海外バイナリーオプション

取引信用リスク

取引信用リスク
  • 売上の増加とマーケットシェアの拡大
    取引信用保険を活用することで、回収不能リスクを低減しつつ、顧客への与信販売を拡大することができます。新たな地域への進出を加速させたり、L/C等への依存度を少なくすることができるかもしれません。
  • 資金調達
    取引信用保険が付保された売掛債権は金融機関から融資を受ける際に担保として認められることがあり、企業の成長をサポートするための追加資金の調達手段となる可能性があります。
  • 株主価値の向上
    多くのグローバル企業では、収益力を伴う高い成長を実現するための戦略的ソリューションとして、またバランスシート上の重要資産の一つである売掛債権に保全手段がとられていることを株主に対して保証するために、取引信用保険を利用しています。売掛債権は貸借対照表上の資産の40%以上を占めることもあります。
  • バランスシートの保護
    倒産、不払い、政治的要因等に起因した、販売先の債務不履行による損失を軽減します。

「SMART」導入事例

同社は、売上債権を有する取引先数が常時1,500社を超えるリース会社。リース債権の管理は、通常の売上債権の管理とは異なる。一般に、保有期間が3~5年と中長期にわたるためだ。同社では、リース債権から発生する可能性のある貸倒損失(信用リスク)を「なんとか全社的に把握したい」と考えていた。

しかし、自社でそれを行うには、時間も統計的な知識・ノウハウも必要。何度か検討を行ったが、実現には至っていなかった。

当社からのご提案(ご導入頂いたサービス)

・ 信用リスク定量化サービス(※)

※ お客様のお取引先全体に対する信用リスクを定量化し「信用コスト(平均損失額)」と「想定最大損失額」を把握できるサービスです。

課題の解決策

信用リスクの可視化・レポーティング

はじめに、同社から「取引先一覧(商号・住所など、企業を特定できるデータ)」と「債権残高・担保価値の一覧データ」をご提供いただいた。このデータを基に、モンテカルロシミュレーションによって「平均想定貸倒損失額」や「想定最大損失額」等を算出。当社のコンサルタント、アナリストが同社の保有するリース債権に内在する信用リスクを分析し、分析結果をレポートにまとめてご報告した。

以降、毎年1回、信用リスク定量化サービスをご利用いただいている。シミュレーションを通じて算出された結果を基に、「今は攻める時期なのか、守る時期なのか」を同社の経営層が判断し、リスクリターンを加味した営業施策の策定・実行にご活用いただいているとのこと。

シミュレーションを行う際には、「もしもこの会社の倒産確率を5%と考えた場合に、信用リスク量はどのように変わるか?」など、同社のご要望を踏まえて分析パターンをカスタマイズし、実務における意思決定に役立つ情報をご提供している。

信用リスク定量化分析サービスの内容(一例)

お客様による下準備

貴社取引先全体のデータに「SMART与信管理サービス(ASP)にて取得した格付(倒産確率)」と「個社別の売上債権のデータ」を紐づけていただき、Excelファイルを当社までお送りいただきます。

基本サービス

ご作成頂いた表をもとに、信用コスト(=平均損失額)と1万回のモンテカルロ・シミュレーションを施した後の想定最大損失額を求め、分析結果をレポートにまとめ、ご提出します。

レポートのサンプル(PDF)はこちらです。

※対象となるお取引先数が、3,000社までの場合にこのサービスをご提供します。
対象社数が3,000社超になった場合には、サービス内容を別途お打合せさせていただきます。

取引信用リスク

COVID-19が引き起こした経済危機により、あらゆる業界の企業が難題に直面しています。多くの企業で売掛債権に対する支払遅延が数多く発生し、キャッシュフローや販売先への不安を抱えています。
例えば半年以上未払いの売掛債権が発生していたとしても、将来的な回収を期待して支払いを待ち続けている企業もあるかもしれません。しかし、残念ながら、主要な信用保険会社は2021年と2022年に倒産件数が大幅に増加し、回収不能リスクがさらに高まっていくと予測しています。
このような先行き不透明な状況下、支払遅延の増加により、多くの企業のキャッシュフローが打撃を受けています。

取引信用保険はどのように役立つのでしょうか?

取引信用保険を活用することによるメリット

  • 売上の増加とマーケットシェアの拡大
    取引信用保険を活用することで、回収不能リスクを低減しつつ、顧客への与信販売を拡大することができます。新たな地域への進出を加速させたり、L/C等への依存度を少なくすることができるかもしれません。
  • 資金調達
    取引信用保険が付保された売掛債権は金融機関から融資を受ける際に担保として認められることがあり、企業の成長をサポートするための追加資金の調達手段となる可能性があります。
  • 株主価値の向上
    多くのグローバル企業では、収益力を伴う高い成長を実現するための戦略的ソリューションとして、またバランスシート上の重要資産の一つである売掛債権に保全手段がとられていることを株主に対して保証するために、取引信用保険を利用しています。売掛債権は貸借対照表上の資産の40%以上を占めることもあります。
  • バランスシートの保護
    倒産、不払い、政治的要因等に起因した、販売先の債務不履行による損失を軽減します。

Marsh Specialty Trade Credit Practice
貴社のビジネスを支援するグローバルネットワーク

マーシュのトレードクレジット・プラクティス(取引信用保険チーム)は52カ国にまたがる約400名の取引信用保険に精通した専門家のネットワークを有し、各国の文化、言語、規制、業界慣習、経済状況を深く理解した専門家が、信用保険によるソリューションを提供することで、企業の債権リスクマネジメントを支援します。グローバル企業に対しては、グローバルクライアントグループ(Global Client Group)チームが国境をまたいだ取引信用保険プログラムの構築をサポートします。

長年にわたる信用保険会社との関係性

業界で認められている信用保険チーム

マーシュは、保険仲介と革新的なリスクマネジメントソリューションのグローバルリーダーであり、Global Trade Review誌において、2020年に「Best Credit and Political Risk Global Broker Award」、2021年に「Leaders in Trade for Sustainability Award」を受賞しています。

取引先リスクマネジメント ~取引・信用リスクの把握~

・販売先:売上不振、競争力低下、信用度低下、押し込み販売、乱売、販売先喪失、
債務不履行、手形不渡、物流リスク、在庫状況悪化、商品パクリ など
・販売代理店:独占禁止法違反、商品横流し、乱売、安値販売、商品・顧客情報の流出 など
・投資先:株価の下落、配当低下 など
・融資先、貸付先:返済の遅延、貸付・融資焦付 など
・預金先:金利の引き下げ、引き上げ難 など
・賃貸先:賃貸物件の転貸、賃貸物件の喪失、賃貸料焦付 など
・仕入先:商品供給遅延・停止、品質不良、原料価格高騰、欠陥商品、安全・衛生不良、
公害、物流リスク、経営不振、技術力低下、信用度低下 など
・外注先、加工先:納期遅れ、納入停止、知的財産権侵害、欠陥商品、公害、
技術力低下、過大・過小設備、機械整備不良、情報流出、過剰生産 など
・借入先:金利引き上げ、返済期限の早期化、期限の利益喪失、債権譲渡 など
・リース、賃借先:保守・修理不良、保証金焦付、アフターサービス不良 など
・警備、清掃、修理業者:役提供停止、不良サービス、サービスの中断・停止 など
・フランチャイザー:信用度低下、経営支援なし、商品供給ストップ など
・フランチャイジー:経営放棄、違反経営、ロイヤルティー不払、看板換え など 取引信用リスク
・マスコミ:誤報による信用毀損・名誉毀損 など

元来経営のレベルが低かったり、経営姿勢が不真面目であったりするために、
満足できる商品やサービスの提供ができない場合があります。
また、経理面がルーズで、約定どおりの決済をしない場合や、資金的に余裕がありながらも、
利己的な金銭感覚から、わざと支払いを遅らせる場合なども該当します。

元々は健全な経営で、提供する商品やサービスに問題はなく、また支払い振りも良好で
あったのに、業績の不振から資金繰りが悪化し、商品やサービスの品質が低下したり、
支払遅延を起こしている場合です。

経営悪化や資金難がさらに進行し、倒産や破産に至った場合、通常の支払は行われず、
商品やサービスの提供もストップします。
取引関係が支払、回収のどちらであるかを問わず、その対応を迫られることになり、 取引信用リスク
予想外の損害を被ることとなります。

取引先が法令や契約・権利についての認識が乏しいほか、認識があってもその対応を
しないなどの場合は、大きな損害を受けることになります。
取引先もそれ相応のペナルティーを受けますが、その対応や手続きをとることも無駄な
出費であり、二次被害へと損害は拡大します。

法令違反や契約違反・権利侵害は、ある程度健全な企業がその対応の拙さによって
起こるものですが、詐欺や悪徳商法は初めからその犯罪性を認識し、意図的に行われるもの
もあります。その場合、相手が用意周到な準備をもって臨んでいるため、こちらも
備えがなければ、損害を受ける可能性が高いといえます。
本社からの予算指示や業務命令によって、業績の維持及び拡大に苦労している営業部や事業部、
それも信用管理に十分な手間をかけることができない地方支店などが狙われやすい傾向にあります。

反社会的勢力企業やそのつながりのある企業との取引は、絶対に避けるべきです。
取引上のトラブルや行き違いがあった場合には、交渉の精神的負担が大きく、
場合によっては強制的に経済的負担を強いられることもあります。さらに他の取引先に
その関係を知られることによる信用度の低下、取引先の喪失など、死活問題になることがあります。

上記の特徴を持った、いわゆる「危ない会社」を把握するために、取引先の情報を
幅広く・正確に入手することが必要です。
HPなどで公開されている情報が、経営状態を正確に開示している場合もありますが、
経営内容が悪い場合は開示しないのが一般的です。また、それはいわゆる「危ない会社」ほど
悪質となり、情報の入手も難しくなります。
このような会社との取引から被害を受けることがないように、幅広い内容の情報を入手することと、
複数の情報源を持つことが与信管理上は重要となってきます。

信用リスク移転(CRT)証券 :いま進むべき道

rao_janaki_WA2.jpg

PDF版をご希望の方はこちら

CRT証券とは?

住宅市場は堅調

住宅在庫は低水準.png

政策対応がデフォルトを抑制

より保守的な前提を置いても、バリュエーションは魅力的

高めの予想損失額でも、バリュエーションは魅力的.png

債券 カテゴリでよく読まれている記事

債券 カテゴリの新着記事

運用サービス

アライアンス・バーンスタイン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号
【加入協会】一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会
https://www.取引信用リスク alliancebernstein.取引信用リスク co.jp/

当資料についての重要情報

投資信託のリスクについて
アライアンス・バーンスタイン株式会社の設定・運用する投資信託は、株式・債券等の値動きのある金融商品等に投資します(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)ので、基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。したがって、元金が保証されているものではありません。投資信託の運用による損益は、全て投資者の皆様に帰属します。投資信託は預貯金と異なります。リスクの要因については、各投資信託が投資する金融商品等により異なりますので、お申込みにあたっては、各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等をご覧ください。


お客様にご負担いただく費用:投資信託のご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります
● 申込時に直接ご負担いただく費用 …申込手数料 上限3.3%(税抜3.0%)です。
● 換金時に直接ご負担いただく費用…信託財産留保金 上限0.5%です。
● 保有期間に間接的にご負担いただく費用…信託報酬 上限2.068%(税抜1.880%)です。

信用リスク管理

信用リスク管理

当社では、与信ポートフォリオの信用リスク計測を行うパッケージソフトウェア「CreditGauge ® 」を提供しています。
CreditGauge ® は、債務者の格付やEAD(Exposure at Default:デフォルト時エクスポージャー)、LGD(Loss Given Default:デフォルト時損失率)といった与信ポートフォリオの基礎データから、年間に発生する平均的な損失としての信用コスト(EL=Expected Loss)や、一定の信頼度の下での最大損失である信用VaR(Value at Risk)といった、リスク管理上重要な指標を計算する機能を備えています。
その他にも、マクロ金融経済指標に対するストレスイベント発生時の全社的な影響度評価(マクロストレステスト)を行う機能を搭載しております。
これらの機能を活用する事で、与信ポートフォリオの現状を定量的に把握するだけでなく、経済資本運営の実行・高度化やフォワードルッキングな観点での自行経営状態の確認・検証を通じたリスク管理高度化を実現できます。

損失額分布(例)

損失額分布(例)のグラフ

CreditGauge ® は、与信ポートフォリオの信用リスク計測を行うパッケージソフトウェアです。モンテカルロ法により与信ポートフォリオから発生する損失額の分布状況(信用VaR等)を分析できます。
CreditGauge ® は、2004年12月にスタートした全国地方銀行協会の信用リスク管理高度化プロジェクト(信用リスク情報統合サービスCRITS)における信用リスク評価ツールとして採用され、2014年4月からはマクロストレステスト機能を実装した新バージョンも稼動し、会員61行(2021年4月1日現在)で利用して頂いているほか、第二地方銀行等その他の金融機関においてもご利用頂いています。

I. リスク計測機能

  • モンテカルロ・シミュレーションによるリスク計測機能を搭載
  • デフォルト・モード(簿価基準)とMtMモード(時価基準)でのリスク量算出に対応
  • リスク計測の対象資産として、法人債権、個人債権、証券化商品をカバー
  • 企業グループの連鎖倒産の可能性を考慮した信用リスク計測にも対応
  • リスクホライズンについては1年から5年まで選択可能

II. リスク分析機能

  • 個別債務者、個別債権にリスク配分を行う機能を備えており、様々な切り口でリスクを捕らえることが可能
  • さらに、算出されたリスク量を与信集中要因(アンシステマティック・リスク)とデフォルト率変動要因(システマティック・リスク)に分解する機能も備えており、リスクの発生要因まで遡った分析も可能

III.(マクロ)ストレステスト機能

  • ユーザーが任意に選択したGDPや株価指数等のマクロ金融経済指標に対するストレスシナリオを入力することにより、当該ストレスシナリオが顕現化した場合のパラメータやリスク量への影響を把握するマクロストレステストを実行可能
  • 個別債務者の格付や与信残高等の属性やパラメータの変更シナリオを画面上で設定することもでき、ストレスシナリオを柔軟に設定可能

IV. 感応度推定機能

    取引信用リスク
  • 債務者間の信用力相関を表すパラメータである感応度を推定する機能を搭載
  • ユーザーが自ら推定した感応度を入力することも可能

V. 解析的手法(オプション機能)

  • 当社の独自技術である「解析的手法」により、速度と精度のトレードオフが著しいモンテカルロ・シミュレーションの弱点を克服、高い精度を保ちつつ極めて高速なリスク計測およびリスク配分を実現
  • VaRベース、およびCVaRベースでのリスク寄与度を高精度に算出する事ができ、より精緻に与信集中リスクを把握可能

解析的手法(オプション機能)

日米でポートフォリオの信用リスクの高速・高精度な計測手法に関する特許を取得

日本および米国でポートフォリオの信用リスクを高速かつ高精度に計算するための手法および装置に関する特許を取得しました。
本件特許の詳細につきましては以下の資料をご覧ください。
(日本国特許第4443619号(2010年1月22日特許登録):「ポートフォリオの信用リスクの計算方法および装置」)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる