FX取引データ

レーザートレード

レーザートレード
デケデケデン・・・デケデケデン・・・
(↑これに合わせて、たん!たん!たん!たん!と手拍子をします)

レーザートレード

対応取引 株式取引・先物オプション

『レーザートレード』は、GMOクリック証券に口座をお持ちのお客様なら、どなたでも無料でご利用いただけるトレーディングツールです。
株式取引(現物/信用)、先物・オプション取引の注文を、リアルタイムの板画面やチャートから、スピーディーに発注していただけます。
インストールの必要もないので、どなたでもすぐにご利用いただけます。

レーザートレード3つの特徴

インストール不要
インターネットブラウザ上でそのまま使えるツールなのでインストールの必要がなく、会員ページから [レーザートレード] ボタンをクリックするだけで簡単にご利用いただけます。

様々な環境に対応
パソコン環境に依存しないので、Windowsユーザーだけでなく、Macユーザーの方もご利用が可能です。 ウェブブラウザは、Internet ExplorerとFirefoxに対応していますので、使い馴れた環境でご利用いただけます。

ドラッグ&ドロップでチャートや注文ウィンドウが簡単起動

主な機能一覧

レーザー注文 リアルタイムの板情報を見ながらマウス操作のみで入力、ダブルクリックで発注できる、画期的な注文ウィンドウです。
株式取引(信用取引も含む)、先物オプション取引に対応しています。
チャート 自動更新のリアルタイムチャートが表示されます。
最大2画面表示でき、チャートから簡単に新規注文、返済注文、注文の変更・取消をしていただけます。
注文ライン、ポジションラインを移動させての発注も可能です。
注文ウィンドウ 板画面を見ながら注文できる画面です。
板画面のみ、注文パネルのみの表示もでき、お客様のお好みで選択いただけます。
板画面は最大8件表示でき、簡単に並べることができます。
ウォッチリスト 最大100件の銘柄が登録でき、登録した銘柄の情報はリアルタイムで自動更新されます。
ウォッチリスト画面から、即座に注文ウィンドウやチャートの表示ができます。
注文一覧・ポジション一覧 株式取引(信用取引も含む)、先物オプション取引ごとに有効な注文一覧及びポジション一覧が表示されます。
この画面から即座に注文の変更、取消及び売注文、決済が可能なので、注文タイミングを逃しません。
ランキング 過去3ヶ月以内の日付を指定し、株式の各種ランキング、業種別指数をご覧いただけます。
市場や業種での絞り込みも可能です。
設定 注文パネルのデフォルト値(口座区分、取引区分等)の設定や、各画面の自動更新、色の設定など、お客様のお好みに合わせてカスタマイズしていただけます。
  • 株式取引(現物/信用)
    • ※ NISA口座については情報照会のみ可能です。NISA口座でのお取引はPC会員ページをご利用ください。

    ご利用料金

    ご利用条件

    ご利用方法

    ご利用環境

    レーザートレード
    OS ウェブブラウザ
    Windows 8.1 Internet Explorer 11 (デスクトップ版のみ)
    Firefox
    Windows 10 Internet Explorer 11 (デスクトップ版のみ)
    Microsoft Edge
    Firefox
    Mac OS 10.9以上 Firefox
    Adobe Flash Player Adobe Flash Player Ver.10.2以上
    Adobe Flash Playerのダウンロード
    ディスプレイ 解像度1024×768 色32ビット 以上

    • ※ 上記ご利用推奨環境を満たしている場合でも、お客様のパソコン、ネットワーク環境などによりご利用いただけない場合もございますのでご了承ください。
    • ※ ご利用環境につきましては、予告なく変更させていただく場合がございます。
    • ※ リリース直後のバージョンは、当社の動作検証完了後にサポート対象となります。

    リリースノート

    バージョン2.20.0 リリースノート(2018年8月18日リリース)
    レーザートレードレーザートレード
    機能(追加/変更) 機能概要
    注文画面の取引区分の表示 一般信用売り取引の取扱開始により、注文画面の取引区分の表示を「現物」「制度信用」「一般信用」に変更しました。
    注文画面に返済期限を表示 一般信用売り取引の取扱開始により、注文画面・レーザー注文画面にて、取引区分「一般信用」選択時に対象銘柄の期限が表示されるようになりました。
    バージョン2.19.0 リリースノート(2018年7月14日リリース)
    機能(追加/変更) 機能概要
    オプション取引の呼値変更 大阪取引所における取引制度の一部見直しに伴い、オプションの呼値を 50円以下1円 から 100円以下1円に変更しました。
    先物・オプション取引の限月追加 大阪取引所の取引制度の一部見直しに伴い、直近の16限月(最長8年)が選択可能になるよう対応しました。
    バージョン2.18.0 リリースノート(2016年7月16日リリース)
    機能(追加/変更) 機能概要
    次期J-GATE対応
    (先物・オプション取引のみ対象)
    執行条件の変更に伴い「最良指値」を「対当値段」に名称を変更しました。
    先物オプション取引において、逆指値注文の発注時点で同意事項に未同意だった場合、確認ダイアログが表示されるようになりました。
    バージョン2.17.0 リリースノート(2016年7月9日リリース)
    機能(追加/変更) 機能概要
    次期J-GATEの一部事前対応 社内システムの対応作業をしました。
    バージョン2.16.0 リリースノート(2015年9月19日リリース)
    機能(追加/変更) 機能概要
    TOPIX100構成銘柄の呼値単位変更に伴う対応 TOPIX100構成銘柄につき、下記のとおり呼値単位の変更に対応しました。

    1株の値段が
    3,000円超〜5,000円以下:「0.5円」→「1円」に変更
    30,000円超〜50,000円以下:「5円」→「10円」に変更
    300,000円超〜500,000円以下:「50円」→「100円」に変更
    3,000,000円超〜5,000,000円以下:「500円」→「1,000円」に変更
    30,000,000円超〜50,000,000円以下:「5,000円」→「10,000円」に変更

    「PK」:取引中断が解除されたことを表します
    「IK」:板寄せが解除されたことを表します
    「単」:単一注文による買上がり、または売下がりを表します

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる