弱気相場での取引

ビットコインはどこで買うべき

ビットコインはどこで買うべき
<アイオーエスティー(IOST) と答えた方>
ブロックチェーン技術の普及を目指し、作られたシステムのため。現在世界各地でかなりブロックチェーンを使った支払いなどが普及してきました。したがって、暗号資産の価値が今後も上がることが予想され、その中でもIOSTの通貨価値上昇率は、アルトコインの中ではかなり大きいものと考えます。
(20代・学生・6ヵ月以内に投資開始)

仮想通貨ビットコイン(BTC)は10年後どうなっている?価格や利用者数などの専門家予想をまとめました

和訳

ビットコインの2012年ストックフローモデルはまだ機能しています!

2009年〜2012年のデータ(緑の線で示している半減前の4つのデータポイント)で作成されたS2Fモデルは、

99.5%R2で2013年〜2019年(7つのサンプル外のデータポイントと青の線)を正しく予測していました。

現在から予測すると:2021年-100,000ドル、2025年-1,000,000ドルにも到達すると言われていまs。

3.投資家ティム・トライパー氏:「ビットコインは2030年Q1までに、25万ドルに成長する」

これまでの予想よりは価格は落ち着いていますが、 ビットコインはどこで買うべき 2019年の80万円と比較すると約33倍 です。

また トライパー氏は過去にも予想を的中させていた人物として有名 で、ビットコイン価格が約400ドルで取引されていたとき(2014年9月23日)、「ビットコインが3年以内に10,000ドルに達すると」公式に予測し、実際にその価格を当てています。

そのほかの仮想通貨の業界予想

専門家によって価格の差はありますが、現在の価格から考えると強気な予想がされています。

ドイツ銀行の予想:「2030年には現金を代替する」

つまり 仮想通貨が金融商品の主流になる ということです。

理由として、 仮想通貨はセキュリティ、スピード、安価な取引手数料、保管の容易さがあるので、そのほかの金融商品よりも優位性があるため としています。

ビットコインに今から投資するならどこで口座開設すればいい?

より詳しく比較してみたい方は以下の比較表をチェックして、納得して仮想通貨のおすすめ取引所の口座開設をしましょう。

【初心者向け】仮想通貨はどこで買うべき?おすすめ取引所4選

・本一覧に記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。

金融庁・財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません 暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。

暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください

≪暗号資産を利用する際の注意点≫

暗号資産は 、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる 電子データです

暗号資産は 、価格が変動することがあります。 暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります

○ 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。 利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください

○ 暗号資産の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、 利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください

暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています 。暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください

引用:暗号資産交換業者登録一覧

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる