オプションFXとは

取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選

取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選


(著)堀江貴文 Takafumi Horie 1972年、福岡県生まれ
実業家。SNS media & consulting株式会社ファウンダー。
東京大学在学中に有限会社オン・ザ・エッジを設立。元株式会社ライブドア代表取締役CEO。現在は宇宙ロケット開発事業を中心に、作家活動、ビジネスコンサルティング業務のほか、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」のプロデュース、和牛アンバサダーユニット「WAGYUMAFIA」など、多ジャンルで活動。
近著に『自分のことだけ考える』(ポプラ社)、落合陽一氏との共著『10年後の仕事図鑑』(SBクリエイティブ)など多数。
有料メールマガジン『堀江貴文のブログでは言えない話』 会員制コミュニケーションサロン『堀江貴文イノベーション大学校』を主宰
オフィシャルHP http://horiemon.com/
Twitter https://twitter.com/takapon_jp
Instagram @takapon_jp ( https://www.instagram.com/takapon_jp )

ホリエモンが説く、仮想通貨と“これからの経済学”。堀江貴文 新著「これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話」 発売!

「これからを稼ごう」帯ありカバー



タイトル:これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話
発売日:2018年6月30日(土)より全国順次発売
定価:本体1,300円+税
仕様:四六判ソフトカバー
著者(著)堀江貴文 (監修)大石哲之 取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選
発行:徳間書店
商品ページ http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198646202


著者プロフィール

著者:堀江貴文氏



(著)堀江貴文 Takafumi Horie 1972年、福岡県生まれ
実業家。SNS media & consulting株式会社ファウンダー。
東京大学在学中に有限会社オン・ザ・エッジを設立。元株式会社ライブドア代表取締役CEO。現在は宇宙ロケット開発事業を中心に、作家活動、ビジネスコンサルティング業務のほか、スマホアプリ「TERIYAKI」「755」のプロデュース、和牛アンバサダーユニット「WAGYUMAFIA」など、多ジャンルで活動。
近著に『自分のことだけ考える』(ポプラ社)、落合陽一氏との共著『10年後の仕事図鑑』(SBクリエイティブ)など多数。
有料メールマガジン『堀江貴文のブログでは言えない話』 会員制コミュニケーションサロン『堀江貴文イノベーション大学校』を主宰
オフィシャルHP http://horiemon.com/
Twitter https://twitter.com/takapon_jp
Instagram @takapon_jp ( https://www.instagram.com/takapon_jp )

(監修)大石哲之 Tetsuyuki Oishi
ビットコイナー。2013年よりフルタイムでビットコイン及び暗号通貨の事業に関わる。
ブロガーとして暗号通貨の技術を噛み砕いて紹介。Ethereumを日本で初めて一般むけに紹介し「イーサリアム」と翻訳した。
暗号通貨の普及と、技術の育成を目的に活動している。(社)日本デジタルマネー協会理事、(社)日本ブロックチェーン協会アドバイザーほか、エンジェル投資家としてウォレットやクロスチェーン等の事業へ複数投資している。1975年生まれ。慶応義塾大学卒、外資系コンサルタント会社、起業等を経て現職。
著書に『コンサルタント1年目が学ぶこと』(ディスカヴァー21)『3分でわかるロジカルシンキングの基本』など。
オフィシャルブログ http://nomad-ken.com/

堀江貴文氏コメント


本書の構成

Introduction 仮想通貨は問いかける


<第1章> 僕らは1000年に1度の転換期を迎えた
マウントゴックス事件で学んだこと

ビットコインは終わった?
紙幣をお金として使う習慣テクノロジーに裏打ちされた思想

盗難NEMと日本銀行券
史上
最大のハッキング被害
マネーロンダリングとは
タバコ屋のおばちゃんを罪に問えるか

通貨の歴史で最大級のインパクト
「信用」を顕在化させた存在
紙幣という発明
お金はバーチャルなものに
国家が保証しない通貨

「投機」はなぜ必要なのか
ゲーム感覚のコインチェック
仮想通貨普及のロードマップ 取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選
きっかけは投機でもいい
FXとビットコイン

ビッグマネーという経験
仮想通貨で生産性が落ちる
童貞を捨てるということ

世界中にお金が余っている
バブルは繰り返す
絶対勝てる人口ボーナス期
子育てと宝くじ
なぜ仮想通貨だったのか
法定通貨だっていいかげん

<第2章> ビットコインと自由
初めてビットコインを知った時
古くさいシステムをシンプルにする
ツイッターでの勧誘

ビットコインの基礎を知ろう
2つの暗号技術
公開鍵暗号方式
P2Pの悲運

ブロックチェーンとマイニング
取引履歴が鎖のように繋がる
性悪説の合意形成
電気代とビットコイン
対立意見も可視化される
PoWも万能ではない

リバタリアンの思想
短いPDF論文
意外と国は信じられない

資産防衛としての仮想通貨
自国のお金を信用できるのか?
中国マネーの動向

お金を作るということ
ビットコイン前夜の電子マネー
株式100分割の意味
選択できる世界

干渉させない仕組み
リアルマネートレード
ビットコインが衰退するとしたら

<第3章> イーサリアム革命


ヴィタリック・ブテリンという異能
17歳で出会ったビットコイン
数千万円が取り出せない!


スマートコントラクトとは
「契約」を自動執行する
アイディアよりも実行力

社会のすべてが変わる時
「買い物」だけではない
続々登場する未来のサービス

DAOが提示する未来の組織
第2のマウントゴックス事件
イーサリアムの自己矛盾
人間が中心ではない

ICOとは何か
IPOとICO
中国版イーサリアム
9割以上が失敗する
なぜ資金が集まるのか

ICO、その本当の価値
「会社を売らない」資金調達
中国最大のICO
ゲームチェンジャーが出現する

<第4章> 国家と通貨と仮想通貨


リップル人気の理由
アルトコインバブルの主役
不便だらけの国際送金
安心感のあるストーリー

銀行コインと共通ポイント
メガバンクの仮想通貨
エスタブリッシュメント組織の弱点
トークン化が進むポイントサービス

リスクを取るということ
コインチェック買収劇
「ノミ行為」批判は的外れ
取引所運営のリスク
金融庁の思惑

デジタル法定通貨の可能性
現金信仰が終わらない
国にとってはいいことだらけ
個人情報を一元化した上で
アナザーウェブの世界

テクノロジーは超越する
グレートファイアウォール
東ドイツと衛星放送

規制とイノベーションのいたちごっこ
江戸時代の光通信
旗本たちと借金
先物市場への大岡裁き 取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選
世界に先駆けた金融工学「預金は美徳」のプロパガンダ

<第5章> トークンエコノミーの中で


シェアリング2.0時代
巨大化したシェアビジネス
国から独立した経済圏
手離れの良いお金が経済を回す
カジュアルな通貨発行

クラウドファンディングの可能性
大半は「購入型」
C2C取引きと税金
クラウドファンディングで作るLCC

評価経済社会の指針
社会評価を可視化する
トレーディングカードの世界
「好きなことで生きる」ために

お金が要らなくなる社会
グーグル創業者の提言
お金の価値は下がっている
お金持ちよりトリュフ持ち
銘柄思考を持つ

君はどう生きるのか
パン工場の思い出
いやいや働かれても迷惑
答えはひとつ「わからない」
金を得て君は何をするか

評価経済への不安
「モテない」スパイラル
小さな変化が鍵になる

すべては“これから”のこと
目立たなくても評価できる
電子政府のもとで
社会実験の果てに

株式会社BloomActのオンライン接客システム「ROOMS」を活用し株式会社十六銀行がリモート面談を開始

株式会社BloomActのオンライン接客システム「ROOMS」を活用し株式会社十六銀行がリモート面談を開始

アプリのダウンロードは双方不要。URLを共有する、もしくは接続に必要なルームナンバーを電話で相手に伝えるだけで接続がスタートでき、いつでも、どこでも、様々なデバイスにて、ワンクリックで商談を開始することが可能です。
スタッフの空き状況をカレンダーに公開し、お客様側から予約ができる機能も標準装備。日程調整のやり取りが省けるだけでなく、接続URLの自動送信や担当スタッフの自動アサイン機能もついています。
ご導入企業のサービス名やロゴを入れたオリジナルデザインルームを作ることもできるため、展開ブランドの世界観を崩すことなく接客できることも、大きな特長です。

「ROOMS」の機能一覧

  • 4拠点同時接続
  • 名刺お渡し
  • デスクトップ共有
  • プレゼンモード
  • トークスクリプト
  • 資料の受け渡し
  • ステルスメモ
  • 音声自動議事録
  • チャット
  • ファイル送信
  • 自動リマインドメール
  • Outlook・Googleカレンダー連携
  • 背景ボカシ
  • 商談履歴
  • 取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選
  • HPとのカレンダー連携/お客様からの予約受付
  • 担当アサイン
  • 自社ロゴへの差し替え
  • 録音録画
  • アンケート
  • スマホ・タブレット対応
  • ルームキー接続
  • Salesforce連携
  • アクセス解析タグ(Googleアナリティクス、Googleタグマネージャ)取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選 設定機能
  • ダイレクトコール(即時接続)機能
  • 表情・発話分析機能

「ROOMS」のセキュリティ対策

通信の中継・データの保管を行うサーバもすべて国内設置、また、第三者機関による定期的なセキュリティリスクチェックに加え、WAF(Web Application Firewall)による通信の監視・保護も24時間実施するなど、セキュリティ最優先の運用をおこなっております。また、IPアドレス制限、二段階認証、パスワード定期強制変更機能もオプション(無料)でつけられるため、各企業のポリシーに沿った運用が可能です。

仮想通貨の海外取引所おすすめ32選!レバレッジ取引に最適なビットコイン業者をランキング形式で比較

仮想通貨FX(ビットコインFX)海外取引所おすすめランキング

FXGT※1 FXGTは変動スプレッド制をとっていますので2022年4月現在の平均値を算出しています。 Bitterz※2 Bitterzは変動スプレッド制をとっていますので2022年4月現在の平均値を算出しています。 OverBit※3 Overbitは「fee制」と「スプレッド制」の2種類から選べることができます。
BTC/USDの場合、fee制の手数料は0.075%。スプレッド制の手数料は0.15%で固定となっています。

ということで、ここでは「それぞれボーナスキャンペーン」とボーナスを活用するために参考になる「取引所のスペック」を詳細にまとめていきます。

総合的に考えると一番はやはりFXGT

ボーナスキャンペーンを総合的に考えると一番はやはりFXGT


ボーナスキャンペーンを総合的に考えると、おすすめはやはりFXGT

FXGT
口座開設ボーナス3,000円~5,取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選 000円
入金ボーナス初回:100%
2回目以降:30%
最大レバレッジ1000倍
ロスカットレベル50%
取引手数料
(BTC/USD)
$15
取扱い通貨数132ペア

5,000円の口座開設ボーナスはBitterzに比べると渋いものの、口座開設ボーナスは初回100%、さらに2回目以降も常時30%となっています。

海外仮想通貨FX取引所「FXGT」のボーナスページ

さらに取引手数料も他の取引所と比較して安く設定されているため、 FXGTならボーナスキャンペーンで貰えるお金を一番有効的に活用できる でしょう。

Bitterzのボーナスキャンペーンもかなり豪華

Bitterzのボーナスキャンペーンもかなり豪華

取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選
Bitterz
口座開設ボーナス5,000円~
10,000円
入金ボーナス30%~200%
(不定期)
最大レバレッジ888倍
ロスカットレベル100%
取引手数料
(BTC/USD)
$20
取扱い通貨数22ペア

Bitterzは上記表のとおり、口座開設ボーナスの額が一番大きいのが特徴。

海外仮想通貨FX取引所「Bitterz」の口座開設ボーナスページ

ユニークなボーナスキャンペーンを開催するOverBit

ユニークなボーナスキャンペーンを開催するOverBit

Overbit
口座開設ボーナス$30
(3,000円相当)
入金ボーナス×
最大レバレッジ100倍
(FXは500倍)
ロスカットレベル40%
取引手数料
(BTC/USD)
0.075%~0.15%
取扱い通貨数22ペア

Overbitでは「リワード」という名称でイベントやミッションをユーザーに課しており、それらをクリアするとOverbit内で現金などに換金できるティアポイント(TP)が獲得できます。

海外仮想通貨FX取引所「Overbit」のリワード画面

一方で最大レバレッジは仮想通貨FXなら100倍と、FXGTやBitterzと比べてもかなり低め。

とはいえ ミッションなどをこなしながら楽しくトレードしてみたいという方にはピッタリだと言えます。

【保存版】超わかりやすいブロックチェーンの基礎知識

Future Stride

ブロックチェーンができることを端的に表すならば「取引の公明な記録を残すこと」だ。そしてこの「取引」の内容は、何も仮想通貨や金融商品に限らない。証券取引や保険契約、送金に資金調達などの金融に関する取引はもちろん、シェアリングサービス、食品のトレーサビリティ、著作権管理、美術品の所有権、医療サービス、果ては行政手続きや投票まで、公明で透明な記録として残すことができる。記憶に新しい公的な情報の紛失や書き換えなども、一度正しくブロックチェーンに記録してしまえば、書き換えのない公明な記録として残すことができる。

ブロックチェーンの市場規模予測

2016年に経済産業省は、ブロックチェーン技術が影響を及ぼす可能性のある市場規模を67兆円と発表した。この数値は、建設64兆円を超えるばかりか、不動産業73兆円や医療福祉68兆円に迫る規模だ。(総務省 情報通信白書)

この数値からもわかるように、ブロックチェーンは「インターネット以来の技術革新」と呼ばれるだけの可能性を秘めている。国内では実用化に向けて法整備も進めており、経済産業省も「あらゆる産業分野における次世代プラットフォームとなる可能性をもつ」として調査を行っている。また、諸外国では金融以外でも実用化されたサービスが徐々に現れつつある。ブロックチェーンは、今、世界が最も注目する技術のひとつだと言えるだろう。

3章 ブロックチェーンを活用できるサービスの例

ブロックチェーンを行政サービスに活用した具体例

現在、エストニアでは納税や投票、結婚や離婚の手続き、土地や法人の登記、パスポートの発行までもがインターネットで完結する。銀行取引や保険はもちろん、医療情報も電子化されている。驚くべきことに、すべての行政サービスのうち99%がインターネットで完結するという。さらには、エストニアを一度も訪れたことのない外国人でもインターネットで「電子居住者」としての登録申請が可能で、この電子居住者の制度が外国人起業家の誘致の鍵となっている。

ブロックチェーンをマーケットプレイスに活用した具体例

4章 ブロックチェーンの仕組み

これまでは信頼できるサービス提供者の存在を前提としなければ、インターネット上で通貨などの取引を安全に行うことはできなかった。例えば仮想通貨では、「なりすましや改ざんをどう防ぐか」「二重支払いをどう防ぐか」という2つの問題があった。この問題を解決したのがビットコインであり、それを支えるブロックチェーン技術だ。ブロックチェーンは「P2Pネットワーク」「ハッシュ」「電子署名」「コンセンサスアルゴリズム」の4つの技術を応用することで、この問題をクリアした。

P2Pネットワーク

P2P(Peer to Peer)とは、複数の同等なコンピュータが1対1で直接通信を行う接続方式を指す。P2Pでつながったコンピュータが多数集まり相互に通信するネットワークを、P2Pネットワークと呼ぶ。Peerとは「同僚」「仲間」を意味する単語で、P2Pネットワークで接続されたコンピュータは、等しく同等の機能を持つ。つまりシステムが分散されており、一部のコンピュータがダウンしたとしてもシステム全体は動き続ける性質を持つ。この性質がP2Pネットワーク最大の特徴であり、ブロックチェーンはP2Pネットワークによりシステムダウンしない分散システムを実現している。

ハッシュとは、データの特定に長けた暗号化技術である。「ハッシュ関数」と呼ばれる計算式を通すことで、入力したデータに固有な値(ハッシュ値)となる。ハッシュ値は入力したデータを特定するIDとして機能するため、データの改ざんや破損があれば瞬時に検出できる。

電子署名とは、デジタル文書の作成者を証明する電子的な署名であり、電子署名をすることで、次の2つの妥当性を証明することができる。

コンセンサスアルゴリズム

ブロックチェーンにおけるコンセンサスアルゴリズムとは、不特定多数の参加者の間で正しく合意形成を得るための仕組みである。「合意形成アルゴリズム」や「合意形成」と呼ばれることもある。

1章「ブロックチェーンとは」でも説明した通り、ブロックチェーンではネットワーク上の全ての参加者に分散して同等の情報を記録していく。この記録する取引情報に食い違いが出ないよう、各リクエストが正しいのか検証するためのルールがコンセンサスアルゴリズムである。

コンセンサスアルゴリズムには、いくつかの種類が存在しており、例えばビットコインではProof of Work(PoW:プルーフオブワーク)と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムが採用されている。Proof of Workの最大の特徴は、膨大な計算処理を伴う改ざんや二重取引の検証作業(マイニング)を競争形式で行わせ、競争の勝者にビットコインを新規発行するところにある。この方法が生み出される以前は、不特定多数の参加者に自ら進んで正しい選択をさせることは不可能だった。しかし、Proof of Workでは、検証作業にインセンティブを与えたことで相対的に不正をするメリットがなくなり、この問題は解決された。このProof of Workにより、システムの管理者やネットワークの中心がなくても、正しい合意形成が実現され、ビットコインは世に生み出されることになった。

なお、ここでは詳細な説明は割愛するが、Proof of Work以外にもProof of Stake(PoS)やProof of Importance(PoI)など、いくつものコンセンサスアルゴリズムが存在する。

5章 取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選 ブロックチェーンの種類

ブロックチェーンは大きくわけて「パブリックチェーン」と「プライベートチェーン」の2種類に分類できる。この2つの違いは誰でも参加できるか否かにあるが、その差によってサービスへの向き不向きも異なってくる。ここでは2つの違いを、大まかに説明する。

パブリックチェーン

パブリックチェーンは、オープンで誰でも参加できるブロックチェーンを指す。パブリックチェーンは誰がいつ参加しても脱退しても良いため、サービスの提供者であっても、参加者の総数を把握することはできない。また、パブリックチェーンには不特定多数の参加者がネットワークに参加するため、不正を働く者や正常に動作しない者も含まれる前提でシステムを運用する必要がある。そのためには前章で説明したProof of Workのようなコンセンサスアルゴリズムを必要とするが、例えばビットコインのProof of Workの場合、1回の合意形成に約10分もの時間がかかってしまう。

プライベートチェーン

プライベートチェーンは、参加のために管理者の承認が必要となるような、参加者を限定するブロックチェーンを指す。プライベートチェーンは、参加者の数を常に把握でき、悪意を持つ参加者が含まれるリスクを抑えやすいことから、厳格なコンセンサスアルゴリズムがなくとも機能する。一般的には参加者の多数決による合意形成を採用しているため、Proof of Workのような経済的なインセンティブを与える必要もなく、スピーディな取引が実現できる。

6章 ブロックチェーンのメリット

ゼロダウンタイム、高い改ざん耐性

1章「ブロックチェーンとは」でも説明した通り、ブロックチェーンはシステムダウンせず、改ざんが非常に困難な仕組みを持つ。従来は、システムダウンや改ざんへの備えとして、中央となる管理者が高いコストをかけてサーバへの投資や管理・運用を行ってきた。しかし、こうした中央集権的な仕組みでは、万が一、管理者に問題が発生した場合、システム全体が影響を受けることになる。システムダウンや改ざんなどの問題を根本から解決できることは、ブロックチェーンの大きなメリットと言える。

公明な記録を残すことができる

サービス提供者でも取引記録の書き換えや消去ができないということは、公的な記録を残したい場合には最適な性質であると言える。例えば会社や不動産の登記や、納税、年金の支払いなどの記録にブロックチェーンを使えば、書き換えや紛失のリスクをなくすことができる。

クリーク・アンド・リバー社、アニメNFTプラットフォーム運営「ANIFTY」をグループ化・日本アニメやクリエイティブをNFT化、世界市場を照準

株式 12 時間前 (2022年06月01日 17:35)

クリーク・アンド・リバー社、アニメNFTプラットフォーム運営「ANIFTY」をグループ化・日本アニメやクリエイティブをNFT化、世界市場を照準

© Reuters. クリーク・アンド・リバー社、アニメNFTプラットフォーム運営「ANIFTY」をグループ化・日本アニメやクリエイティブをNFT化、世界市場を照準

C&R社は、ライツマネジメント(知的財産の収益化)事業として、海外版権エージェンシーや新人作家の発掘を行う「漫画LABO」の運営、『ブラックジャックによろしく』(著:佐藤秀峰)や『カイジ』(著:福本伸行)などの著名漫画のNFT化による新たな収益化を積極的に展開している。また、約850名が在籍する日本最大級の「C&R Creative Studios」を開設し、ゲームや映像などのコンテンツ開発を進めている。

1日のNY市場は下落

米国株式市場は続落、根強い景気後退懸念(1日)

「シカゴ日経平均先物(CME)」(1日)JUN22O 27190(ドル建て)H 27620L 27185C 27440 大証比-60(イブニング比-20)Vol 4406JUN22.

米メタのサンドバーグCOO、退任へ 株価4%安

[1日 ロイター] - 米メタ・プラットフォームズのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)は1日、自身のフェイスブックへの投稿で、退任する意向を明らかにした。 これを受.

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選
日経平均株価27,457.89+178.09+0.65%
日経225先物 (F)27,460.0+200.0+0.73%
韓国総合株価指数2,685.90+16.24+0.61%
NYダウ32,813.23-176.89-0.54%
独DAX14,340.47-47.88-0.33%
S&P/ASX 2007,234.00+22.80+0.32%
米ドル指数102.580+0.814+0.80%
取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選
1,849.50+1.10+0.06%
原油 WTI114.79+0.12+0.10%
21.865+0.177+0.82%
米国綿花2番136.16-2.82-2.03%
排出権86.42+2.40+2.86%
米国シカゴコーン729.60-23.40-3.11%
米国コーヒー239.65+8.40+3.63%
ドル/円130.15+0.04+0.03%
ドル/ウォン1,247.31+0.09+0.01%
ユーロ/ドル1.0654+0.0008+0.07%
ユーロ/円138.66+0.14+0.10%
トルコリラ/円7.9271-0.0014-0.02%
豪ドル/円93.40+0.07+0.08%
ポンド/円162.52+0.04+0.03%
大塚ホールディングス4,382.0+93.0+2.17%
ソフトバンクグループ5,300.0-79.0-1.47%
トヨタ自動車2,197.5+75.0+3.53%
三菱UFJフィナンシャル・グループ745.6+15.9+2.18%
ブイ・テクノロジー2,986.0+73.0+2.51%
東芝5,816.0+46.0+0.80%
みずほフィナンシャルグループ1,546.0+27.0+1.78%

米国株式市場=下落、利上げへの懸念払拭されず

本日の株式市場:ダウ工業株30種平均は下落、しかし5月通月では乱高下する展開が続いたが上昇

米大統領、カリフォルニアの港湾状況を注視=財務長官

米求人件数、4月は1140万件に減少もなお高水準 解雇は過去最低

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる