仮想 通貨

水平線を使ってエントリーポイントを探す

水平線を使ってエントリーポイントを探す
誰でもできる作業ですので、まずは、過去チャートからクラスターを見つける練習をしてみましょう。

【市場で意識される水平線】FX初心者が引けるようになる7つのコツを伝授

意識されやすい水平線を探すコツ

水平線を探すコツ⑤ 等間隔を意識する

上記YouTube動画の5:42より

ある程度意識されてると分かった水平線が2本見つかったら、完璧でなくてもそれに近い幅で3本目の水平線を設置してみてください。

さらに、それより大きいのは、同じ時間軸で、同じローソクを見てトレードをする市場参加者は決済幅を突然、変えたりしないからです。例えばその日のうちに、さっきは10pips 利確したけど次は1000pips で利確しようという風に、短い時間軸の中で突然、決済幅を変える人ってほとんどいないです。

水平線を探すコツ⑥ 窓にも引くことを意識する

水平線を探すコツ⑥ 窓にも引くことを意識する

上記YouTube動画の7:47より

水平線を探すコツ⑦ 価格の節目周辺を意識する

水平線の引き方にはコツがあります!まずはこの7か条を意識してみてください。

水平線を引くときに注意すべき3つのポイント

水平線を引くときに注意すべき3つのポイント

水平線を引くときの注意点① オーバーシュート

気持ち悪いという風に感じる方も多いと思うんですが、時には仕方ありません。多くの市場参加者に意識される線を引くためにやっているのに、オーバーシュートは多くの市場参加者が存在していないところでの行き過ぎなレートのこともあるので。そして、後々、活かせないこともあるので、無視する必要も出てきます。

水平線を引くときの注意点② 価格の周辺を意識する

水平線でエントリーする時は、少し余裕を持って行動する必要があります。水平線に対して、ある程度幅を持って反発作用すると考えて立ち回らないと、心労・ストレスがすごいです。

水平線を引くときの注意点③ 水平線引きすぎ病に注意する

水平線を引くうえで、「水平線引きすぎ病」だけは絶対に避けなければいけないというのが私の考えです。

水平線は引きすぎてもいけないし、厳密にとらえすぎてもいけません。

「水平線引きすぎ病」対策に使える3つの補助ツール

「水平線引きすぎ病」対策に使える3つの補助ツール

水平線補助ツール① 移動平均線(MA)と重ねる

多くの市場参加者に意識されるところを可視化するために水平線を引いています。その補助に多くの市場参加者に意識されている移動平均線を使うのは非常に合理的です。

ここまで紹介した①~⑦までのコツを満たした上で、移動平均線 (MA) と重なる場所意外を消していくとか、MAと重なった水平線を基準にして等間隔で水平線を引いていくという作業をするとか、そのような考え方で1つの基準を作るとやりやすいと思います。

水平線補助ツール② フィボナッチリトレースメント

水平線を引き過ぎになりそうな時に、この38.20%というのが特に押し目買い・戻り売りでは有効です。

水平線補助ツール③ 出来高プロファイルを活用する

補助ツールを使う際の注意点

3つインジケーターを表示させていると、そのうち1個だけ反応したら利確してしまうなど、損小利大の逆になってしまうケースが非常に多いです。検証していいと思った1つを採用するなどしてシンプル化しましょう。そうしないと、「水平線引きすぎ病」とはまた別の「インケーター表示させすぎ病」になってしまいます。

「水平線引きすぎ病」に陥らないために使うのが補助ツール。「インジケータ―表示させ過ぎ病」にならないよう、自分で検証したもの、自分に合うものを選ぶようにしよう。

おわりに

おわりに

トレード環境紹介

初心者におすすめの外為どっとコム

愛用のチャートツールについて

TradingView

このブログやYouTubeで私が愛用しているチャートツールは「TradingView」です。

これがないと私のトレードが成り立たないくらい必須級のツールです。私はアラートをたくさん使いたいので最上位プランにしています、勝つための必要経費です。

【圧倒的に稼ぐ!】水平線の正しい引き方とFXトレード手法を解説

鈴木拓也

鈴木拓也

水平線の引き方について動画で学ぶ

  • 水平線の特徴
  • ブレイク後の水平線の機能逆転
  • 水平線を使ったトレード手法

水平線の特徴

水平線とは安値と安値、または高値と高値を水平に結んで引ける線のことです。

水平線の2つの種類:レジスタンスラインとサポートライン

現在レートよりも下に引ける安値と安値を結んだ水平線がサポートライン(支持線)、上に引ける高値と高値を結んだ水平線がレジスタンスライン(抵抗線)です。

  • サポートライン:安値と安値を結んだ現在レートよりも下の線
  • レジスタンスライン:高値と高値を結んだ現在レートよりも上の線

これらの水平線が引けると、 次にレートがその水平線に達した時に反転すると予想できます。

レジスタンスとサポートの役割逆転

一度水平線がブレイクされると、今後は機能が逆転するという特徴があります。

例えば、下図の左側のように、一度レジスタンスラインがブレイクされると、今後はその レジスタンスラインがサポートラインとしての役割を持つ ようになり、レートの下落を下支える支持線の機能を持ちます。

また、右側のように一度サポートラインをブレイクすると、 サポートラインがレジスタンスラインとしての役割を持ち 、レートの上値を抑える抵抗線として機能します。

水平線の重要度は反転回数と時間足で決まる

その中から、 重要度が高い水平線と重要度が低い水平線を見極め、重要度が高い水平線だけを選んでトレードに使うことで、勝率を一気にアップさせることができる のです。

  • 反転回数が多い水平線ほど重要度が高い
  • 上位足で引ける水平線ほど重要度が高い

例えば、2回しか反転していない水平線と、5回反転している水平線とでは、5回の方が重要な水平線となります。

つまり、今後も反転する可能性が高いですし、仮にブレイクしたとすると、レジサポ転換で再び機能する可能性が高い水平線と認識できます。

また、4時間足で引ける水平線と、5分足で引ける水平線とでは、4時間足の水平線の方がよりたくさんの投資家の意識が集まっているため重要度が高いです。

水平線が機能する大衆心理とは?

水平線に限らず、テクニカル分析のシグナルが機能する理由としては、「 世界中のトレーダーが同じものを見ているため 」という本質的な背景があります。

水平線も同様に、そのライン上で何度も反転していれば、他のトレーダーが「水平線に近づいたら買いを入れよう」と思い、何人も同じような考えのトレーダーがいれば、実際にレートはその水平線付近で反発するのです。

それは、それまで買っていた投資家が損失を抱えてしまうことになりますので、 彼らの損切り注文、加えて新規で売りを仕掛けるトレーダーも参入し、一気にレートが下に急落 します。

これがいわゆる、「水平線のブレイクアウト」と呼ばれるものです。

水平線の正しい引き方

水平線の引き方で注意したいのが、「ローソク足のひげも考慮して引く」ことです。

なぜなら、海外のトレーダーはローソク足以外のバーチャートなどを使っている人も多く、その足の最高値と最安値に注目して線を引くからです。

また、水平線が機能する理由は、世界中のトレーダーが同じ線を引いているからと上記で説明しましたが、ヒゲを考慮しないと、 他の投資家と異なるラインを引いている ことになってしまい全く機能しないかもしれません。

最後に、もう1点注意点ですが、水平線を引く時は、アバウトに考えましょう。

  • ひげも考慮して水平線を引く
  • 他の投資家も注目していそうなラインを見つける
  • 水平線を使ってエントリーポイントを探す
  • 数pipsの誤差は仕方ないのでアバウト(少し大雑把)に引く

鈴木拓也

鈴木拓也

水平線を使ったトレード手法

水平線を用いたトレード(理論編)

基本的な戦略としては、 水平線の反発を狙ったエントリーと、水平線のブレイクを確認してのエントリー です。

例えば、ブレイクでエントリーした後に、 (a)すぐに反発し、下落のシグナルはダマしになる可能性 もあります。

加えて、サポートラインをブレイクした瞬間に多くのトレーダーが売りを仕掛けますので 、 (b)しばらくして売ったトレーダーの利益確定の買いにより、元のサポートラインの水準まで戻るケース(リターンムーブ)もよく現れます。

水平線を使った初心者にオススメのトレード手法としては、最初のブレイクでトレード金額の全額を使うのではなく、半額くらいのロットでエントリーし、玉は残しておくのです。

また、リターンムーブの発生もよく起こるパターンなので、リターンムーブ後の第二波だけを狙って取引するのも手堅い手法の一つです。

水平線を用いたトレード(実践編)

まず、買いで入る場合には、レートが水平線に到達し、そこでレートが反発したのを確認してエントリーします。間違っても、水平線に達した瞬間にエントリーをしてはいけません。

そして、売りでのエントリーは、水平線を勢いよく下抜けた瞬間にエントリーをします。ただし、上記でも説明した通り、その後の戻り(リターンムーブ)が起こる可能性もあるので、ここでトレード金額の全額を注ぎ込んでエントリーをするのはややリスクが高いです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる