初心者向けFXトレード

RSI指標とは

RSI指標とは
すべてのオシレーターと同様に、相対力指数は価格チャートの下にあります。 レベルと信号線で構成されています。 通常、ゾーンを横断する際の信号をチェックするために使用されます。 ただし、別のことを試してみましょう。

実際、ローソク足チャートとRSIシグナルラインの形状に注意を払うと、それらが部分的に重複していることに気付くでしょう。 RSI指標とは ただし、それらは同一ではありません。 RSIは別の期間に構築されており、短期的な価格の急上昇には反応しません。 したがって、RSIシグナルラインは価格チャートのトレンドのよりスムーズなバージョンです。 そのため、インジケーターにテクニカルラインをプロットしましょう。

Quotexで相対力指数を設定してRSIを使用する方法

Quotexで相対力指数を設定してRSIを使用する方法

Quotexで相対力指数を設定してRSIを使用する方法

強いトレンドの方向に取引することは、リスクを減らし、潜在的な利益を増やします。相対力指数は、トレーダーが情報に基づいた決定を下すのに役立ちます。トレンドトレーディングは、特定の方向への資産の勢いの分析を通じて利益を獲得しようとします。

相対力指数(RSI)は、最近の価格変動の大きさを測定して、株式の価格の買われ過ぎまたは売られ過ぎの状態を評価する勢いの指標です。

移動平均線が上向きの場合、上昇トレンドが進行中です。 ただし、移動平均では、株式の将来価値を予測することはできません。 それらは単に、ある期間にわたって平均して価格が何をしているのかを明らかにします。


RSIを設定する方法は?

ほとんどのトレーダーは、ローソク足チャートと、EUR / USD、EUR / JPY、株式、暗号通貨などの通貨ペアを好みます。 取引プラットフォームでRSIインジケーターをアクティブにします。 15分以上の時間枠を使用する場合は、期間14をお勧めします。ターボオプションを下取りする場合は、期間を24〜26に増やして、市場ノイズの悪影響を減らします。

Quotexで相対力指数を設定してRSIを使用する方法

すべてのオシレーターと同様に、相対力指数は価格チャートの下にあります。 レベルと信号線で構成されています。 通常、ゾーンを横断する際の信号をチェックするために使用されます。 ただし、別のことを試してみましょう。
RSI指標とは
実際、ローソク足チャートとRSIシグナルラインの形状に注意を払うと、それらが部分的に重複していることに気付くでしょう。 ただし、それらは同一ではありません。 RSIは別の期間に構築されており、短期的な価格の急上昇には反応しません。 したがって、RSIシグナルラインは価格チャートのトレンドのよりスムーズなバージョンです。 そのため、インジケーターにテクニカルラインをプロットしましょう。

    RSI指標とは
  • まず、誤った信号に反応しないでください。
  • 第二に、RSIは傾向をより明確に示しています。
  • 第三に、RSIはトレンドの強さと方向を示しているため、リバウンドとブレイクアウトをより適切に特定できます。


相対力指数を使用した取引オプション

インディケータは、トレンドトレードシグナルを提供し、反転に関する警告を提供することに加えて、価格情報を簡素化することができます。 インジケーターはすべての時間枠で使用でき、ほとんどの場合、各トレーダーの特定の好みに合わせて調整できる変数があります。 トレーダーは指標戦略を組み合わせることができます-または独自のガイドラインを考え出すことができるので、取引の開始基準と終了基準が明確に確立されます。

RSIは有効か

株価の過熱感を表すテクニカル指標としてRSIが挙げられます。RSIとはRelative Strength Indexの略で、日本語では相対力指数と言われています。
ただ投資家の間ではRSI(アールエスアイ)と呼ばれることが多く、また見方としてもRSIが20を下回ったら売られ過ぎであり「買いサイン」、RSIが80を上回ったら買われ過ぎであり「売りサイン」といった形で簡単に表されており個人投資家にもなじみの深いテクニカル指標のひとつです。そこで今回はこのRSIが本当に有効かどうかについて調べてみたいと思います。今回の検証で使った条件は以下の通りです。

検証条件
・買い条件:RSI(14日)が20以下になったら翌日成行買い

・売り条件:RSI(14日)が80以上になったら翌日成行売り

RSIの検証1(全銘柄の場合)

システムトレードの達人

勝率: 54.15 %
勝ち数: 47,694 回
負け数: 40,376 回
引き分け数: 985 回

平均損益(円): 653 円 平均損益(率): 0.33 %
平均利益(円): 36,041 円 平均利益(率): 18.02 %
平均損失(円): -41,132 円 平均損失(率): -20.57 %

合計損益(円): 58,163,900 円 合計損益(率): 29,083.57 %
合計利益(円): 1,718,923,862 円 合計利益(率): 859,473.06 %
合計損失(円): -1,660,759,962 円 合計損失(率): -830,389.49 %

勝率54%、平均損益(率)がプラスと言う結果となり、統計的にはやや有効な結果と言えるでしょう。しかしながら単純にRSIだけを使って利益をあげられるほど度有効性もみられません。結果としては全銘柄ではやや有効といった形でしょうか。次に日経平均採用銘柄だけを対象にして検証してみました。検証の結果は以下の通りです。

RSIの検証2(日経平均採用銘柄の場合)

システムトレードの達人

勝率: 58.32 %
勝ち数: 2,604 回
負け数: 1,861 回
引き分け数: RSI指標とは 26 回

平均損益(円): 2,119 円 平均損益(率): 1.06 %
平均利益(円): 29,977 円 平均利益(率): 14.99 %
平均損失(円): RSI指標とは -36,831 円 平均損失(率): -18.42 %

合計損益(円): 9,516,734 円 合計損益(率): 4,758.54 %
合計利益(円): 78,058,864 円 合計利益(率): 39,030.05 %
合計損失(円): -68,542,130 円 合計損失(率): -34,271.52 %

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる