取引プラットフォームガイド

FX 外為どっとコム

FX 外為どっとコム
目的によって両方を使い分けるといいと思いますよ。

自分自身もかなり本腰入れてFXやっているのですが、まず最初に思うことは、最低通貨やデモトレードを交えながら取り引きの練習をしながら、情報を集め、勉強をされながらやっていく方がいいと思います。

初心者の方でよくやるパターンが、FXはレバレッジが効くということ、またそのレバレッジ取り引きの恐怖がわからず、(例えば10万円で10万分の通貨を取り引きするのではなく、10万円で100万とか200万円分の通貨を取り引きが出来るということです。そのかわり、少し値が動いただけで数万円とか損したりします。場合によっては10万が1日そこらでなくなります。100万円あっても同じです。)

だということがわかっておらず、初めてすぐのうちに軍資金全部なくして退場してしまうことです。これは本当に多いです。
まだ取り返しがきく金額ならいいのですが、数百万とか親、親戚から借りたお金までとばしてしまう方とかも結構いたりするので、だから始めは、デモトレードや最低通貨(今では100通貨、1000通貨で出来る業者もあります。)

預けたお金を盗んだり、返金してくれない、そのような信託保全がある、ないよりも、まずは最低通貨で取り引きできるかどうかで調べた方がいいと思います。(信託保全ならFX業者比較サイト信託保全上位業者ならそれなりに大丈夫だと思います。)

どのみち、ごく一般的な業者は最低通貨1万通貨からなので、所持金10万だったらポンドとか比較的値動きのあらい通貨なら数日でなくなります。ルールを覚えるまでにお金が尽きて強制退場させられます。

そして業者選びについては、やっていくなかで、スプレット、システムの安定性、チャートの見易さや使いやすさ、注文形態など、自分なりの好みが出てくるので、それからでもいいと思いますし、また何社も口座開いても全然いいのですから、そんなに気にされることはないと思います。口座開くのはほとんどただで開けますから。

ただ資金管理(マネーマネジメント)をしっかりしないとすぐに破産します。
少しづつ利益を上げられるようになるまで、大体みんな何回か強制退場、破産くらっているので、本当に最初はデモトレードや最低通貨、本当にそちらで練習されて、初期投資を出来るだけ低く抑えたほうがいいです。

投資というビジネスを行うためには、このルールを覚えるまでの負けの費用がいわゆる他の業種での「初期投資」にあたるものなので、最初からやたら大きなロットは張らないことをすすめます。

だいたい自分でそこそこうまくなったと実感するまで、年単位は必要かと思います。「楽して儲かる」みたいなそういう本は本当に役に立ちません。といいますか、読んでてレベルの低さに吐き気がします。
FX 外為どっとコム
あと、FXは情報商材がたくさん出ていますが、あれもかなり気をつけられたほうがいいと思います。けっこうほとんど詐欺に近いものも数多くあります。特にシステム系(売買サインが出て売り買い教えてくれるやつです)あれは、初心者の方ほどそそられるのかもしれませんが、あれを盲目的に信頼することは本当に危険です。サインがどうやって出るのかわからないと、そのシステムの得意な面と不得意な面もわからないですし、全ての局面において完全なシステムというのはまずありえないからです。全部内部を知ってて目安として使うのと、ただ盲目的に従うのでは全然違うからです。それで訴訟問題に発展みたいなケースもみたことがあります。

とりあえず、スキャル、デイトレ、スウィングと自分の生活リズム、また資金的にとれるリスクによっても違ってきますし、一概にいうことはできないのですが、テクニカルとファンダメンタル、通貨の強さ、弱さを考えながらトレンドを意識しながら全てをバランスよく考えながら自分の勝ちパターンを探していくのがいいのではないのでしょうか?

とりあえず破産しなければ、経験を積んでいけば腕や知識は増えるのですから、短期間に金持ちになりたいからと無茶なハイレバ取引で破産しないで下さい。そのパターンで失敗する人が本当に一番多いので。

LEDディスプレイ導入事例 株式会社外為どっとコム 様

外国為替の動きやニュースなどを表示する“マーケットストリームボード”に、フルカラーLEDディスプレイを採用

  • デジタルサイネージ

導入の映像デバイス

  • 4mmピッチLEDモジュール LED-04AF
    12台(横12面)構成

4mmピッチLEDモジュールを使用しフルカラーで情報量も増えたマーケットストリームボード

事例のポイント

  • テレビなどメディアの取材が入るため、会社の顔として、よりふさわしいマーケットストリームボードを置きたい。
  • 輝度が高く、フルカラーのLEDディスプレイで、様々な情報をより見やすく表示したい。

事例の詳細

導入前の背景や課題

会社の顔でもあるマーケットストリームボードを現在のオフィスにふさわしいものにしたい

個人投資家を中心に外国為替保証金取引(FX)事業を行っている株式会社外為どっとコム(以下、外為どっとコム)。2002年の設立から2017年で15期目を迎えました。「FX業界の先陣を切ってきたという自負はあります。FX業界の中でも老舗に入ると思いますが、先駆者として今年はさらに先進的な取り組みを意識しています。社内の各部署が連携して、サービスの向上に努めています」そう語るのは、株式会社外為どっとコム 営業部 課長 渡辺圭太 氏です。

株式会社外為どっとコム 営業部 課長 渡辺 圭太 氏

株式会社外為どっとコム
営業部 課長
渡辺 圭太 氏

外為どっとコム(外貨ネクストネオ)徹底特集!

外為情報ナビ

FXレポートではワカバヤシFXアソシエイツが要チェック。毎日更新されており、ドル円の具体的な戦略は参考になります。

外貨ネクストネオは初心者にもおすすめの取引ツール

外為どっとコムツール


外為どっとコムが提供している取引ツール「外為ネクストネオ」は優秀な取引ツールです。特に、インストールして使用できる「リッチアプリ版」が扱いやすい。

外為どっとコム

スマホアプリとiPadアプリ、Apple FX 外為どっとコム Watchアプリもおすすめ!

スマートフォンアプリ


外為どっとコムはiPhoneとAndroid用のアプリもハイスペックです。スマホアプリ「外貨ネクストネオ GFX」は20種類以上のテクニカル指標と10種類以上の描画ツールを搭載するなど、多くのチャート分析機能を搭載。

外為どっとコム

また、外為どっとコムは新アプリと旧アプリの2つを利用することができ、旧アプリはApple Watch対応という珍しい機能を備えているのも特徴となっています。Apple Watch上で最新レートやチャートの確認が可能。気になる方はApple Watch対応アプリ特集もチェックしてみてくださいね。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる