FXがはじめての方へ

支持線 (しじせん) の意味

支持線 (しじせん) の意味
パーキンソン病 パーキンソン病 パーキンソン病は、中枢神経系(脳と脊髄)の特定の領域がゆっくりと進行性に変性していく病気です。特徴として、筋肉が安静な状態にあるときに起こるふるえ(安静時振戦)、筋肉の緊張度の高まり(こわばり、筋強剛)、随意運動が遅くなる、バランス維持の困難(姿勢不安定)などがみられます。多くの患者では、思考が障害され、認知症が発生します。 パーキンソン病は、動きを協調させている脳領域の変性によって起こります。. さらに読む またはパーキンソン病と同じ症状を引き起こす病気(パーキンソニズム パーキンソニズム パーキンソニズムとは、パーキンソン病とは別の原因により生じるパーキンソン病の症状(緩慢な動作や振戦など)のことです。 パーキンソニズムは、脳の病気、脳損傷、または特定の薬剤や毒素によって引き起こされます。 パーキンソン病患者と同様、パーキンソニズムの患者は、筋肉が弛緩しているときに起こる振戦、筋肉のこわばり(筋強剛)、動きの遅延、バランスや歩行の問題を有します。 医師は、原因を特定するために、パーキンソニズムを引き起こすことが分かってい. さらに読む )

支持線 (しじせん) の意味

, MD, HE UMAE Centro Médico Nacional de Occidente;

, MD, University of Cincinnati

振戦の種類

安静時振戦:主に筋肉が安静な状態にあるときに起こる

動作時振戦:身体の一部を能動的に動かしたときに起こる

動作時振戦には以下の種類があります。

企図振戦:ある目標物へ向かう動きが引き金となって起こる(例えば、眼鏡をとろうとするとき)

運動時振戦:ある目標物へ向かう動きの最後の部分で起こる。

姿勢時振戦:腕または脚をある位置に保持していっぱいに伸ばすことが引き金となって起こる

生理的(誰にでもある程度起こる正常な振戦)

本態性(よくある病気で、ほかにほとんど症状を伴わない)

小脳性( 小脳 の損傷に起因する)

二次性(病気や薬剤に起因する)

生理的振戦

本態性振戦

安静時振戦

パーキンソン病

パーキンソン病 パーキンソン病 パーキンソン病は、中枢神経系(脳と脊髄)の特定の領域がゆっくりと進行性に変性していく病気です。特徴として、筋肉が安静な状態にあるときに起こるふるえ(安静時振戦)、筋肉の緊張度の高まり(こわばり、筋強剛)、随意運動が遅くなる、バランス維持の困難(姿勢不安定)などがみられます。多くの患者では、思考が障害され、認知症が発生します。 パーキンソン病は、動きを協調させている脳領域の変性によって起こります。. さらに読む またはパーキンソン病と同じ症状を引き起こす病気(パーキンソニズム パーキンソニズム パーキンソニズムとは、パーキンソン病とは別の原因により生じるパーキンソン病の症状(緩慢な動作や振戦など)のことです。 パーキンソニズムは、脳の病気、脳損傷、または特定の薬剤や毒素によって引き起こされます。 パーキンソン病患者と同様、パーキンソニズムの患者は、筋肉が弛緩しているときに起こる振戦、筋肉のこわばり(筋強剛)、動きの遅延、バランスや歩行の問題を有します。 医師は、原因を特定するために、パーキンソニズムを引き起こすことが分かってい. さらに読む 支持線 (しじせん) の意味 )

知っていますか?

姿勢時振戦

振戦の原因

振戦の評価

警戒すべき徴候

受診のタイミング

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問し、次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、原因と必要になる検査を推測することができます( 振戦の主な原因と特徴 振戦の主な原因と特徴 )。

知っていますか?

医師は患者の既往歴を確認し、振戦を伴う病気 振戦の主な原因と特徴 がないかを探します。医師は近親者の振戦についても尋ねます。さらに使用している薬剤を確認し、カフェインとアルコールの摂取やレクリエーショナルドラッグの使用についても(特に最近このような薬剤や物質の使用を中止したかどうかについて)質問します。

以下に該当する場合、MRIまたはCT検査による脳画像診断が行われます。

筋電図検査と神経伝導検査

筋電図検査 筋電図検査と神経伝導検査 病歴聴取と神経学的診察によって推定された診断を確定するために、検査が必要になることがあります。 神経系の病気(神経疾患)の診断に一般的に用いられる画像検査としては、以下のものがあります。 CT(コンピュータ断層撮影)検査 MRI(磁気共鳴画像)検査 血管造影検査 さらに読む 支持線 (しじせん) の意味 (筋肉を刺激して電気的活動を記録する検査)が行われることはまれですが、神経の損傷が原因と考えられる場合に行われます。

振戦の治療

治療

具体的な原因があれば、できるだけ治療します。例えば、振戦の原因になる薬剤を使用していれば中止し、甲状腺機能亢進症があれば治療します。パーキンソン病はレボドパやその他の薬剤 治療 パーキンソン病は、中枢神経系(脳と脊髄)の特定の領域がゆっくりと進行性に変性していく病気です。特徴として、筋肉が安静な状態にあるときに起こるふるえ(安静時振戦)、筋肉の緊張度の高まり(こわばり、筋強剛)、随意運動が遅くなる、バランス維持の困難(姿勢不安定)などがみられます。多くの患者では、思考が障害され、認知症が発生します。 パーキンソン病は、動きを協調させている脳領域の変性によって起こります。. さらに読む で治療できます。

特別訪問看護指示書の交付要件について分かりやすく解説!!



Ns上妻

この記事では 特別訪問看護指示書の交付要件 について分かりやすく解説します!

特別訪問看護指示書の交付要件

特別訪問看護指示書の交付要件 は以下の通りです。

主治医の診療により、上記の場合は特別訪問看護指示書を 1人につき1月に1回限り 交付することができます。

また、 特別訪問看護指示書の指示期間中は、医療保険の訪問看護 になります。

特別訪問看護指示書が1月に2回交付できる要件

特別訪問看護指示書は、原則1人につき1月に1回限り交付が基本ですが、 支持線 (しじせん) の意味 以下の場合は1月に2回まで 交付することができます。

特別訪問看護指示書は頻回な訪問看護が可能

Ns町田

Ns上妻

特別訪問看護指示書が一般的な「訪問看護指示書」と比べて、「 特別=メリット 」な点を説明していきます。

すなわち、対象者は 頻回な訪問看護が必要な利用者さん となります。

よって、特別訪問看護指示書のメリットは、「 頻回な訪問看護を提供(受ける)することができる。 」という点になります。

訪問看護ステーションは、主治医と密接な連携を図り、 特別訪問看護指示書が交付された日から14日以内は毎日訪問看護を行うことができます。

特別訪問看護指示書の様式

特別訪問看護指示書の厚生労働省のQ&A

Ns上妻

知って役立つ!看護・医療用語集 byセントスタッフ

介護の研修学校セントカレッジ

**ウイルス性肝炎**
ウイルス感染による肝臓の炎症性疾患を指し、A〜E型肝炎に分類することができる。 A型肝炎は流行性肝炎ともいい、RNAウイルスに汚染した飲食物の経口感染で黄疸や発熱を生じるが、1〜2ヶ月で治癒し、再発や慢性化はない。 B型肝炎は血清肝炎ともいい、DNAウイルスの血液感染によるもの。 多くは一過性のものであるが、慢性肝炎に移行して肝硬変や肝臓がんを起こすものもある。 C型肝炎は輸血や性的接触により感染し急性から慢性肝炎に移行し、肝硬変や肝がんに進展することも多い

**ウォーターベッド**
水の入ったマットレスが用いられているベッド。 少しの体動でも圧力のかかる部分が変わり、また体重を水が点ではなく面で支えるため圧力が分散され、一部分が圧迫されることがなく褥瘡予防に効果がある。

**鬱病(うつびょう)**
気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥(しょうそう)、精神活動の低下、食欲低下、不眠症などを特徴とする精神疾患である。 初老期に発症する更年期うつ病や、高齢期の老人性うつ病等がある。

**日常生活動作(にちじょうせいかつどうさ)**
人間が毎日の生活を送るための基本的動作群のこと。具体的には、 ①身の回りの動作(食事、更衣、整容、トイレ、入浴の各動作) ②移動動作 ③その他の生活関連動作(家事、運転)がある。

**ALS(筋萎縮性側索硬化症:きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)**
運動ニューロン(身体を動かすための神経系)が変性することで起こる病気。 徐々に筋力が低下し、その進行は速く、嚥下障害や呼吸筋の障害が起こり、自力で呼吸できなくなる。40〜50代に発病し、男性がやや多い。 厚生労働省が発表している指定難病に該当する。

**ST(エスティー)**
言語聴覚士。 言語発達遅滞、構音障害、脳血管疾患などによる、言語、失語症のリハビリを専門とする。

**HT**
高血圧症。 収縮期で140、拡張期で90以上の状態を指す。(高血圧ガイドライン)

**ED(エデーマ)**
浮腫、むくみ 組織の間に、病的に水分物質が生じた状態。

**Fx(Fracuture)**

骨折 嚥下障害 飲食物がうまく飲み込めない、むせる、飲み込んだものが食道につかえるといった障害をいう。

**音楽療法(おんがくりょうほう)**
音楽を用いた治療。精神疾患や発達障害を対象としていることが多い。 音楽を聞いたり演奏したりする際の諸効果を応用して、心身の健康の回復、向上をはかる事を目的とする。そのまま医療効果があるというわけではなく、正式な医療行為の補完的な役割がある。

**オンブズマン** 支持線 (しじせん) の意味
国民の代弁人として議会や市長などに任命され、不当・不正な行政執行またはサービスに対して監視、監察、苦情解決を行う機関のこと。 こういった制度をオンブズマン制度という。

**介護アテンドサービス士**
入・通院の病弱者、在宅での虚弱や寝たきり、認知症高齢者など介護が必要とされる人に対し、体位変換、食事の世話、排泄の介助、寝巻の交換、移動補助などの介護や、リハビリ機器の簡単な使い方を学び、介護をしたりする専門職。 家政婦、付添婦と言われる人たちの仕事より専門的な知識・技術を持って行う。

**介護移住(かいごいじゅう)**
介護のために住居を移動すること。 介護が必要になった一人暮らしの高齢者が子どもや孫などの所に同居する場合や、逆に介護の必要な親の家に子どもなどが同居する場合などがある。

**介護休業(かいごきゅうぎょう)**
家族の介護のために仕事を休むことのできる育児・介護休業法に基づく制度のこと。 一定期間、無給または有給で休業した後、再び仕事に戻ることができる制度であるが、現在はまだ一般に普及しきっていない。

**居宅介護サービス費**
・特例居宅介護サービス費・居宅介護住宅改修費・居宅介護福祉用具購入費 ・居宅介護サービス計画費・特例居宅介護サービス計画費・施設介護サービス費 ・特例施設介護サービス費・高額介護サービス費の9種類を指す。

**介護サービス計画**
個々のニーズに合わせて適切な保険・医療・福祉サービスが提供されるように、ケアマネージャーを中心に作成される介護計画のこと。 サービスの種類や回数、時間帯、事業者等が決定されます。

**介護支援専門員(かいごしえんせんもんいん)**
介護保険法において要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、他の介護サービス事業者との連絡、調整等を取りまとめる者。 通称ケアマネジャー。略称ケアマネ。 准看護師資格と同様、都道府県知事から資格が与えられる公的資格である。国家資格ではない。

**介護保険施設(かいごほけんしせつ)** 支持線 (しじせん) の意味
介護保険法による施設サービスを行う施設で、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保険施設、介護療養型医療施設(療養型病床群など)の3種類がある。 施設サービス計画に基き必要な介護及び日常生活の援助を行う。 要介護認定を受けた者が利用可能となる。

**介護保険制度(かいごほけんせいど)**
2000年4月から始まった40歳以上の人全員を対象とする社会保険制度で、 要介護認定により、そのサービス内容や負担額が要支援1・2、要介護1〜5の段階に分かれる

**介護ロボット**
介護業務の支援をする機器の総称。 移乗、入浴、排せつ業務を補助するスーツのような物から、セキュリティやコミュニケーションを単独で図る機械まで形態は多岐に渡る。

**ガイドヘルパー**
障害をもつ方の外出を介助し、自立と積極的な社会参加を促進する人のこと。 ガイドヘルパーは買い物、旅行、コンサートに行くなどの屋外での活動のサポートをし、措置制度から支援費制度に変更したことにより、ガイドヘルパーの活躍の場はますます広がっている。

**カテーテル**
管。 体内の貯留水の排出や薬液注入に用いられる管。

**Ca/カルチ**
癌・悪性腫瘍 簡易浴槽 寝たきり高齢者等、入浴に介助が必要で自宅浴槽では対応できない人のための浴槽。

**患側(かんそく)**
体の麻痺などの障害が及んでいる側。 ⇔健側(けんそく)

**カンファレンス**
検討会。 サービス担当者会議ともいう。 ケアプランを作成するために、要介護者やその家族、介護支援専門員及び保健・医療・福祉サービスなどの各担当者がチームを組んで検討する会議のこと。

**緩和ケア(かんわけあ)**
治癒を目指した治療が有効でなくなった患者に対する積極的な全人的ケアである。痛みやその他の症状のコントロール、 精神的、社会的、そして霊的問題の解決が最も重要な課題となる。緩和ケア目標は、患者とその家族にとってできる限り可能な最高の QOLを実現することである。末期だけでなく、もっと早い病期の患者に対しても治療と同時に適用すべき点がある。

**義肢(ぎし)**
事故や病気や戦争等で切断した手や足を補う為に装着する代替物のこと。 機能を回復させる物と、外見を回復させるものとがある。人工四肢とも呼ばれる。

**基底面積(きていめんせき)**
足裏など床と接しているところで囲まれた、足もとの面積。 介助をする際、この面積が広く取れていると、介助時の負担が軽減される。

**キャリア**
保菌者。 伝染病の病原体を体内に保有しているが発病せず、感染源となり得る者。

**クオリティ・オブ・ライフ(QOL)**
「生活の質」「人生の質」「生命の質」などと訳される。 グループホーム 地域社会の中にある住宅において、数人の障害者等が一定の経済的負担を負って共同生活をする形態。同居あるいは近隣に居住している専任の世話人により食事の提供、相談その他の日常的生活援助が行われる。

**ケアハウス** 支持線 (しじせん) の意味
60歳以上の配偶者を有する者で、身体機能の低下または高齢者のため独立して生活するには不安がある方が、自立した生活を継続できるよう、構造や設備の面で工夫された施設。 完全個室化されていること、車椅子の利用が可能であることなど、プライバシーや自立した生活を尊重した構造となっている。

**軽費老人ホーム**
無料、または低額な料金で高齢者を入所させ、食事の提供その他日常生活上必要な便宜を供与することを目的とする入所施設。 利用の方法は利用者と施設長との契約による。

**下血(げけつ)**
胃や腸管内で出血したものが、肛門から排出されることで、排便に混じって見られることが多い。 普通、空腸上部までの出血は黒色調のタール便で、下部腸管からの出血は鮮血色の血便である。

**血尿(けつにょう)** 支持線 (しじせん) の意味
尿に血液(赤血球)が異常に多く混じっているものをいう。 血尿は真っ赤に濁って一見してそれとわかる肉眼的血尿と、軽度のものでは淡く濁っているだけで赤みがなく、顕微鏡で赤血球を調べなくてはならない顕微鏡的血尿とがある。

**健側(けんそく)**
片麻痺で、障害を受けていない健康な方の側。 ⇔患側(かんそく)

**見当識(けんとうしき)**
自分の置かれている状況を正確に認識すること。 人間関係(自分の名前や家族との関係など)の認識、時間的関係(今日の日付など)の認識、地理的関係(今いる場所など)の認識などがある。 認知症高齢者や意識障害などではこれらの認識ができなくなることがあり、これを失見当識、または見当識障害という。

**コアグラ**
coagulum,coagulant(名)、coagulate(動)に由来 臨床的には凝固した血液のことをいう。

**ゴードン**
アメリカの博士マージョリー・ ゴードンのこと。ゴードンが提唱した11の機能的健康パターンは理論的に有用で幅広く受け入れられている。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる