外国為替取引とは

スマホ用トレードアプリ

スマホ用トレードアプリ

スマホ証券の利用意向
スマホ証券の利用意向は15.6%です。男性や若年層で高い傾向で、男性10・20代や男性30代では3割を超えます。直近1年間にスマホ証券で取引をした人では9割強、今後インターネットで株式取引をしたい人では4割強となっています。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

FXなび というスマホ用アプリでFXのデモトレードをやってみました。初めてです。さて、疑問点が出てきたのですが、

1ロット入れると、必要資金が44954円らしいのですが、
これはレバレッジ25倍で今111円だから4,4万円必要ということらしいですが、

レバレッジ25倍に設定した覚えはありません。まあデモトレードなので初期設定なのでしょうが、普通は25倍でやるのでしょうか?実践に入るとこれを設定できるのですか?

何も設定しないと25倍から始まるのでしょうか?

またこの44954円の算出根拠を詳しく教えて下さい。

ベストアンサーに選ばれた回答

>レバレッジ25倍に設定した覚えはありません。まあデモトレードなので初期設定なのでしょうが、普通は25倍でやるのでしょうか?実践に入るとこれを設定できるのですか?
何も設定しないと25倍から始まるのでしょうか?


国内では最大レバレッジのデフォルト値が25倍設定になっていて、
設定変更が可能な業者は少いです。

レバレッジには最大レバレッジと実効レバレッジがあり、
個人は実効レバレッジで資金管理をするしかありません。


>またこの44954円の算出根拠を詳しく教えて下さい。



1÷最大レバレッジ=割合(%)
現在のレート×割合(%)×通貨単位量=必要保証金

なので、
1÷25倍=4%
112.385円×4%×1万通貨=44954円


参考までに、
ロットとは業者毎の取引の基本単位。
国内では1ロットが10万通貨や1万通貨、1000通貨とマチマチ。
海外では1ロット10万通貨が一般的で0.01ロット(1000通貨)単位での取引が主。


「FXなび」のアプリはプログラム通りに動くゲーム的なもので、
実際のFXとは動きが全く異なります。

実際のFXを考えているなら「FXなび」を使わない方が良いです。
下手にゲーム的な変な癖を付けてしまいます。

取引ツール

■店頭外国為替証拠金取引「LIGHT FX」及び店頭暗号資産証拠金取引「LIGHT FXコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■LIGHT FXにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。 スマホ用トレードアプリ
■LIGHT FXコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、LIGHT FXコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■LIGHT FXにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■LIGHT FX、LIGHT FXコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる