取引プラットフォームガイド

キャピタルゲインの定義

キャピタルゲインの定義
<売却時にかかる諸費用の例>

キャピタルゲイン

資産売却によって得られる売買差益 キャピタルゲインとは、保有している資産を売却することによって得られる売買差益のことです。資産には株式や債券、不動産などが該当します。例えば50万円で購入した株式が60万円に値上がりしたときに売却すれば、差額の10万円がキャピタルゲインとなります(実際には手数料・税金は除く)。逆に売却することによって損失が出た場合はキャピタルロスと呼ばれます。これに対し、資産を保有していることで得られる収益はインカムゲインと言います。利息や配当などがインカムゲインに該当します。 必ず留意すべき「税金」 キャピタルゲインは株式や債券、不動産や投資信託などによって得られる利益のことですから、大儲けにつながることもあれば、大損に終わることもあります。市場の動向にも左右されますので、万が一に対する備えも必要でしょう。そして、キャピタルゲインを最大化するためには必ず留意しなければならないものがあります。それは税金です。
キャピタルゲインに対する税率は、株式等であれば20.315%、不動産は5年以下の短期所有であれば39.63%となっています(所得税+復興特別所得税+住民税)。税率をしっかり頭に入れておかなければ、手元に残るお金を見誤ります。
ただし、不動産の場合は長期で保有すると税率が大きく下がります(5年超の長期所有であれば20.315%になる)。また、株式や投資信託であれば、NISAやiDeCoなどを利用することで一定金額までの投資については運用益や配当金を非課税にすることができます。 家賃収入と売却益を最大化する 不動産投資においては不動産の売却益がキャピタルゲイン、家賃収入がインカムゲインになります。インカムゲインを最大化し維持するには、保有している物件をできるだけ満室に近い状態で稼働させることが必要になるでしょう。また、キャピタルゲインを最大化するのであれば、将来売るときにいくらぐらいで売れるかを予想して物件を購入しておく必要がありますが、実際には市場の動きを読むのは困難です。実際には不動産市況が盛り上がって物件の価値が上昇したタイミングで売却し、できるかぎりのキャピタルゲインを得ることになるでしょう。不動産投資を手広く行っている人であれば、インカムゲイン(家賃収入)とキャピタルゲイン(売却益)の両方から最大限の利益を得られるように戦略を練ることになります。
(参考:Webサイト「おかねの小槌」マネーの知識)

不動産投資で利益が出る仕組みとは?投資でのリスクも合わせて解説

不動産投資で利益が出る仕組みとは?投資でのリスクも合わせて解説

インカムゲインとは、何らかの資産を保有し運用することで安定的に得られる収入のことを指します。
不動産投資の場合は、家賃収入がこのインカムゲインに当たります。
インカムゲインは、一度に大きな利益を生むことはありませんが、安定的にかつ安全に収入を得ることができるのが特徴です。
また、運用する資産が多ければ多いほどリターンが大きくなります。
ですので、継続して投資をおこなっていくことで資産を増やしつつ、収入を増やすことができます。

家賃収入を得る仕組み(インカムゲイン)

不動産投資でインカムゲインを得るには、マンションやアパートなどを保有して運用するのが一般的です。
自分で保有する不動産を賃貸物件として貸し出し、そこに居住する方から家賃収入を得ることで収益を発生させます。
そして、発生した収益から不動産の管理費用などを引いた金額が利益となるのです。
たとえば部屋の数が10部屋あるアパートを家賃3万円で運用した場合、満室になれば毎月30万円の家賃収入を得ることができます。
ここから、アパートにかかる税金や修繕費用を引いた金額が、実際の利益(インカムゲイン)として手元に残るのです。
不動産投資は、このようにして収益の予測を立てるのが簡単なので、投資初心者でも安心して運用することができます。

インカムゲインで得た収益にかかる税金

キャピタルゲインで利益を出す仕組み

キャピタルゲインで利益を出す仕組み

キャピタルゲインとは

キャピタルゲインとは、資産を短期的に売買したときの売買差額で利益を出す方法です。
不動産投資では不動産そのものが資産となるので、不動産を短期的に売買することで利益を出します。
インカムゲインとは違い、安定的な収入を得ることはできませんが、一度に大きな利益を出すことができるのが特徴です。
キャピタルゲインの場合は、投資のスキルが上がればインカムゲインの何倍もの利益を生むことができます。
しかし、インカムゲインのように資産的価値は持っていないので継続的な収入は見込めません。

売買益(キャピタルゲイン)で利益を出す仕組み

不動産投資でキャピタルゲインを得る際もアパートやマンションなどの不動産を売買するのが一般的です。
購入する不動産は、将来価格が上昇する見込みのある不動産を購入します。
そして、購入した不動産価格が上昇し売却益が出るタイミングで不動産を売却して利益を確定させます。
たとえば3000万円で購入した不動産が、2年後に4000万円まで上昇した場合、このタイミングで売却すれば購入時と売却時の差額が収益となるのです。
こちらもインカムゲイン同様に税金など諸費用を引いた金額が実際の利益(キャピタルゲイン)となるのです。
仕組みは簡単ですが、値上がりする不動産を見極めるには非常に高い投資スキルが必要となるので、初心者には向いていません。

キャピタルゲインで得た収益にかかる税金

キャピタルゲインで得た収入にかかる税金は、不動産の保有期間によって変化するので覚えておきましょう。
不動産を購入してから、売却するまでの期間が5年未満であれば39.63%の税金が課税されます。
そして購入から5年以上たってから売却した場合は、20.315%と短期で売買したときより低い税率となります。
キャピタルゲイン目的で投資をおこなうときは課税される税金を把握して売買しなければいけません。

不動産投資の方法によるメリットとリスク

不動産投資の方法によるメリットとリスク

不動産投資をインカムゲイン目的でおこなうメリット

インカムゲイン目的で投資をおこなうメリットは、主に2つあります。
まず1つ目は、安定した収入を得られる点です。
運用している不動産の場合、毎月安定した収益を得ることができます。
入居者がいる限り、継続して運用益を出すことができます。
2つ目は、投資初心者でも利益を出しやすい点です。
アパートやマンションは、立地がよければ空室といったことがないので、比較的簡単に運用益を出すことができます。
また、一度購入してしまえば市場の様子などを確認する必要がなくなるので、こういった面も初心者にとってメリットといえます。

不動産投資をインカムゲイン目的でおこなうリスク

不動産投資をインカムゲイン目的でおこなうリスクは、主に2つあります。
1つ目は、入居者が集まらず収益が発生しないことです。
購入した不動産に問題があったり、立地の問題で人が入らなければ、税金などの費用ばかりが出ていってしまいます。
また、人が入っていても収益を支出が上回っていれば損失となってしまうので、こういったリスクがあります。
2つ目のリスクは、資産価値の減少です。
不動産は常に劣化が進んでいるので、長期運用していると不動産自体の価値が減少してきます。
投資した資金を回収できていれば問題ありませんが、ローンが残っている状態で資産価値が無くなってしてしまうのはリスクといえます。
また、地震などのリスクも抱えているのでその点もリスクといえるでしょう。

キャピタルゲインのメリット

キャピタルゲインのメリットは、2つあります。
1つ目は、一度の取引で大きな収益を出せる点です。
インカムゲインと違い長期運用せずとも大きな利益を出すことができるので、この点が大きなメリットといえます。
2つ目のメリットは、不動産の運用をしなくて良い点です。
マンションやアパートを運用していると、建物の管理や住人とのやりとりが発生しますが、キャピタルゲイン目的の投資であればその必要もありません。

キャピタルゲインのリスク

キャピタルゲインのリスクは2つあります。
1つ目のリスクは安定的な収益を得られない点です。
インカムゲインと違い毎月の固定収入がないため、資金計画を立てにくくなります。
また、収益の増減が年によって変わる場合は、税金の支払いも考えなければいけません。
収益があった年の翌年は税金が高くなりますが、その年に収益が発生しなければ税金の支払いが大変になるので、この点はリスクといえます。
2つ目のリスクは、売買に失敗してしまうことです。
不動産の目利きを誤ると、購入した価格より低い価格で売却することになります。
こうなると一度の取引で大きな損失を出してしまうのでこの点はリスクといえます。

不動産投資で利益が出る仕組みとそれぞれの投資法で起こりうるリスクをご紹介しました。
不動産投資は資産運用の定番ですが、しっかり理解を深めて始めなければ大きく資産を減らすことになります。
しっかりリスク管理をおこない、余裕を持って投資をおこなうようにしてください。

キャピタルゲイン

キャピタルゲイン(Capital Gain)とは、有価証券、土地等の資産の価格変動に伴って保有する資産を売却することによって得られる利益のことをいう。 資産が土地であれば、キャピタルゲインは土地の売却益を指し、資産が株式であれば株式の譲渡益を指す。 反対に、保有する資産を売却することによって損失が出た場合をキャピタルロスと呼ぶ。 キャピタルゲインの定義 キャピタルゲインというと、株式の売却益をイメージされる方が多いと思うが、実は株式以外の資産の売却益もキャピタルゲインに含まれる。 ちなみに20万円で買った株式を25万円で売却した場合のキャピタルゲインは、5万円ということになる。 なお、キャピタルゲインを得る手段には以下のようなものがある。 ・株式 ・投資信託 ・土地やマンションなどの不動産 ・外国為替証拠金取引(FX取引)

【補足】インカムゲインとは

キャピタルゲインと並べられる言葉にインカムゲインというものがある。 インカムゲインとは、資産の保有することにより配当などで得られる収入のことを言う。 これは安定的な利益を得るために行うものであり、キャピタルゲインとは異なる側面を持つものである。 詳しくはこちら

キャピタルゲインのメリット

短期間で利益を出せる可能性がある

キャピタルゲインは、インカムゲインと比較するとハイリスクな投資を行うため、 短期間で利益を出せる可能性がある。 短期間で株価が上昇する銘柄は実際にあるので、そのような銘柄に投資できれば短期間で利益を出すことが可能である。 また確定申告で損益通算をすることができるため、キャピタルゲインとキャピタルロスを相殺することで、節税効果が期待できる。

大きな利益を出せる可能性がある

キャピタルゲインは購入時の値段が安ければ安いほど、また、売却時の値段が高ければ高いほど大きな利益を出せる。 例えば株式投資の場合、株価が10倍以上になる銘柄はテンバガーと呼ばれる。このような銘柄に投資できれば大きな利益を出すことができる。 もちろんこのような銘柄を見つけるのは簡単なことではないが、インカムゲインと比較すると、大きな利益を出す可能性を持っているのがキャピタルゲインの最大の特徴である。

キャピタルゲインのデメリット

投資損失が大きくなる可能性がある

キャピタルゲインは、利益が大きくなる可能性が高い反面、保有期間に価格が下落した場合は損失額が大きくなる可能性が高い。 例えば株式投資では、投資先企業の業績だけでなく、経済変動や自然災害などの外部的な影響も受ける。また、予測できない企業環境の変化によって、株価が大きく変化することもある。 したがって、ハイリターンであることと同時にハイリスクであることも念頭に置く必要がある。

投資資産の売却が必要不可欠

キャピタルゲインは、投資した資産の売却によって得られるため、売却時まではキャピタルゲインが確定することはない。 そのため、売却前に含み益があっても、投資資産の価格が急落してしまえば、キャピタルゲインではなく、キャピタルロスとなることがある。 キャピタルゲインの定義 株式投資の場合は、ひとつの銘柄全部を売却しようとして、その一部分を売却しているうちに、市場価格に影響を与えてしまうこともある。 そのため、すべての売却を終えたタイミングでは、想定していたような利益が得られないことも起こる。

キャピタルゲインの意味と最大化するために知っておくべき有利な制度をFPが解説

キャピタルゲインの定義 キャピタルゲインの意味と最大化するために知っておくべき有利な制度をFPが解説

<売却時にかかる諸費用の例>

式(上場株式)の例

株式の値上がり益に対する税金は20.315%となります。
また、株式の手数料は証券会社によって異なります。

値上がり益50万円ー税金10万1575円=39万8425円

実際に 手元に残る利益は39万8425円 となります。

値上がり益を最大化するには、税金について考えておくことが重要!

株式や投資信託への課税なら、金額の上限はありますが、避ける方法があります。それが NISAiDeCo 等の投資に関する キャピタルゲインの定義 税制優遇制度 です。

「NISA」を使えば、株式や投資信託のキャピタルゲインを非課税にできる

NISA(=少額投資非課税制度)、つみたてNISA、ジュニアNISA、iDeCo(個人型確定拠出年金)・・・ここ数年で、次々に新しい制度がスタートしていますので、言葉だけは耳にすることも多いと思います。
これらはすべて、一定金額までの投資に対して、 運用益や配当金を非課税にできる制度 です。

先ほど見たように、税率は決して低くありませんので、この分を丸々獲得して再投資するのであれば、その累積の効果はかなり大きくなります。
現時点では有期の制度であるこれらを上手に活用するには、なるべく枠を使い切って投資し、長期間保有することをお勧めします。

キャピタルゲイン(不動産売却益)とは?不動産投資で利益を得るポイントや税金についても解説

アマギフ最大20,000円もらえる! (バナーの飛び先からご予約いただいた方限定)
無料で学ぶマンション投資セミナー・個別相談

WEB面談・個別相談

J.P.RETURNSの人気No.キャピタルゲインの定義 1サービス。マンション投資について、知りたいことをプロから直接学べます。(無料)
あなたの目的や知識量に合わせて、プライベートセミナー形式でご説明いたします。「ネット検索で調べるより 正確で話が早い」と、大変ご好評をいただいております。都心好立地の未公開物件もご紹介いたします。

WEBセミナー・少人数セミナー

累計1万2,000人以上が受講した、マンション投資の戦術セミナー。(無料)
初心者でも再現できる不動産投資を、人気講師が解説します。 前半の第1部はセミナー形式で学び、第二部はベテランのコンサルタントに一対一で 疑問点について質問・相談ができます。初心者から経験者まで、満足度の高いセミナーです。

アマギフ最大20,000円もらえる!(バナーの飛び先からご予約いただいた方限定) 無料で学ぶマンション投資セミナー・個別相談

WEB面談・個別相談

J.P.RETURNSの人気No.1サービス。マンション投資について、知りたいことをプロから直接学べます。(無料)
あなたの目的や知識量に合わせて、プライベートセミナー形式でご説明いたします。「ネット検索で調べるより 正確で話が早い」と、大変ご好評をいただいております。都心好立地の未公開物件もご紹介いたします。

WEBセミナー・少人数セミナー

累計1万2,000人以上が受講した、マンション投資の戦術セミナー。(無料)
初心者でも再現できる不動産投資を、人気講師が解説します。 前半の第1部はセミナー形式で学び、第二部はベテランのコンサルタントに一対一で 疑問点について質問・相談ができます。初心者から経験者まで、満足度の高いセミナーです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる