、
全てが「チャートの価格」に織り込まれているという事になります。

空白 bar

FX攻略コンテンツ


FXブログ・コンテンツ

グランビルの法則
ダウ理論
エリオット波動
フィボナッチ係数
マルチタイムフレーム分析
移動平均線分析
ボリンジャーバンド分析
MACD分析
サポートライン
レジスタンスライン
ネックライン
切り上げ・切り下げライン ダウ理論とは
移動平均線とMTFの時間軸
FX相場の用語集
FX注文形式と使い方
FXブログ・カテゴリーリスト

FX攻略ブログチャート

上昇起点チャート(4H)
上昇押し目チャート(4H)
下降起点チャート(4H)
下降戻り売りチャート(4H)

ダウ理論とは?6つの法則と上昇トレンド・下降トレンドの定義を解説

FX、ダウ理論、アイキャッチ画像

FX分析方法

ダウ理論を構成する 「6つの法則」「上昇トレンドと下降トレンドの定義」 は、多くのFXトレーダーが分析に活用しています。

また、 ダウ理論はすべてのテクニカル分析の基礎 であり、さまざまな手法で取り入れられています。

ダウ理論 6つの法則

ダウ理論は、以下の6つの法則から成り立っています。

1.平均はすべての事象を織り込む

第1の法則となる 「平均はすべての事象を織り込む」 とは、言葉のとおり「すべての出来事はチャートに織り込まれている」= 「チャート上の値動きだけ分析すれば充分」 であることを意味します。

2.トレンドは3種類に分類される

ダウ理論では、 主要(ダウ理論とは 長期)トレンド二次(中期)トレンド小(短期)トレンド の3つにトレンドを分類しています。

FX、ダウ理論、主要トレンド、二次トレンド、小トレンド

短期、中期、長期のうち 「どのトレンドに沿って利益を狙うか」を決めてトレードしましょう。

3.主要トレンドは3段階から成る

ダウ理論では、 「主要トレンドは3段階から成る」 といわれています。

FX、ダウ理論、先行期、追随期、利食い期

先行期(第1段階)
投資家が底値買いをする時期。緩やかな上昇が見られる。

追随期(第2段階)
先行期の緩やかな上昇に反応した投資家が買いを入れ、市場全体がその動きに追随し、価格が大きく上昇する。

利食い期(第3段階)
トレンドの最終段階。価格上昇をとらえた素人や初心者投資家も参入するためさらに価格は上昇する。
一方で第一段階、第二段階で買いを入れていた投資家達の利確(決済)が加わることで、やがて上昇トレンドは終了する。

そのため、 ダウ理論とは トレンドの勢いがつき始めた追随期でポジションを持つと、利益が伸ばしやすくリスクも少ないトレードが可能 です。

4.平均は相互に確認されなければならない

FXの場合は、株のように銘柄はありません。
しかし、 複数通貨監視している場合は相 関・逆相関の考えを用いて通貨ペアを観察し、動きが分かりやすい通貨を選び出すことが可能 です。

USD/JPYが弱気 (下向き) 、EUR/USDが強気 (上向き) 、EUR/JPY (上向き) が強気だったとします。

USD/JPYが弱気 (下向き) =ドルに対して円が強い=USD<JPY となります。

同様に、EUR/USDが強気 (上向き) =EUR>USD、EUR/JPY (上向き) =EUR>JPYということが、わかります。

上記から ダウ理論とは EUR>JPY>USD という関係性が導き出されます。

なぜなら、 1番強い通貨×1番弱い通貨のペアは通貨の強弱差が大きく、動きが読み取りやすい からです。

5.トレンドは出来高でも確認されなければならない

6.トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

なぜなら、「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで続く」ではなく、 「トレンドが反転しているところに明確な反転(転換シグナル)が確認できる」 からです。

上昇トレンドと下降トレンドの定義

ダウ理論において、 上昇トレンドは「高値と安値がそれぞれ切り上がっている」下降トレンドは「高値と安値がそれぞれ切り下がっている」 と定義されています。

FX,ダウ理論、上昇トレンド、下降トレンド

  • 上昇トレンド=高値と安値がそれぞれ切り上がっている
  • 下降トレンド=高値と安値がそれぞれ切り下がっている

ダウ理論を用いたトレード(具体例)

FX、ダウ理論、トレード例、上昇トレンドの発生

前章で説明したとおり、「上昇トレンド=高値・安値ともに切り上げている」です。
つまり 上昇トレンドが続いている限り、高値と安値は切り下がりません。

相場が 上昇トレンドの場合は、買いエントリーすることが主な戦略 です。

そして、買い戦略では少しでも有利な位置でポジションを持つ為に、 押し目買い(相場が上昇している局面で、一時的に下がったタイミングで買いを入れること) が基本となります。

FX、ダウ理論、トレード例、陽転、エントリー

上のチャートの 緑線 で囲っている部分をご覧ください。

上昇トレンドが発生した 1度目の高値付近まで相場が下降し、陽線で確定 しています。
これを 「陽転」 といいます。

FX、ダウ理論、トレード例、利確

利確は、 チャートの左側( 過去 )から算出 しましょう。

ダウ理論を意識することでトレードスキルがUPする

ダウ理論の中でも「6つの法則」は覚えておきたい項目です。
また、さまざまなテクニカル分析の手法で取り入れられる 「上昇トレンドと下降トレンドの定義」は、特に重要 です。

ダウ理論とは?FXでの手法と使い方

チャールズ・ダウ


19世紀アメリカの証券アナリストであった「チャールズ・ヘンリー・ダウ」氏が提唱した理論です。
(チャールズ・ダウ氏の名前からとってダウ理論と呼ばれています)

ダウ理論

為替相場の値動きには、様々な要素が関係していますが、
一度「上昇」もしくは「下降」というトレンドが始まったら、
それを反転させる現象がおきないかぎり、相場は「上昇」もしくは「下降」を続ける。

  • 主要トレンド:1年~数年のサイクル
  • 二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル
  • 小トレンド :3週間未満のサイクル

ダウ理論

言葉にするとなかなか理解が難しいですが、
ダウ理論の概念内容をきちんと理解しておくことで、
FXトレードのチャート分析において相場状況の大局を判断しやすくなります。

FXにおけるダウ理論の使い方

明確な反転基準をチャート上に持ち、
それを根拠にトレードのエントリー理由にしていくのは、
ダウ理論に基づいて勝率をあげる要因になります。

FXでのトレードでは、ダウ理論によるエントリー根拠は、
世界中のFXトレーダーの指針のひとつとなっており、
参考にすべき重要なテクニカルのひとつと言えます。

ダウ理論に基づくトレンド

アップトレンドの定義

アップトレンド定義


上記の図のように、
高値と安値がその前の高値と安値よりも切り上がっている状態がアップトレンドです。

このようにキレイにすんなりと高値更新していかなくとも、
一旦プルバックで下降したとしても「押し安値」を切らないで上昇すれば、
アップトレンド継続とみます。

ダウントレンドの定義

ダウントレンド定義


安値と高値が連続して切り下がっている状態がダウントレンドです。

上記のようにキレイにすんなりと下値更新していかなくとも、
一旦プルバックで上昇したとしても「戻り高値」を切らないで下降すれば、
ダウントレンド継続とみます。

レンジ相場の定義(ダウ崩壊・トレンド無し)

レンジ相場


一定の値幅の中で上下するのがレンジ相場です。

トレンドの発生

アップトレンド発生


(「アップトレント」になっていますが、気にしないでください)
高値と安値を連続して切り上げることで、アップトレンドの発生と見ます。

ダウントレンド発生

「押し安値」を下抜けて、
その後「戻り高値」を上抜けずに更なる安値を形成すると
ダウントレンド発生となります。

(「ダウントレント」になっていますが、気にしないでください)

一度形成されたトレンドは、「押し安値」「戻り高値」を更新しない限り継続します。
当然タイムフレームの時間足ごとにトレンド状況は異なります。

ダウ理論によるエントリー方法

ダウ理論は終値が重要視される

一旦価格を抜けたとしても、チャート上でヒゲとなって価格が戻してしまい、
ロウソク足実体部分(終値)は価格を抜けれずに、
結局戻されて「騙し」となることも多々あるからです。

ヒゲ騙し

以下は、ドル円の1時間足チャートでのヒゲでの騙し例です。(画像クリックで拡大)
ダウ理論とは
一旦価格を抜けてもヒゲで騙しとなって反発したとなると、
逆に売買の攻防に反対側に決着がついたと市場参加者の多くが判断し、
ダマシが入った反対方向に価格が動いていくことがままあります。
(上記のヒゲの騙し例画像も、ヒゲ騙し後に反対方向に相場が動いてます。)

ダウ理論は基本的に「終値」を重要視します。
完成されたロウソク足チャートでダウ理論上のトレンド判断をしていくのが基本となります。

ダウ理論で終値によるトレンド判断方法(FXトレードのやり方)解説動画

ダウ理論での終値の重要性を解説した動画です。
完成したロウソク足でトレンドを判断していきます。

ダウ理論を理解するために

FXダウ理論タイムフレームごとトレード手法での判断方法解説動画

上記の動画コンテンツは、ダウ理論をどういったやり方でFXトレードに使っていくかを解説したものです。
(反転トレードとトレンドフォローの手法を例にして解説しています)

ダウ理論によるトレンドは、
各タイムフレーム(時間足)ごとに存在していますし、
ダウ理論によるトレンド状態から、
どういったトレード手法を使っていくかで変わっていきます。

相場の値動きの特徴を「6つの基本法則」で説明!暗号資産でも使えるダウ理論とは?

Uptrend


この原則はチャートの値動きに基づいており、転換シグナルが出るまではそのトレンドが続くという意味です。上昇トレンドの場合は、高値と安値を切り上げているかどうかが、トレンド継続の判断材料となります。反対に下降トレンドの場合、上値と安値を切り下げる動きとなります。

③ダウ理論はチャートで描くとわかりやすい

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 ダウ理論とは / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 ダウ理論とは by 中島 翔 (全て見る)

  • 初心者が円安相場で儲ける方法は?円安の理由やGMOクリック証券でのトレード方法も解説 - 2022年6月10日
  • 2022.6.10 マーケットレポート【ECB11年振りの利上げへ】 - 2022年6月10日
  • エントリー時に注目すべきイベントは?雇用統計やGMOクリック証券でのトレードの仕方も解説 - 2022年6月9日
  • Coincheck NFT(β)で取り扱いが開始されたDecentralandのLANDとは? - 2022年6月9日
  • 2022.6.9 マーケットレポート【クロス円上昇を止めるものはいないか】 - 2022年6月9日

おすすめの仮想通貨取引所は?

コインチェック

コインチェック

17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

GMOコイン

GMOコイン

全9種類のテクニカル指標、6つの注文方法が利用できるアプリを提供する仮想通貨取引所!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

アルトコインレバレッジ取引に強み!19種類の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

仮想通貨・ブロックチェーンの最新ニュース

  • 2022/6/10Coincheck NFT(β版)、新たに「Otherdeed(NFT)」の取り扱いを開始
  • 2022/6/10GMOインターネットグループ、Web3ベンチャーを支援するVC設立へ
  • 2022/6/102022.6.10 マーケットレポート【ECB11年振りの利上げへ】
  • 2022/6/9研究開発支援に用いられるコレクティブNFT - Microbes NFTとは?
  • 2022/6/9ビットバンク、国内初となるポリゴン(MATIC)の取り扱い開始へ
  • 2022/6/92022.6.9 マーケットレポート【クロス円上昇を止めるものはいないか】
  • 2022/6/82022.6.8 マーケットレポート【RBAが予想外の利上げへ】
  • 2022/6/72022.6.7 マーケットレポート【ドル円は132円台を突破するか】
  • 2022/6/62022.6.6 マーケットレポート【良好な雇用統計を受けて株式市場が反落】
  • 2022/6/32022.6.3 マーケットレポート【金融引き締めへの警戒が緩和】

関連記事一覧

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

ダウ理論①~価格は全ての事象を織り込む~

記事

「ダウ理論」について

ダウ理論とは

ダウ理論 とは、すべての相場の分析をする上で役に立つ

相場理論 です。

6つの原理があります。

ダウ理論とは

基本原則1「価格は全ての事象を織り込む」

・企業の業績や経済状況

・投資家の売買

その 投資家たちがどう感じたか、どう行動したか 、も

ダウ理論とは チャートの値動きさえ見れば、全てがわかる

何よりチャートの テクニカル分析が投資において大事 ダウ理論とは

そういう人たちは経済指標で稼いでいます

あくまでも テクニカル 分析 が大事 となってきます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる