お取引ガイド

さまざまな投資情報

さまざまな投資情報
不動産投資初心者から好評のオンラインセミナーをほぼ毎日開催、23区のIoT・新築マンション投資

5G MECの全国展開を順次開始

ソフトバンクは5G MECを活用して、ソフトバンクが2021年10月に日本で初めて商用サービスを開始したスタンドアローン(Stand Alone)方式の5G商用サービス(以下「5G さまざまな投資情報 SA」) ※1 による、低遅延かつ高品質でセキュアなアプリケーションの通信環境を提供します。ソフトバンクは、総合デジタルプラットフォーマーとして、さまざまな企業・団体のDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進やデジタルツイン ※2 の実現など、Beyond 5G時代の社会を見据えた産業の発展や課題解決に貢献します。

これまでのモバイルネットワークやインターネット上の通信では、お客さまがサービスを利用する際に、遠距離にあるアプリケーションサーバーへアクセスする必要がありました。今後は5G MECを活用して、5G SAのネットワーク内のお客さまの通信端末に近い場所にアプリケーションを展開することで、サーバーへのアクセスにかかる時間を大幅に短縮することができ、高速で低遅延のサービスをご利用いただけるようになります。

ソフトバンクの5G MECでは、次世代のアプリケーション開発の業界標準であるKubernetes(クバネティス) ※3 ベースのコンテナ基盤を提供します。また、サーバーの設置など物理基盤の構築からアプリケーションの展開まで自動化しているため、サービスの提供の迅速化、耐故障性およびアプリケーションの開発やトライアルの容易性に優れたネットワーク環境を提供します。さらに、5G MECでは、ソフトバンクによるサービスの提供だけではなく、お客さまによるサービスの提供にかかる時間も大幅に短縮して迅速にサービスを展開することができるため、自動運転やスマートビルの管理、工場の自動化、クラウドゲーミングといったさまざまな産業のユースケースでの活用が可能です。

ソフトバンクは、「ソフトバンク5Gコンソーシアム」の参画企業・団体をはじめとするパートナー各社との多種多様なユースケースの実証実験を進めるとともに、5G MECの全国展開を進めていきます。さらに、SRv6 Flex-Algo ※4 やSRv6 MUP(Mobile User Plane) ※5 といった最新技術を組み合わせることで、サービス要件に応じた専用の仮想ネットワークが提供できるネットワークスライシングや、MECの特性を生かした低遅延サービスを、より迅速かつ柔軟に提供できるよう開発を推進していきます。

各社のコメント(順不同)

ソフトバンクの常務執行役員 兼 さまざまな投資情報 CIOの牧園 啓市は、次のように述べています。
「5G MECの全国展開は、ソフトバンクのビジョンの一つである総合デジタルプラットフォームの実現に向けた大きなマイルストーンです。5G MECは、SRv6 MUPとSRv6 Flex-Algoによるネットワークスライシングに対応した柔軟で自動化に優れた基盤であり、さまざまな産業界を横断してお客さまのニーズに応えていくことができるものです。ソフトバンクは、この5G さまざまな投資情報 MECを活用することで、われわれのパートナーと共にエコシステムを構築し、総合デジタルプラットフォームの提供を目指していきます」

ソフトバンクとSRv6や5G MECの活動に取り組んでいる、F5 Networks.Incのセキュリティ&ディストリビューテッド・クラウド・プロダクト・グループのSenior Vice PresidentのAnkur Singla(アンカー・シングラ)氏は、次のように述べています。
「ソフトバンクは、あらゆる分野の企業や組織のDXを実現することに取り組んでおり、この目的の実現のため、同社のクラウドパートナーに選ばれたことを光栄に思います。ソフトバンクとF5は日本において15年以上にわたり緊密に連携しており、業界横断的な協力関係による共創を通して、新たなイノベーションを生み出し続けています。さらに、企業の垣根を越えて、クラウドの運用と最新のアプリケーションのシームレスな統合、そして卓越したエンドユーザーエクスペリエンスの実現という共通のビジョンを共有しています。F5は、この共通ビジョンの実現に向けて、5Gサービスとさらなる領域におけるクラウドネーティブのユースケースを探究し、ソフトバンクをさらに支援していく所存です」

Corezero Pte.Ltd. CEOのYee Soon(イー・スン)氏は、次のように述べています。
「Corezeroはソフトバンクが提供する5G MECの取り組みに参加できることを大変楽しみにしています。CorezeroはLaaS(Logging さまざまな投資情報 as a Service)を提供しています。Corezeroが開発したフラッグシップソリューション『FFWD』は、最新のソフトウエアアーキテクチャをベースにリアルタイムで可観測性を提供するシステムで、本来必要とされるログ収集とログ関連付きの分離、コンピュートとストレージの分離を実現します。このシステムは、現在大量のログと関連するプロファイルが必要とされる分散クラウド環境で必須になるとされています。Corezeroは、ソフトバンクと協業して、LaaSをはじめとする低コストのプログラマビリティで強化された5G MECを提供します」

株式会社ナイアンティック 代表取締役社長の村井 説人氏は、次のように述べています。
「ソフトバンクとはこれまで、ナイアンティックのAR・位置情報ゲームの各タイトルを活用したプロモーションや、ライブイベントにおけるネットワークの最適化などに一緒に取り組んできました。このたびの5G MECの全国展開は、ナイアンティックのゲームタイトルだけでなく、『Niantic Lightship ARDK』を利用している開発者やクリエーターにとっても可能性が広がる取り組みであり、今後日本から革新的なAR体験が創造されるきっかけになると信じています」

Vantiq株式会社 共同創業者 兼CEOのMarty Sprinzen(マーティ・スプリンゼン)氏は、次のように述べています。
「Vantiqは、通信業界に大きな価値をもたらすソフトバンクの5G MECの取り組みに参画できることを喜ばしく思います。ソフトバンクが提供するエッジコンピューティングを実現するデジタルプラットフォームと、Vantiqが提供するリアルタイム分散処理の仕組みは、ミッションクリティカルで超低遅延なビジネスアプリケーションの提供を通して、市場に破壊的な革新を促す最適な組み合わせだと信じています」

株式会社ミクシィ 開発本部 本部長の吉野 純平氏は、次のように述べています。
「コンテナがベースとなっているソフトバンクの5G MECに大変期待しています。ミクシィではKubernetesを中心としたコンテナ基盤を活用しており、ソフトバンクの5G MECのような全国に分散された通信ネットワークと親和性が高い基盤を使って、スポーツ領域でのイノベーションを模索していきたいと思います」

ヤフー株式会社の取締役 常務執行役員 CTOの小久保 雅彦氏は、次のように述べています。
「ヤフーをご利用いただく、大変多くのお客さまに安心・安全・快適なサービスを提供するために、ヤフーは新技術の導入にも積極的にトライしていきます。そのような背景の中で、通信の信頼性はもちろん、処理速度の大幅短縮、コンテナ基盤提供による導入のしやすさなど、CSP(クラウド・ソリューション・プロバイダー)インフラがお客さまのモバイル端末により近づくことで、ヤフーのサービスの可能性を広げるであろう5G MECの拡大に大変注目しています。また、コンテンツサービスプロバイダーが世界と戦うことになった際に、世界に点在するMECが強力な武器になり得ると考えます。ソフトバンクがこの重要なプラットフォームの展開をリードされることに大いに期待しています」

日本コンピュータビジョン株式会社 代表取締役社長のAndrew Schwabecher(アンドリュー・シュワベッカー)氏は、次のように述べています。
「日本コンピュータビジョンの顔認証プラットフォームは、全国数千の店舗やエンターテインメント施設に広く採用されています。また、商業施設やスタジアムなどで空間画像認識による高精度かつ超低遅延なAR体験をお客さまに提供しています。ソフトバンクの5G MECを活用することで、リアルタイム演算処理は高精度かつ超低遅延になります。ソフトバンクの5G MECによって、オンラインとオフラインをつなぐメタバースのプラットフォームの構築を後押しすることができると確信しています」

BBIX株式会社の代表取締役社長 兼 CEOの池田 英俊氏は、次のように述べています。
「ソフトバンクの5G MECは、SRv6をベースとしたネットワークの上に構築して、分散コンピューティングの実現に最適なネットワーク技術が採用されており、これからのデジタル社会を担う基盤として大いに期待しています。BBIXは、地方のインターネットエクスチェンジ基盤をベースに、ソフトバンクをはじめ他の事業者と共に、デジタルツイン時代に最適なネットワーク基盤を実現していきます」

資産運用セミナーの探し方と選び方は?参加判断のポイントも

プロパティエージェントのマンション投資

東京23区・横浜中心のワンルームマンションで入居率99%超!東証プライム上場企業で融資にも強み

湘建の無料不動産投資セミナー

期間限定でセミナーを無料オンライン配信!オンライン面談の方には【Amazonギフト2000円分】

エイマックス(A-MAX)

エイマックス(A-MAX)のマンション投資

東京23区中古ワンルームで入居率99.2%、月々収支黒字・購入後の賃料アップ実績多数・保証も充実

無料で参加できる、初心者向け不動産投資セミナー・イベント

インヴァランス

インヴァランスの無料不動産投資セミナー

不動産投資初心者から好評のオンラインセミナーをほぼ毎日開催、23区のIoT・新築マンション投資

FJネクスト

FJネクストのマンション投資

東証プライム上場のマンション会社!入居率99%・金利1%台・フルローン可。非公開物件も

シノケンプロデュース

シノケンプロデュースのアパート経営

個別オンラインセミナー開催中!55000人が参加、初心者が失敗しない為の不動産投資セミナー

成人年齢引き下げでターゲットのおそれ
SNSやマッチングアプリで広がる不審なビジネス勧誘

都内の大学で開かれたSNSリテラシーの講義

学生に届いたメッセージ

渋谷で話を聞いた18歳の大学生

送られてきた「PR案件」の勧誘メッセージ

コロナ禍の孤独につけこむ“マッチングアプリ勧誘”

トラブルを経験した大学生のハルトさん

喫茶店でジュン(仮名)と会ったハルトさん そこで…(取材に基づく再現)

ジュンにサークルの責任者を紹介された(取材に基づく再現)

責任者は「自分を変えないか」とビジネスの勧誘をしてきたという(取材に基づく再現)

ハルトさんはショックで大学にしばらく行けない日が続いた

勧誘された私が“勧誘する側”になるまで

取材に応じるYさん

Yさんが送っていた勧誘メッセージ

Yさんの勧誘方法のイメージ

トラブルを回避するために 対策は?

成蹊大学 高橋暁子客員教授

学生を対象にしたアンケートの一部

学生のアンケートから見えた傾向は?

高橋暁子
客員教授

成人年齢引き下げに伴う懸念は?

高橋暁子
客員教授

具体的にどのようなことに注意をすればいいのでしょうか?

高橋暁子
客員教授

そのためには、 さまざまな投資情報
①SNSやアプリに身元が分かるような書き込みを安易にしないこと
②ネットで知り合った相手が本当に信用できるか慎重に判断することが重要だといいます。

T&D保険グループ サステナビリティステートメント

T&D保険グループでは2021年5月に「保険を通じて、“ひとり”から、世の中のしあわせをつくる。ていねいに向き合い、大胆に変えるグループへ。」を経営ビジョンとして掲げ、2025年度に向けたグループ長期ビジョンを策定しました。長期ビジョンのグループ成長戦略・重点テーマの1つを「SDGs経営と価値創造」とし、社会的価値の創造を定量的に測る「非財務KPI」を新たに設定しました。SDGs経営に取り組み、社会課題を解決していくことは、当社グループが目指す「共有価値の創造」を実現し、「世の中のしあわせ」を生み出すことになるものと考えています。

私たちT&D保険グループは、社会とともに持続的に成長する保険グループであることを目指し、これからも一歩一歩、その歩みを続けていきます。

【T&D保険グループ 経営ビジョン/グループ長期ビジョン】

T&D保険グループ 経営ビジョン/グループ長期ビジョン】

2.T&D保険グループのサステナビリティ重点テーマ

T&D保険グループは、事業活動に関わるさまざまなサステナビリティの分野から、社会にとっての重要度が高く、当社グループの事業との関連が大きい重要な社会課題を「SDGsの17の目標と169のターゲット」から抽出し、重点的に取り組む4つのサステナビリティ重点テーマを、以下のとおり定めています。グループ長期ビジョン「Try&Discover2025」においても、テーマごとに事業を通じた取組みを進めています。

お客さまのニーズにあった最適で質の高い商品・サービスを提供することにより、保険事業を通じて社会の持続的成長と、社会課題の解決に貢献します。
<私たちのターゲット>
・2025年度までお客さま満足度を前年度水準以上

画像:重点テーマ① すべての人の健康で豊かな暮らしの実現

すべての人の人権を尊重するとともに、従業員の人格と多様性を尊重し、健康で安全に働ける環境を確保することにより、人材育成を図ります。
<私たちのターゲット>
・2025年度まで従業員満足度を前年度水準以上

画像:重点テーマ② すべての人が活躍できる働く場づくり

お客さまに保険商品・サービスを提供する自らの事業活動を通じて、気候変動の緩和と適応に貢献し、ネットゼロ社会の達成、生物多様性の保全にも取り組みます。
<私たちのターゲット>
・2025年度までに自社のCO2排出量を40%削減
・2050年度までに自社のネットゼロ達成

画像:重点テーマ③ 気候変動の緩和と適応への貢献

責任ある機関投資家として、環境・社会・企業統治に配慮した投資を行うことで、長期安定的な収益の確保と持続可能な社会の実現に貢献し、社会とともに持続的に成長することを目指します。
<私たちのターゲット>
・2030年度までに投融資先のCO2排出量を40%削減
・2050年度までに投融資先のネットゼロ達成

厚木市における「サステナブルシティの実現に向けた包括連携協定」を締結

厚木市(市長:小林 常良)、厚木ガス株式会社(社長:佐々木 孝、以下「厚木ガス」)、東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)は、本日、「サステナブルシティの実現に向けた包括連携協定」(以下、「本協定」)を締結しました。
2021年6月に改正地球温暖化対策推進法が施行され、脱炭素社会の実現に向けて地方自治体における取組が求められる中、厚木市は2021年2月に、2050年までに二酸化炭素排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を表明しました。その実現に向け、「第5次厚木市環境基本計画」(2021年3月策定)、「厚木市地球温暖化対策実行計画」(2021年3月改定)に基づき、再生可能エネルギーの普及促進を始め、省エネルギーの促進、地球温暖化防止に向けた意識向上などの取組を進めています。
本協定は、厚木市、厚木ガス及び都市ガス卸供給元である東京ガスの3者が相互に連携し、脱炭素社会に関する知見や技術を活用し、「サステナブルシティの実現」を目指すものです。今後3者は、定期的な協議を通じ、具体的な実施内容を決定していきます。

【本協定における連携事項】

  1. カーボンニュートラルの実現に向けた取組に関する事項
  2. 地域の防災機能強化など災害レジリエンス向上に関する事項
  3. 地域の活性化に資する新しい仕組みや価値を創り出す共創に関する事項
  4. その他市民サービスの向上に関する事項

包括連携協定イメージ

厚木市 市長 小林 常良 さまざまな投資情報 コメント

厚木市では、2050年カーボンニュートラルの実現を目指し、2021年2月に「ゼロカーボンシティ」を表明いたしました。
カーボンニュートラルの実現に向けては、行政自らがその役割を果たすとともに、市民・事業者の皆さまと一体となって、地域課題の解消に向けた取組を加速させる必要があると考えております。
そのような中、地元のエネルギー企業として長年にわたり地域貢献に取り組んでこられた厚木ガス、先進的な取組により豊富なノウハウを持つ東京ガスと協定を結ばせていただきました。カーボンニュートラルの実現を始め、防災レジリエンスの向上、地域共創などについて、共に取り組んでいただけることを大変心強く感じております。
今後は、3者が持つ強みを生かして、カーボンニュートラルの実現を始めとする持続可能なまちづくりを強力に推進してまいります。

厚木ガス式会社 取締役社長 佐々木 孝 コメント

厚木ガスは「アナタとツナがるエネルギー」をスローガンのもと地域に愛される企業を目指し、都市ガスやLPガス、電気の安定供給を通じて60年以上厚木市を中心に地域貢献に取り組んでまいりました。
また、地域の皆さまが安心・安全にガスをご使用できるよう強靭なインフラ構築にも努めてまいりました。
地域のエネルギー企業として、今回の包括連携協定をきっかけに、未来へ繋がるカーボンニュートラルの実現や地域のレジリエンス強化に努め、厚木市に深く根差した企業として、魅力あるまちづくりができるよう3者で力を合わせ地域の課題解決に取り組んでまいります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる