FX取引データ

種類や初心者におすすめの指標、基本的な手法を紹介

種類や初心者におすすめの指標、基本的な手法を紹介

種類や初心者におすすめの指標、基本的な手法を紹介

今日はスイングトレードをご紹介します。

トレード期間はだいたい2・3日から2週間で、数日間単位で取引を完結させる短期売買のことを言います。

そんな忙しい人にも使えるのがこのスイングトレードです。

19:スキャルピングとは

今日は、スキャルピングについてお話したいと思います。

スキャルピングとは、デイトレの手法でわずかな利幅狙って短い時間で売買を繰り返す取引方法になります。

スキャルピングの長所としては、数秒から数分で取引が行われるため必然的に取引回数が増え、その点から、高い利益率を誇ることができます。

第一の短所としては狙う利幅がわずかと言うことと取引回数が多いという点においてスプレットがトレード結果に大きく影響するという点です。

第二の短所としては、取引はチャートに張り付く必要があるという点です。

18:デイトレードとは

今日はデイトレードについてお話します。

また、デイトレードは一般的に短く「デイトレ」ともいい、デイトレードを取り組んでいる投資家のことをデイとレーダーと呼びます。

動いても1円から2円ほどです。

そんなデイトレードの長所はと言うと、突発的な状況の変化に強いと言うことが上げられます。

短所としては、まず、短い期間での取引きという事で、チャートを見れる環境でなければ取引ができないということです。

この様なデイトレードですが、一般の個人投資家に人気があるのも、その収益性にあります。

17:フォワードテストとは

16:バックテストの注意点

バックテストの注意点は3つ

・テクニカルは後付になる。

・スプレット

・手法の統一

・テクニカルは後付になる。

・スプレット

・手法の統一

15:バックテスト

バックテストとは過去のデータを使ってあるトレード戦略を実行した場合、どの程度のパフォーマンスが得られたかをシミュレーションする」ことで、手法の「検証」の一つになります。


システムトレードの実践において、このバックテスト作業は必須といえる。


「移動平均線のゴールデンクロスで買いサインを出し、10%上がったら売りサインを出し、買った値段から5%下がったら損切り」

FX初心者には過去のチャートを遡って手動で行うバックテストがお勧めです。

14:裁量トレードとは

今日は裁量トレードについてお話します。

裁量での取引とは、明確なルールは設けずに、ファンダメンタル分析、テクニカル分析、経済ニュース、銘柄の個別データ、雑誌、新聞などのありとあらゆる判断材料を使い、有益な手がかりをもとに取引者本人の経験や感覚を独自の理論を使ってトレードをする方法のことです。

その点、自分自身の判断が全てになる裁量トレードでは一つの判断ミスが取り返しの付かない多大な損失を生む切欠となってしまうこともあります。

変化する為替相場で「勝ち組」と呼ばれる億単位の利益を上げているトレーダーの多くは取引ルールに独自の裁量を加えているが、現状ではほとんどの裁量トレーダーが利益を上げることに苦戦を強いられているのは事実です。

ドコモのdポイント投資とは?初心者必見!おすすめの運用方法を解説

投資に少し興味があるという方は、ドコモのdポイントでおこなうdポイント投資をはじめてみませんか? 「本格的な投資に挑戦して現金がいきなり減ったら怖い…」と迷っている方にもおすすめです。 dポイントは、dカードやd払いによる支払いで金額に応じて進呈されます。たまったdポイントはdポイント加盟店でのショッピングや、ドコモのケータイ代金のお支払いなどにつかえるので毎月の節約にもなります。 dポイントをつかうのではなく、もっと増やしたいという方には、dポイントを運用するdポイント投資がぴったりです。面倒な手続きは不要で、初心者でも手軽に運用できます。気がつかないうちにたまっていたdポイントや、すぐにつかう予定のないdポイントがある方はぜひ試してみてください。

    種類や初心者におすすめの指標、基本的な手法を紹介
  • ためたdポイントで投資ができる?「dポイント投資」とは?
  • ドコモの「dポイント投資」はどうやってはじめればいいの?やりかたとコツを解説
  • 上級編!dポイントのおまかせ運用とは?詳しく解説
  • ドコモの「dポイント投資」のテーマ運用とは?どうやって選べばいいの?
  • ドコモと連携した「THEO+ docomo」とは?「米国大型株」を利用するための条件
  • ドコモの「dポイント投資」をはじめる5つのメリット!
  • ドコモの「dポイント投資」を運用するときの注意点は?
  • ドコモの「dポイント投資」は初心者の方も簡単に体験できる!

ためたdポイントで投資ができる?「dポイント投資」とは?

たまったdポイントのつかい道に!所有しているdポイントで投資をする

ドコモではdポイントを利用して投資ができるサービスを提供しています。投資というと、たくさんの資産を元にして運用するイメージがあって不安に感じませんか?ドコモの「dポイント投資」なら、dポイントを運用ポイントに交換して投資を行うので、現金をつかう必要がありません。

dポイント投資

dポイントの上手なためかたは?お金をかけずに投資でdポイントを増やせる?

電気やガス、水道、インターネットなどの固定費を口座引落としにしていませんか?固定費にかかる料金をdカードの支払いにまとめると、dポイントが自然とたまっておトクです。あわせて以下の特典も用意されていますので、チェックしてみましょう。

【dカード】家計まるごとdカードのお支払いがおトク!

また、普段のお買物でd払いの支払い方法をdカードに設定すると、d払いのポイントとdカードのポイントを二重ドリできます。

たまったdポイントを家計の節約につなげたい場合は、ドコモの「dポイント投資」をはじめてみませんか?dポイントを投資運用することで、お金をかけずにdポイントを増やせる可能性があります。毎日の生活でdポイントをためて、ドコモの「dポイント投資」をはじめましょう。

ドコモの「dポイント投資」はどうやってはじめればいいの?やりかたとコツを解説

dポイントで投資をはじめてみたい方は、ドコモの「dポイント投資」公式サイトにアクセスしましょう。

dポイント投資

ドコモの「dポイント投資」は誰でもできる?はじめかたは?

ドコモの「dポイント投資」は、dアカウントがあればドコモユーザー以外の方もすぐにはじめられます。スマホやパソコンから操作が可能です。

dポイントで運用をスタート!選べる2種類のコースとは?

ドコモの「dポイント投資」は、「おまかせ運用」と「テーマ運用」の2種類に大きく分けられ、同時運用も可能です。

ポイントの運用スケジュールを把握するのがコツ!

dポイント投資で交換(追加/引出)したポイントは、すぐには運用ポイントに反映されないので、運用スケジュールを確認しましょう。反映や更新はコースによってタイミングが異なり、土日祝の更新・反映はありません。

注文スケジュールについて

dポイントの運用状況はどうやって確認すればいいの?

投資をはじめると、運用ポイントがどうなっているか気になりますよね。「dポイント投資」の公式サイトにログインすると、運用状況や運用可能なdポイント数のほかに、過去の運用状況も確認できます。

ドコモの「dポイント投資」のおトクなキャンペーンをチェック!

実施中のキャンペーン

上級編!dポイントのおまかせ運用とは?詳しく解説

「株式会社お金のデザイン」の投資信託と連動

おまかせ運用のポイントは、「株式会社お金のデザイン」によって設定・運用される投資信託の基準価格と連動しています。

運用ファンド一覧

2種類のコースから選択可能

アップダウンがあってもリターンが高い投資を目指したい方には、アクティブコースがおすすめです。リスクを低くしてリターンを安定させたい方は、バランスコースが向いています。

ドコモの「dポイント投資」のテーマ運用とは?どうやって選べばいいの?

8つのテーマからコースを選択

テーマ運用は、興味を持っている分野のテーマに投資できるのがメリットです。投資初心者の方には難しく感じるかもしれませんが、身近なものをイメージしてみましょう。
たとえば、「生活必需品」は小売業や生活必需品メーカーの株式に、「ヘルスケア」は医薬品開発やバイオテクノロジーに優れている企業の株式に投資できます。

人気の投資テーマ「クリーン・エネルギー」

ドコモと連携した「THEO+ docomo」とは?「米国大型株」を利用するための条件

「THEO(テオ)+ docomo」は、「株式会社お金のデザイン」が提供する資産運用サービスです。テーマ運用の「米国大型株」は「THEO+ docomo」の口座開設が完了している方のみが利用できます。

ドコモと連携しているので、資産額に応じたdポイントを毎月もらえるのがメリットです。ドコモ回線ならもらえるポイントは1.5倍なのでおトクですね。ほかにも、dカードのおつりを積み立てたり、ドコモ口座からワンクリックで入金したりできます。

THEO+ docomo

ドコモの「dポイント投資」をはじめる5つのメリット!

1.初心者でも簡単に投資をはじめられる

dポイント投資は持っているdポイントではじめることができ、口座の開設や本人確認書類の準備などの手続きが必要ありません。情報取集や調査が面倒という場合も、dポイントを入れるだけでおまかせ運用ができるので、初心者でも簡単にトライできます。

2.投資の勉強をしたい方におすすめ

本格的な投資に興味があるけれど、実際に運用するまでには至らないという方は少なくありません。dポイント投資は気軽にはじめられるだけでなく、投資を通して勉強できるのもメリットのひとつです。ポイント投資サイトで楽しく学びながら知識を深められます。

3.現金のリスクや手数料がないのであんしん

本格的な投資は現金が減るリスクが伴いますが、dポイント投資は現金不要なのであんしんです。日常の生活でためたdポイントをつかって、100ポイントからスタートできます。また、dポイント投資には手数料もかかりません。

4.つかわないポイントを失効させずに活用できる

たまったdポイントをつかわずに放置していませんか?dポイント投資ならつかう予定のないdポイントを増やせる可能性があります。有効期限が過ぎるとdポイントは失効してしまうので、失効する前にdポイント投資に活用するのがおすすめです。

5.運用ポイントはdポイントで引出し可能

dポイント投資の運用ポイントは、いつでもdポイントに交換して引出せます。運用ポイント1ポイントはdポイント1ポイントと同じです。1ポイント単位でdポイントに戻せて、引出しポイント数の上限はありません。

【初心者必見】SEO対策のやり方がゼロからわかる!やるべきことをステップに分けて徹底解説!便利な無料ツール紹介も

まずは本コラムの導入として「そもそもSEO対策とは何か」ということやSEO対策を行う目的について簡単に整理しておきたいと思います。

まずはSEOの定義についてです。
SEO(Search Engine Optimization)
とは、翻訳すると「検索エンジン最適化」となり、Googleなどの検索エンジンで特定のキーワードを検索した際に、上位に表示されるよう、Webサイトを最適化していく施策のことを言います。
ちなみに「最適化(=Optimization)」と「対策」の意味が若干被るので「SEO対策」という表現は誤用とされるのですが、慣用的に広く使用されている言葉であり、この記事でも何度か使用しておりますことはご容赦ください。

SEOを行う目的とは

SEOを行うことで、検索している=情報を求めアクションを起こしているユーザーを、Webサイトに呼び込むことができます。
Webサイトの目的はさまざまですが、企業サイトの場合はお問い合わせや受注の獲得を主な目的として設置する場合が多いと思います。
Webサイトへの流入を増やすことで、より多くのユーザーを次のアクションへと誘導することができます。

WebマーケティングはWeb経由での売り上げ(受注)を増やすことが最終目的となりますので、単にサイトへの流入数を増えただけではSEO対策が成功したとは言い切れません。
そのため、SEO対策はキーワードやコンテンツが自社のターゲットと合っているかということも考えながら行う必要があります。

「検索エンジン」=「Google」?

さきほどSEOの定義について「検索エンジンに対しての最適化」としましたが、一般的にSEOにおいて「検索エンジン」というとGoogleを指します。

理由は単純で、日本ではGoogleのシェアが圧倒的で7割以上を占めているからです。
次点でYahooがシェアが多いのですが、Yahooは検索順位の決定についてGoogleと同じ仕組みを採用しているため、結果的に「Googleの検索エンジンに対して対策すること」イコールSEO対策という共通認識となっているのです。

SEOはどこから手をつけるべき?(SEO対策の種類と優先度)


SEO対策の種類

SEO対策と一口に言っても具体的な手法はさまざまですので、ここではSEO手法の全体像を概観しておきます。

コンテンツSEO…ターゲットユーザーにとって有益なコンテンツを作成する
獲得したいキーワードをピックアップし、サイト内にコンテンツを作成していきます。

内部対策…Webページを検索エンジンに正しく理解してもらえるよう整える
タグの最適化や、ページスピード改善のための施策などが含まれます。

外部対策…外部リンクを獲得する
例えばSNSのリンクを設置するなど、外部からのリンクを獲得するための施策です。
(しかし、自社でコントロールするのが難しい領域です)

SEO対策の種類

SEO対策の優先度

SEOの手法によっては専門知識が必要なものも多いため、本格的に行う場合は、自社の状況に合わせてスキルを持ったメンバーを巻き込んでいく必要があります

その場合は、「コンテンツSEO」を優先的に始めるのがおすすめです。

Googleの重視する「ユーザーの利便性」

「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」

極端な例を出してしまいましたが、Webサイトにターゲットユーザーにとって有益なコンテンツがない場合、細部のテクニカルな施策を行っても効果が出る見込みは少ないのです。

ですので、これからSEO対策を始める場合、まずはユーザー目線で有益なコンテンツを作成することがインパクトが大きく成果にも結びつきやすいと言えます。

上記を踏まえ、次の章からはコンテンツSEOを入り口としながら具体的なSEOのやり方を4つのステップに分けて解説していきたいと思います。

【「そもそもWebサイトのコンテンツってどうやって作成すればいいの?」という方にはこちら!】

  • こちらの資料もおすすめ!
  • CMSとは何かがわかる!CMS入門編
  • 内容:

CMSを導入することで専門スキルが無くても Webサイトの更新を行うことが可能になります。
しかし、無料・有料を含めさまざまCMSツールが 流通しているため、全体像がつかみにくいのも事実。
資料ではCMSの基本的な意味と定義から解説し、 CMSを導入するメリットや代表的なCMSツールなどがわかります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる