日本語で徹底解説

2022年おすすめ投資は

2022年おすすめ投資は

また、購入後はアプリで物件の管理を行います。 書類や資産情報などもこのアプリで完結 。毎年の確定申告も、同アプリでサポートを受けられます。

2022年5月の株主優待銘柄紹介

2022年おすすめ投資は

5月の株主優待銘柄をご紹介します。こちらは昨年店内で買越人数が多かった銘柄のランキングです。
4位はTAKARA&COMPANY(7921)は、継続保有期間、保有株数に応じて日用品や飲食料品の中から希望の商品を1つ選択できます。様々な種類の商品がありますので、普段手に取ることのない商品を選択してみてはいかがでしょうか。
6位のブックオフGH(9278)は、継続保有期間、保有株数に応じた買物優待券と書籍買取金額20%アップクーポンがもらえます。新生活が始まった方も多いかと思います。書籍買取金額アップクーポンを使用して断捨離をしてみるのもよいかもしれません。
さて、5月末権利確定の場合、権利付最終日は5月27日(金)です。 2022年おすすめ投資は
早速、銘柄を見ていきましょう。

5月の株主優待人気ランキング

最低投資金額:245,700円
内容:特製クオ・カード
保有3年未満 500円相当

  • ※ 写真は「QUOカード」のイメージ

最低投資金額:230,000円
内容:株主ご優待券(100 円相当+税)
1単元以上 20枚 (2,000円+税相当)
3単元以上 40枚 (4,000円+税相当)
5単元以上 60枚 (6,000円+税相当)
10単元以上 100枚 (10,000円+税相当)

  • ※ 写真は優待券のイメージ

最低投資金額:308,500円
内容:お買い物優待券
100株以上 3枚 1,500円相当
300株以上 8枚 4,000円相当
1,500株以上 16枚 8,000円相当
3,000株以上 24枚 12,000円相当

  • ※ 写真は優待券の見本

最低投資金額:191,100円
内容:保有3年未満
100株以上2,000株未満 1,500円相当コースの「選べるギフト」
2,000株以上 3,000円相当コースの「選べるギフト」

  • ※ 写真は1,500円コースの選べるギフトのイメージ
    (掲載している商品は過去の実績。商品の内容は毎年変わる)

最低投資金額:370,000円
内容:商品カタログから選択
100株から299株 Aコース
300株から999株 Bコース
1,000株以上 Cコース

  • ※ 写真は商品のイメージ

最低投資金額:121,500円
内容:(2022年おすすめ投資は 1)ブックオフグループの店舗で使用できるお買物券
保有期間3年未満
100株~200株未満 お買物券2,000円相当分
200株~500株未満 お買物券3,000円相当分
500株以上 お買物券5,000円相当分
(2)書籍買取金額 20%アップクーポン
100株以上 2枚

SBI証券と楽天証券はどちらがよい?それぞれの特徴やメリットを比較

SBI証券と楽天証券はどちらがよい?それぞれの特徴やメリットを比較

そして3位日本郵船<9101>に加えて4位商船三井<9104>、6位川崎汽船<9107>となり、2020年から上昇が続く海運3社が揃って上位にランクイン。海運3社の株価について2022年1~3月は緩やかな上昇を見せており、これまでの上昇トレンドを維持しました。しかし4月は日本郵船、川崎汽船は月足で陰線を形成して下落しています。3月は日本郵船、川崎汽船が下落したものの、再度上昇し押し目が拾われる結果となるか注目されます。

プロフィール

”石井僚一”

大手証券グループ投資会社への勤務を経て、個人投資家・ライターに。 株式市場の解説や個別銘柄の財務分析、IPO関連記事を得意としている。株式会社ZUUでは長くIPO記事を担当。
複数媒体に寄稿しており、Yahoo!トップページに掲載実績あり。

SBI証券と楽天証券の比較

共に人気のネット証券である、SBI証券と楽天証券。
SBI証券と楽天証券の 手数料や取扱銘柄、IPO実績など様々な項目 を比較しました。

取引手数料や投資信託の本数ではSBI証券と楽天証券の両社にほとんど差はありませんが、IPOの実績や単元未満株 (1株単位での投資)が取引できる点で SBI証券 が楽天証券よりも勝っています

SBI証券と楽天証券の口座を持つメリット

SBI証券と楽天証券の口座を持つメリット

大手証券会社であるSBI証券と楽天証券。資産形成を始める場合、どちらか一方を使ったほうがよいのでしょうか。それとも複数の証券会社の口座を持ったほうがよいのでしょうか

ここでは 口座を複数持つ必要性やメリット について紹介します。

2社の口座を持つメリット

  • 各社の強みを活かしたメリットを享受できる
  • IPOの当選確率が上がる

各社の強みを利用してメリットを享受

例えば、SBI証券は扱っている外国株の種類が多く、楽天証券は楽天グループの共通ポイントである「楽天ポイント」との連携が強みです。

このように、証券会社にはさまざまな強みがあるため、 2022年おすすめ投資は 各社が持つ強み を利用して自分が得られる利益を最大化していくことが重要です。

IPOの当選確率が上がる

IPOとは企業が株式を証券取引所に上場して、誰でも株の取引ができるようにすることです。
新規公開株を購入するためには 幹事会社の証券口座を所有する必要 があります。新規公開株の購入は抽選なので、複数の証券会社の口座を持っていれば、IPOの当選確率が上がることになります。

2022年おすすめ投資は
SBI証券と楽天証券のIPO実績
2019年 2020年 2021年
SBI証券 引受幹事75社 70社 122社
主幹事 7社 15社 21社
楽天証券 引受幹事 26社 38社 74社
主幹事 0社 0社 0社

SBI証券では毎年IPOの 9割以上 を取り扱っており、主幹事もネット証券でもっとも多くなっています。売出し株数のうち90%近くが 主幹事 に割り振られるので、IPO投資をしたいならSBI証券の口座を持っておくのがおすすめです。

また楽天証券も近年IPOに力を入れており、 引受幹事数も大きく増加 していっているため、IPO投資に興味があるなら両方またはこの2社以外の口座も持っておくのがおすすめです。

【2022年5月最新】おすすめ不動産投資会社10選|人気比較ランキング

【2022年最新】おすすめ不動産投資会社8選|人気比較ランキング

RENOSY 公式サイト


RENOSYが扱う物件の条件は、 主要エリアへ電車で15分以内、新耐震基準に準拠、総戸数20戸以上、最寄り駅徒歩10分以内 が目安です。
※安定運用が見込める一部物件を除く

AIやアプリを使った効率的な資産運用を実現

RENOSY 公式サイト


また、購入後はアプリで物件の管理を行います。 書類や資産情報などもこのアプリで完結 。毎年の確定申告も、同アプリでサポートを受けられます。

初心者向け投資ガイドブックを限定公開中

RENOSYでは、図解でわかりやすく説明された、資産形成の必須知識が学べる「 投資ガイドブック 」を、問い合わせした方に限定公開しています。不動産投資を始めたいけど、知識がなく悩んでいる方には特におすすめです。

とはいえ、「実際にRENOSYで運用してみないことには、具体的な運用がわからないはずだ」と考えている方も多いでしょう。そんな方には、 RENOSYオーナーの物件事例をチェックしてみるのをおすすめ します。

RENOSY 資料


これらはいずれもRENOSYで資料請求するともらえます。今なら資料請求+初回面談の申込みで Amazonギフト券50,000円 がもらえるキャンペーンも行っていますので、この機会に問い合わせてみるといいでしょう。

自由に選べる3つの不動産管理プラン

RENOSYは、 不動産投資の管理プランを3つ用意 しており、それぞれで好きなものを選ぶことができます。

表は横にスライドできます

2022年おすすめ投資は
プラン/サポート内容 安さ+安心サポート
集金代行プラン
設備リスクをカバー
ワイドプラン
設備・空室リスクをカバー
NEOインカム
設備修理・交換費用
2022年おすすめ投資は 空室時の負担
滞納時の負担
原状回復費用
広告費の負担
契約期間 3年 3年 7年
仲介手数料がかからない

不動産を購入する際、 不動産会社に仲介手数料を支払うのが一般的 です。 しかし RENOSYで不動産を購入すると、 仲介手数料はかかりません 。これはコスト削減に大きく貢献します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる