基本情報

テクニカル分析解説

テクニカル分析解説

っていうことは、テクニカル分析のチャートパターンに従ってここで「売り」をしていった人たちは、皆損したんですよね。

バイナリーオプション・テクニカル分析の基礎講座【指標の種類や組み合わせも解説】

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

バイナリーオプションのテクニカル分析の基本を学ぶ

まず最初に、バイナリーオプションにおけるテクニカル分析とはどのようなものかを理解しておきましょう。

テクニカル分析が必要な理由

バイナリーオプションでテクニカル分析が必要なのは、 勝率アップに直結するから です。

しかし、多くの場合はペイアウト率が2倍未満に設定されているため、 50%の勝率だと資金は減っていく一方 です。勝率も安定せず、負け続きになってしまうこともあるでしょう。

テクニカル分析のメリット&デメリット

テクニカル分析を習得して分析力を磨いていくと、 より正確に値動きを読めるようになり、高い勝率を維持することが可能 です。視覚的に値動きを理解できるため、投資や為替などに関する知識がない人でも問題なく実践できます。

しかし、過去の値動きに基づいた分析手法なので、 必ずしも分析結果どおりの値動きをするとは限りません。 過去に事例のないことが突発的に起こった場合には、チャートの急変に巻き込まれてしまう可能性もあります。

テクニカル分析に必要なツール&アプリ

バイナリーオプションのテクニカル分析ツールとして、最もポピュラーなのが 「MetaTrader4(通称MT4)」 です。

MT4は一般的なチャートを複数表示することが可能で、相場予測に用いられる指標も一通り利用できます。カスタマイズ性も高く、 初心者からプロまで世界中の多くのトレーダーが愛用しているツール です。

バイナリーオプションの無料ツールおすすめ6選【有料ツールとの違いも紹介】 バイナリーオプションでは、ツールを使って分析するのが重要なポイントの一つです。 有料ツールもあるけれど、無料のものもたくさんあるか.

バイナリーオプションで使えるテクニカル分析の種類

テクニカル分析をより具体的に理解するには、手法を一通り見てみるのが近道です。

ローソク足

ローソク足はチャートの直接的な分析によく用いられています。

ローソク足は 「実体」と呼ばれる太い線とその上下に伸びる「ひげ」で構成 されているのが特徴です。一つのローソク足が一定期間における値動きの結果を示していて、チャートの時間足に応じてどのくらいの期間の結果を集約したものになるかが異なります。

実体の下端・上端:始値・終値
実体から上に伸びる上ひげの先端:高値
実体から下に伸びる下ひげの先端:安値

また、 値上がりをしたときには「陽線」、値下がりをしたときには「陰線」 と呼び、色分けをして表示するのが一般的です。

水平線は一般的にチャートの水平方向に引く直線を指します。チャートの縦軸は価格を示しており、 同じ価格になっているところがどこかを視覚的に見やすくする ことが可能です。

レンジ相場では 価格が水平線付近に到達すると反発が起こりやすい のが特徴で、レジスタンスライン付近まで値上がりを起こすと値下がりしやすく、サポートライン付近まで値下がりしたときには値上がりを起こすのが一般的です。

トレンドライン

一方、トレンドラインは上昇トレンドあるいは下降トレンドが発生している相場のときに用いられます。トレンドラインを引くと、およそ ラインに沿った形で値動きを起こしていることが視覚的に判断できる ようになるのがメリットです。

上昇トレンドの場合
ローソク足の安値付近を結ぶのを基本として、上昇トレンドが始まった辺りを起点にラインを引く
下降トレンドの場合
ローソク足の高値付近を結ぶのを基本として、下降トレンドが始まった辺りを起点にラインを引く

バイナリーオプションのライントレードとは?【水平線・トレンドライン・フィボナッチラインの引き方も解説】 バイナリーオプションのテクニックについて調べていると「ライントレード」というキーワードによく遭遇します。 テクニカル分析をする上で.

トレンド系指標

移動平均線

(引用元:楽天FX)

移動平均線は一定期間の終値の平均値を計算してグラフ化したものです。過去にさかのぼって平均化した値を視覚化し、 過去から現在にかけてどのような変化をしてきたか を直感的に理解できるようにします。

相場の方向性を判断するのに役に立つ指標で、以下のように 短期移動平均線と長期移動平均線のクロスを見る 手法がよく知られています。

ゴールデンクロス
短期線が長期線を上向きに抜ける状態。上昇トレンドが発生するサインです。
デッドクロス
短期線が長期線を上向きに抜ける状態。上昇トレンドが発生するサインです。

一目均衡表

(引用元:アイネット証券)

一目均衡表は昭和初期に生み出されたテクニカル指標で、 トレンドの方向性を見定めたり相場の強さを判断したりする のに用いられています。

転換線
基準線
先行スパン1・2
遅行スパン

用法としては、先行スパン1と先行スパン2の間に挟まれた「雲」と呼ばれる領域に着目するのが典型例です。 ローソク足が雲を抜けるのをサインとして、価格の上昇や下降を予測 してエントリーすることができます。

ボリンジャーバンド

(引用元:FXブロードネット)

ボリンジャーバンドは ボラティリティ(価格変動の度合い)がわかる指標 になっていて、相場の変動が大きいときにはバンドが広がります。バンドが広がっていくと大きなトレンドが発生するサインだと考えるなど、様々な活用方法がある指標です。

中でも覚えておきたいのが、上図のように ボリンジャーバンドに連続でローソク足がタッチする「バンドウォーク」 です。このバンドウォークが発生している時は相場の勢いが一方向に強いと判断でき、その後もローソク足がトレンド方向に進む傾向があります。

パラボリック

(引用元:FXブロードネット)

パラボリックは放物線を意味する指標で、ストップアンドリバース(Stop and Reverse:SAR)と呼ばれる指標を表示して トレンドの転換点を見つける のに用いられています。

そして、 ローソク足がSARに触れたときはトレンドの転換点が到来 することを示唆します。

標準偏差ボラティリティ

(引用元:楽天証券 トウシル)

標準偏差は統計的なばらつきを示している数値で、トレンドの傾向をつかむのに有効です。 標準偏差ボラティリティが大きいときほど相場の動きも大きくなる ため、トレンドが発生しているときには強弱が一目でわかります。

(引用元:アイネット証券)

DMIはDirectional Movement Indexの略称で、日本語では「方向性指数」と呼ばれています。後述のオシレーター系指標に含まれる場合もありますが、トレンド系指標としても活用できます。

高値と安値の動向から 相場の上昇力と下降力の強さを「+DI」「-DI」という2つの指標で評価 テクニカル分析解説 するのがDMIの特徴です。以下の関係式により、トレンド相場を見抜くのに用いられます。

テクニカル分析とファンダメンタル分析、株式市場ではどちらが重要か

テクニカル分析とファンダメンタル分析、株式市場ではどちらが重要か

テクニカル分析とは、過去に発生した株価や出来高等の取引実績から将来の価格を予想・分析する手法です。
ファンダメンタル分析の様に企業の業績や世界情勢はもちろん、日本や海外における政治や金融政策の変化などは一切考慮に入れず、株価や出来高で計算された数値で淡々と投資判断を行って行くのがテクニカル分析の大まかな特徴です。
価格の勢いや、売られ過ぎ・買われ過ぎという判断では、テクニカル分析はとても役に立ちます。

個人投資家はテクニカル分析が好き

  • ①取引価格の上昇トレンドと下落トレンドへの転換を見出す方法
  • ②取引価格に対する売られ過ぎや買われ過ぎを見出す方法

株は『美人投票』、テクニカル分析で充分

株価は業績が良いからと言って必ず上がるとは限りません。
株価は業績が良い銘柄が上がるのではなく、買う人が多いと上昇します。
難しいことは考えずに美人と思う投資家が多くいる株に投資することも、株式投資においては有効な手法といえるでしょう。

短期~中期投資はテクニカル分析が向いている

株式の価値という考え方ではファンダメンタル分析

ファンダメンタルが個人投資家に不人気なのは難しいから

ファンダメンタル分析で利益は重要な分析ポイントです。
しかし、最終利益がどのくらいか発表されていても、発表された利益は貸倒引当金などでお化粧をされていることも多く、きちんとしたファンダメンタル分析はプロもかなり経験が必要となります。
何よりも株価は人気投票ですので、どんなに業績が良くても買い注文が集まらなければ株価は上がりません。

中期~長期投資はファンダメンタルズ分析が向いている

テクニカル分析、ファンダメンタル分析両方勉強しよう

  • ○テクニカル分析は比較的簡単、結果も出やすい
  • ○テクニカル分析は短期~中期投資にお勧め
  • ○ファンダメンタル分析は専門知識が多く理解するまで期間と勉強が必要
  • ○ファンダメンタル分析は中期~長期投資にお勧め
  • ○どちらも重要なので苦手意識を持たずに勉強しよう
  • Tweets by manekai_pr

※当サイト内に掲載されている[PR][Sponsored]の表記がある商品は広告(アフィリエイトプログラム)により編集部のおすすめとしてご紹介させて頂いております。 ※当サイト(マネ会 by Ameba)はクレジットカードやカードローンなどのお金に関する情報を提供しており、クレジットカードの申し込みを斡旋するのではありません。 ※クレジットカードやカードローン、キャッシュレスに関する個人の相談や質問にはお答えできません。 ※当サイトはGoogleのコンテンツポリシーのガイドラインに沿ってコンテンツを製作していますが、情報の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。 ※金融商品への申し込みは各公式ホームページに記載されている内容をご確認の上、自己判断で申し込みをしていただきますようお願いいたします。 テクニカル分析解説 ※当サイトはマネ会 by Amebaと提携している企業のPR情報が含まれています。 ※当サイトの広告から発生する収益はコンテンツ品質向上のためのコストとして使用させていただいております。

マネ会 by Amebaは、株式会社CyberOwlが運営しているサービスです。 テクニカル分析解説
株式会社CyberOwlは、東証一部上場企業である株式会社サイバーエージェント(証券コード:4751)のグループ企業です。

テクニカル分析とは?FXのテクニカル分析の極意から注意点まで徹底解説

チャ-ト

レンジブレイクアウト

テクニカル分析解説
っていうことは、テクニカル分析のチャートパターンに従ってここで「売り」をしていった人たちは、皆損したんですよね。

というように、 一時的にテクニカル分析的には売りのように見える動きが発生したとしても、より大きな流れが支配しているときとか、全く違う要因によって反対に動くというようなことはある んですよ。

吹き出し画像

吹き出し画像

テクニカル分析のまとめ

吹き出し画像

テクニカル分析とは、 過去の通貨の値動きのチャートから未来の値動きを判断するという分析法 でしたね。

テクニカル分析において最も重要なことは、 流れが切り替わるポイントに絞って売買をする ことです。

なので、ファンダメンタルズ分析などで大きな流れを踏まえつつ、テクニカル分析の力を最大限利用して 戦略的・戦術的なトレード ができるようになっていってください。

FXで勝ち続ける次世代トレーディングの極意を知りたくありませんか?【豪華プレゼント付き】

つまり、ブログでは書けないような更に深い内容を、様々な事例を取り上げながらご紹介しています!

更に今なら、 FXで勝ち続けるためのメンタルと手法を学べる、電子書籍と講義もプレゼント しています!

仲間づくりのために、メルマガでは質問なども受け付けていますので、 ボクに直接ホットラインで質問できる ようになります!

電子書籍プレゼント

P.S.
FXについてどこからはじめて良いかわからない方はこちらの記事から読んでみてください!

P.P.S.
FXで自由な時間とお金が欲しい? まずはこの記事で「FXトレーダーの真実」を知ってください…。

人気ブログランキング参加しています!
良ければ下リンクをポチッとお願いします!

  • メンタルをブラされることなく、ストレスフリーで勝ち続けられている3つの秘密
  • 初心者がゼロから勝ち続けるトレードスキルを習得するための成功法則
  • ドラゴンボールから学ぶ究極のFX上達法

無料メール講座に登録する

テクニカル分析解説

2 件のコメント

コメントを残す コメントをキャンセル

RECOMMEND

これだけ見れば完璧!ローソク足の見方からチャートパターン手法まで徹底マスター

FXの勉強法とは?種類と具体的なステップまで徹底解説

【3/2追記あり】新型コロナウイルスショック!相場暴落時の対処法【FX】

FXで出来高を確認する意味とは? 使い方&おすすめインジケーター

FXで勝てるようになるための効率の良いトレーニングとは?~トレーダーの描…

【本気の人向け】絶対にやってはいけないトレード日記の書き方TOP3

スキャルピングやるならFXは損!もっと美味しい市場があるぞ!

FXの仕組みを図解で解説!利益と損失の仕組みをはじめから丁寧に

FX初心者はまずここから!「FX基礎編動画無料セミナー」↓↓

FX初心者はこの順番で記事を読もう!↓↓

FXを初めて3ヶ月〜半年以上の方へ!伸び悩んだらここをチェック!↓↓

海沼 光城

海沼 光城 / Mitsushiro Kainuma

『THEORIES 相場で生き残る11の法則』『THEORIES 相場で生き残る11の法則』はAmazon Kindle 有料書籍の「ビジネス・経済」部門、「投資・金融」部門、「財務会計」ランキングで堂々1位を獲得!(2020年2月10日時点)

「FXの発信をしている人は、『勝ててないのに勝っているフリをしている』人が多い中、海沼さんは、本当に勝ち続けているんだな、というのが伝わってきます。」「みつしろさんの失敗談やそこから来る人生観が書かれていて、凄いエネルギーをもらえる本です!」など、発売開始直後から大きな反響をいただいています。

『FX2.0』
ついに累計48000ダウンロード超え!
特に鉄板手法の「逆張りからのトレンドフォロー」とどんなに手法を覚えても身に付けることができない秘伝の「負けなくなるメンタルコントロール術」が無料で手に入ると、FX初心者からベテラントレーダーまでロングランの人気電子書籍です。

人気記事ランキング

カテゴリー

無料メルマガ特典の電子書籍の感想

Yと申します。今回メールさせていただいたのは、みつしろさんのおかげで、8月のトレードで利益が残すことができたからです!
しかも390pipsを獲得することができました!FXを始めて2年くらい経ちますが、月単位で結果を残すことができたのは初めてです。
5月からグランドセオリーに入会し、翌日から養成ギプスでコツコツとエントリー、利食い、損切りを無意識にできるよう訓練してきました。 テクニカル分析解説
それから、みつしろさん推奨の日足、4時間足で朝一の環境認識だけでトレードする手法を使い、大きく利益を残している状況です。
これからもロットを上げながらコツコツとこの手法を使い、利益を残せるよう頑張っていきます!

suideiさん

kazuさん

kenboさん

こんにちは。とても無料とは思えない内容のコンテンツを提供していただきありがとうございます。
最も感心させられてしまったのは、プロの手法や考え方を惜しげもなく披露していただけることは
もちろんですが、トレードを通した人生感や哲学も教えていただけるところでした。
とかくどのくらいの期間でどのくらい設けたという話が跋扈するこの業界の中で、健康や日常生活とをうまく融合させてトレードにあたるという考え方に脱帽といった感じです。ありがとうございます。
また、自分も格闘技と麻雀に興味があり桜井章一さんを勝手に人生の師としているところでしたが、動画で桜井章一さんの本の一文を引用されていたことにはとても驚愕しました。
桜井章一さんの言葉で日常がだらしない人間が ”勝負のときだけ勝とう”というのは誤りだ、みたいなのがあるのですが、トレードについても同じなんだなぁと感心させられました。 テクニカル分析解説
現状マイナスからのトレードとなっていますが、勉強しなおしてコツコツ日常生活ともども修正していきたいと思います。
いやぁとても良い方にネットを通してですがお会いできたことに感謝です!

自分はFXを始めて1か月くらいの初心者です。いつも勉強させていただきありがとうございます。
自分はレジサポ転換をメインでやっていこうとトレードインターセプターで検証を重ねていましたが、実践では謎のポイントでエントリーし見事に高値や安値をつかんで敗北したり、いいポジションを持っても逆行するローソク足の動きにビビって決済したりで全く勝てませんでした。
しかし、今日こそみつしろさんの教えを実践しようと思い、今日の夕方につけたユーロ円の高値をブレイクしたあとの戻しを待ってエントリーし、ついに12pipsとることができました!!本当にうれしいです。みつしろさんのおかげです!
特に勉強になったのは待つことの重要性です。みつしろさんはとにかく待てとおっしゃっていましたが本当にその通りだと思いました。あとはカップアンドハンドル、フラッグなどの具体的な形を教えていただいたのでレジサポ転換をする上での武器が増えたような気がします!また、トレードで大事なのはメンタルだなとも感じてきたので、そのあたりも詳しく話していただいて勉強になります。逆張りからのトレンドフォローもレジサポ転換を極めたら挑戦しようと思います!
当然まだまだマイナスなんですが今日の初勝利の気持ちを忘れずに徐々に利益を出せるトレーダーになりたいと思いますので、これからもたくさん勉強させていただければと思います。

ISAMIさん

現状、勝てていない人には素晴らしい電子書籍だと思います。本当に有料級だと思います!私にはとても勉強となりました。
これからは自然体でできるトレードスタイルで、エネルギー効率が高いトレードを確立していきたいと思います。
FXで負ける人の4パターンでは、その全てに当てはまっていました。
解決するための具体的な方法も書かれていますので参考にして変えていくための努力をしていきます!
まずは「トレードしている以外の時間」の過ごし方から変えていくことがとても大事なんですね。
そして、とにかく「余計なことをしない」、コレがやっぱり究極の上達法だと思います。
これからも、いろいろと勉強させていただきたいと思います。どうもありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる