ポイント投資

ストキャスティックス (STOCH)

ストキャスティックス (STOCH)
第 5 位

TradingView, Inc./TradingView

ストキャスティクス・オシレーター(ストキャスティックス (STOCH) STOCH)は一定の範囲内を行き来するモメンタム・オシレーターです。ストキャスティクス・インジケーターはユーザーが定義する期間内の高/低の範囲と比較した際の終値の場所を表示します。典型的にストキャスティクス・オシレーターは3つの事に使用されます。買われ過ぎと売られすぎのレベルを見つける際、ダイバージェンスを見つける際、ロングとショートのセットアップないしはシグナルを見つける際となります。 TradingViewウィキで [url=https://www.tradingview.com/stock-charts-support/index.php/Stochastic_(STOCH)]ストキャスティクス・オシレーター[/url]についてもっと読む。

ストキャスティクス・オシレーター(STOCH)は一定の範囲内を行き来するモメンタム・オシレーターです。ストキャスティクス・インジケーターはユーザーが定義する期間内の高/低の範囲と比較した際の終値の場所を表示します。典型的にストキャスティクス・オシレーターは3つの事に使用されます。買われ過ぎと売られすぎのレベルを見つける際、ダイバージェンスを見つける際、ロングとショートのセットアップないしはシグナルを見つける際となります。 TradingViewウィキで [url=https://www.tradingview.com/stock-charts-support/index.php/Stochastic_(STOCH)]ストキャスティクス・オシレーター[/url]についてもっと読む。

ストキャスティクス・オシレーター(STOCH)は一定の範囲内を行き来するモメンタム・オシレーターです。ストキャスティクス・インジケーターはユーザーが定義する期間内の高/低の範囲と比較した際の終値の場所を表示します。典型的にストキャスティクス・オシレーターは3つの事に使用されます。買われ過ぎと売られすぎのレベルを見つける際、ダイバージェンスを見つける際、ロングとショートのセットアップないしはシグナルを見つける際となります。 TradingViewウィキで [url=https://www.tradingview.com/stock-charts-support/index.php/Stochastic_(STOCH)]ストキャスティクス・オシレーター[/url]についてもっと読む。

© 2009-2022 WebTranslateIt Software S.L. All rights reserved. Terms of Service · Privacy Policy · Security Policy

ストキャスティックス (STOCH)ストキャスティックス (STOCH)

売買タイミングの見方はストキャスティクスと同様になります。
一般的にはHighラインを80%に設定、Lowラインを20%に設定し、Lowラインを超えれば売られ過ぎと判断し「買い」で、Highラインを超えれば買われ過ぎと判断し「売り」とみます。 また、そのHighライン、Lowライン付近でストキャスティクスRSIとシグナルがクロスすると、売買サインとみなします。

ストキャスティックRSIのまとめ

買いのサイン
  • ストキャスティックRSIが20%以下(売られ過ぎ水準)から20%を上回った場合
    ※20%以下に戻った場合、買いポジションを手仕舞う
  • 50%を上回れば、上昇トレンドの可能性が高まる
  • 強い上昇トレンド:80%以上(買われ過ぎ水準)を上回り、100%へ接近した局面
  • 強気の乖離(ブリッシュ・ダイバージェンス)
    ※価格が前回安値を更新して下落しているにも関わらず、ストキャスティックRSIが下げ渋り、20%を上回ってきた場合
売りのサイン
  • ストキャスティックRSIが80%以上(買われ過ぎ水準)から80%を下回った場合
    ※80%以上に戻った場合、売りポジションを手仕舞う
  • 50%を下回れば、下落トレンドの可能性が高まる
  • 強い下落トレンド:20%以下(売られ過ぎ水準)を下回り、0%へ接近した局面
  • 弱気の乖離(ベアリッシュ・ダイバージェンス) ストキャスティックス (STOCH)
    ※価格が前回高値を更新して上昇しているにも関わらず、ストキャスティックRSIが上げ渋り、80%を下回ってきた場合

ストキャスティックRSI対応FX事業者

ストキャスティックRSI計算式

ストキャスティックRSI(StochasticRSI) RSIを求めるには、当該期間中の値上がり幅と値下がり幅を使用します。RSI=A÷(A+B)×100(%)
※A:該当足の期間中の値上がり幅の平均 B:該当足の期間中の値下がり幅の平均 そして、この計算によって求められた値を、ストキャスティクスの%Kの式に代入します。 ストキャスティクス%K C:当日終値 Ln:過去x日間の最安値 Hn:過去x日間の最高値とした場合、計算式は次のようになります。
%K=< (C-Ln)÷(Hn-Ln) >×100% ストキャスティックRSI >StochasticRSI=×100%
※n=日数 nRSIlow=n日間のRSI安値 nRSIhigh=n日間のRSI高値

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる